料金別に適切なゴールド積立を探る

予算や目標に合わせたプランを選ぼう

株式やFXなどと違い比較的値動きが安定している投機先を求めたり、多様な投資を行うことでリスク分散をする目的などから金への投資をする方が増えています。

一般的な金への投資は金地金のインゴットを購入し、投資の基本である相場が安い時に購入して高い時に売ると言うのはもちろんのこと、長期にわたって保有する目的で購入するケースもあります。

しかし、インゴットは500gまたは1kgの単位での購入となり、1kgの場合は相場にもよりますが概ね400万円から500万円台に達するケースもありお手軽に始めるには少々ハードルが高いものとなっています。

そんな中で登場したのがゴールド積立で、月々少額を支払うことで積立を行いやがて一定額が貯まれば金地金を手にすることができる嬉しいサービスです。

目標金額を達成することができれば金地金と交換したり、金貨や宝石などの宝飾品と交換できる場合もあります。

毎月概ね1000円から数万円程度の決められた金額が証券会社などに自動的に振り込まれることで積立が実施されるので、相場に一喜一憂して振り回されたり払い忘れの心配も無く、これが実現できるのも相場が安定している金ならではです。

これまでのゴールド積立は証券会社や株式会社ゴールドリンクやその他、一部の貴金属店で受け付けていましたが、ここ数年でインターネットへの対応が進んだほかネット専業銀行でも取り扱いが始まり選択肢が広がっています。

それだけに多岐にわたるプランが存在していることから、予算や最終目標に合わせて最適なプランを選択したいところです。

投資の仕方によってはコストが必要になっている

まずは年会費の有無と購入手数料との相関関係があり、年会費無料の場合は比較的購入手数料がやや高額となり、年会費が有料の場合は購入手数料が無料または低額である傾向があります。

購入手数料は1回の取引が1000円につき25円程度であるサービスや、購入金額に応じて1.5%から5%程度の代金が設定されています。

ここがポイント
どちらがお得なのかは年間でどれだけの回数の取引を行うかにかかっており、投資のスタイルによって変わってきます。

月に数千円程度の少額で行うのであれば1回あたりの手数料が多少高額でも年会費無料の方が圧倒的にお得で、月に数万円規模、あるいは相場を見定めて何度も取引を行う場合には年会費がかかっても1回あたりの手数料が安いほうがお得になります。

投資を積み重ねて金地金のインゴットを手にするまでに至った場合は、保管方法によって費用も異なります。

特定保管は証券会社の資産と利用者の預けた金を分けて保管する方法で、万が一破綻するようなことがあっても利用者の資産は守られますが、その代わり保管手数料は高額になります。

一方の消費寄託の場合は証券会社の資産と利用者の預けた金が同一に管理されるため保管手数料は低額となりますが、万が一破綻した場合は金が返還されないリスクもあります。

また、インゴットに交換して引き出せる場合には自宅に保管する方法もありますが、別途しっかりとした金庫を用意するのも大きな費用負担となるほか盗難を防止するための備えも自身で用意しなければなりません。

現時点で金を取り扱っている証券会社が破綻するような現象は考えられませんが、ルール上は上記のようになっていることは考慮しておきたいところです。

取引のスピード感と利便性を求めるならITを利用しよう

かつては手続きや問い合わせを行うには証券会社の窓口や貴金属店の店舗に足を運ぶ必要があり、プランの変更などがある場合には紙の書類に署名捺印をして提出するなど煩雑な手間がかかりましたが、現在では特にネット専業の証券会社でなくてもオンラインに対応し申し込みからさまざまな変更手続き、問い合わせに至るまで自宅に居ながらにしてインターネットから行うことができます。

また、一部の証券会社ではスマートフォン用アプリも提供されており、お出かけ先でも手元の端末で気になる相場を眺めたり取引のタイミングと見ればその場で手続きが行えるなどスピード感と利便性が大幅に高まっています。

したがって、アプリの利用も視野に入れるならば前述の年会費や手数料と併せて検討する要素となります。

購入価格と売却価格の差を表すスプレッドの設定も重要で、この数値は証券会社やプランによって大きく異なります。

スプレッドの幅が大きいほど損失が出た場合のリスクもおのずと高くなるため、年会費や手数料と併せて検討したいところです。

以前は証券会社と貴金属店の一部でしか行っていなかったゴールドの積立ですが、ここ数年でインターネット対応やネット専業銀行の参入により一気にサービスの幅が広がりました。

初心者の方にとってはどれにしようか迷ってしまうほど多岐にわたりますが、逆に言えばその中から自身に合った最適なサービスを見つけられる環境が整ったことも見逃せません。

他の方法で投資を行ってきた方でも、中長期的な視野に立って比較的安定した金地金に投資できるゴールド積立を利用して堅実に利益を得る方が増えています。