ストレスに上手く対処する方法

◇ストレスに上手に対処する効果的な方法

ストレスを抱えた状態が長引いたり、その強度が大きくなってくると、血圧や心拍数の異常、また睡眠不足や不眠症など体にも有害な影響が及ぶことがあります。

そのため、上手に対処する方法を心得ておくのは大切なことです。

もちろん、人によって効果的な対処方法には違いがありますから、自分に合った方法で対処することができるでしょう。

ストレスに対処するのに効果的な一つの方法は、自分一人で抱え込まないということです。

身近にいる信頼できる人や専門家に相談することは助けになります。

ストレスの原因となっている原因が何かに応じて、誰に相談したらよいかを見極めるようにします。

例えば、仕事上の問題であれば信頼できる上司や同僚に相談することができますし、心身の異常を感じるような場合であれば医療の専門家に相談できます。

場合によっては、極度の不安や心配を抱えたままの状態が続いているという状況が見られるかもしれません。

そのような場合は、カウンセラーに相談するのもよいでしょう。

いずれにしても自分一人で何とかしようとするのではなく、専門家の助けを得て上手に対処していくようにしたいものです。

職場の環境によって日々強いストレスを感じているような場合であれば、どのような具体的な処置を講じることができるのでしょうか。

仮に、受動喫煙といった問題にさらされているのであれば、上司や衛生管理者といった方々に現状を話し、職場環境の改善に取り組んでもらうことができるかもしれません。

不快な環境をじっと我慢しているだけでは、恐らく改善は見込めないでしょう。具体的な行動を取ることによって、対処するよう心がけたいものです。

◇上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力

上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力です。

自分の現在の状態を正しく理解してもらうために、通院先のクリニックや病院に家族の同行を求めることができます。

そうするなら、主治医やカウンセラーが家族に正しく説明して呉れることでしょう。

さらに、多くの病院や保健所では家族会などを開催して、同じような悩みを持つ方同士が集い合う場を設けていることがあります。

そのような場に、家族の人にも同行してもらうようにするなら、家族としての接し方が分かり、家族の負担を軽減できるかもしれません。

家族と接する際に大切なのは、自分が思っていることや感じていることを話すと同時に、家族への道理にかなった要望もはっきりと話しておくということです。

例えば、今は治療に専念したいので温かく見守っていて欲しい、辛くなるだけなので仕事の話はしないで欲しいといった事柄です。

一緒に暮らす家族と言えども、心の中まで本当に理解できるわけではありません。

それで、要望があればはっきりと伝えておくなら、余計な不安や心配を抱えなくて済むでしょう。

◇ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがある

これらに加えて、ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがあります。

実際、有酸素運動をするなら脳波適度な刺激を受けることになり、気持ちも和らぎます。

一人で行なえる水泳やランニング、または数人で一生に楽しむテニスやサッカーといったスポーツ、さらにはダンスなどをするのもよいかもしれません。

いずれにしても自分に合った方法で体を動かすよう心がけることができます。

あと、カルナーキュアなどのアロママッサージなども“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ぱれる
オキシトシンおよびセロトニンの分泌を促すことによってストレスや痛みを和らげてくれます。

別の効果的な対処方法は、感動して泣けるドラマや映画を見ることです。

泣くのを我慢してはいけないと言われるように、実際涙を流すことには良い効果があるものです。

ドラマや映画などを見て涙を流すなら、副交感神経が優位になるため気持ちをリラックスさせることができます。

もちろん、問題にぶつかって辛くて泣きたい時に思い切り泣くようにすることも大切です。

◇自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイント

自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイントです。

さらに、何かもやもやしたものが心の中に湧き上がってきたなら、ノートに書き出してみることも良い解消法になります。

上手く言葉にできないとしても、とにかく感じていることを書き出すことは、言わば愚痴を誰かに聞いてもらっているようなものです。

心に引っかかっている事柄を全部書き出して吐き出せたなら、気持ちはすっきりするものです。

ストレスを解消したいと思うなら、気の置けない友人と過ごすというのも良い方法です。

そのような場合、何か特別なことをしなくても、一緒にいるだけで大きな効果に繋がることがあります。

気分が乗っている時であれば、一緒にショッピングに行ったり、美味しい物を食べに行ったりするのもよいでしょう。

気の置けない大好きな友人と一緒にいることによって、自分は決して独りではないという安心感が生まれ、気持ちをリラックスさせることができるのです。

他にも適温の湯船に浸かるのもリラックスできる良い方法です。

湯船に浸かるなら、体の血行は良くなり、体の緊張はほぐれ、心の緊張も同時にほぐれるでしょう。

実際、リラックスできるお湯の温度は39度前後であると言われているため、適温のお湯に浸かるようにしたいものです。