生活の不安を取り除く資産運用で収入をプラス

■現在の日本における経済と生活への不安

戦後の日本では、定年退職した後の生活について金銭的な負担は少ない状況が続いていました。

しかし現在の日本社会は、社会構造の変化により誰もが金銭的に安心できる老後を過ごせるとは限りません。

老後に金銭的な不安を感じるのは、退職金と年金が理由です。

昭和の時代は就職し定年まで勤め上げたら、十分な退職金が受け取れ貯蓄と合わせて老後の不安はありませんでした。

また十分な金額の年金も国から受け取れるので、悠々自適な生活を過ごせるとされていたのです。

ですが現在の日本社会は、超高齢化社会が進み医療費も圧迫しています。

そのため現役世代は社会保障費の負担が増えるばかりで、国の説明通りの金額を年金として受け取れるか不明です。

退職金も勤め先が倒産して受け取れない、もしくは大幅に減額されるなどの恐れを否定できなくなっています。

さらに現在の日本人は、平均寿命が延び昔に比べたら老後の期間が長くなりました。

定年後の生活も長くなっていますから、それだけ必要なお金も増えています。

収入となるお金は減る可能性があるのに支出が増えれば、老後に対して安心できないのも当然です。

また老後だけではなく、現在の生活に対しても金銭的な不安を感じる人は多くいます。

世間は好景気と言われていますが、収入が増えるなど目に見える実感ができていない人は多数いるとされています。

■ローリスクローリターンの投資手段もあり

経済格差も広がり続けていますから、全ての国民が好景気の恩恵を受けているわけではありません。

収入は一向に増えないのに、食品や衣料品など生活に必要な品物は次々と値上げされています。

さらに2019年の秋には消費税も増税される予定なので、現在の生活でも余裕がない人は多いでしょう。

現在の生活や老後の金銭的な不安を多くの人が感じているために、資産運用を始める人は増加しています。

元々日本人は、リスクがある株式投資などには積極的ではないとされていました。

そのため安全な定期預金が多いとされ、諸外国に比べると少ないとされていたのです。

しかし現在の金利は、ほぼゼロで銀行に預けたら逆にお金を取られるのではと噂されるほど低金利の時代です。

昔のように銀行に預けていたら利息でお金が増える時代ではなくなったので、株式やFXなど様々な手段を使い増やそうとしています。

しかし資産運用を始めるときに、気になってしまうのがリスクです。

現在の生活や将来の金銭的な不安を解消するため始めたのに、投資したお金を失えば却って不安が増大します。

一気に稼ぐのも良いですが、リスクを減らして少しずつでも確実に増やしたいと考える人が多いでしょう。

現在では様々な金融商品が販売されているために、ローリスクな投資法はいくつも用意されています。

ローリスクな投資法はリターンも低くなってしまいますが、確実性が高いので安心感はあります。

絶対に資産が増えるわけではありませんが、リスクを極力減らして増やしたいなら一つの選択肢です。

■コツコツと資産を形成できる投資手段

またリスクを軽減できる資産運用の方法として、近年注目されているのは金やプラチナです。

現物資産である金やプラチナは景気の影響を受けにくいとされ、逆に不景気になると安全性が高い現物資産の金やプラチナ市場の人気が高まるため、却って価値が上昇するケースもあります。

金やプラチナは今後も需要は伸び続けるとされていますから、景気が悪化したときだけでなく普段から強いのも特徴です。

基本的に市場の価格は右肩上がりで上昇しているので、今後も大きく下がるとは考えられていません。

金やプラチナ投資は初期費用が膨大などの問題もありましたが、最近はゴールドリンクなどの積立型の商品も販売されていて始めやすくなりました。

リスクを抑えつつ資産運用を始めたい人には、最適な投資法と言えるかもしれません。

日本で一般的な株式投資についても、近年はローリスクな手法が注目されています。

一気に大きく稼ぐのではなく、コツコツと少額投資で利益を積み上げるスタイルが一般庶民の間でも注目されており、アドバイスをするスクールには多くの人々が通っています。

他にも投資用マンションを購入して賃貸経営を始めたりなどなど、ビジネスパーソンとして働く一方資産運用をして、現在の収入にプラスしたり老後のために備えるのが一般的です。

これまで一切資産運用をしていないと、知識がないと難しいやリスクが高く失敗したら借金を抱えるなど、難しいイメージを持っているかもしれません。

確かに全くの知識がない初心者が挑戦するには、ハードルが高く気軽に始められるものではありません。

リスクがゼロの絶対に儲かる投資法もないので、失敗する可能性はあります。

しかし初心者にも始めやすい方法をいくつもありますし、書籍を読んだり信頼できるアドバイザーのサポートを受けたり、リスクが少ない方法を選んだら安全性を高めることは可能です。

炉現在の生活や老後に対して金銭的な不安があるなら、自分に適した方法で始めてみるのが良いでしょう。