ゼネコン業界がオリンピック特需で活気づくと前田氏はいう

オリンピック

前田裕幸氏によるゼネコン業界まとめ

今はゼネコン業界がオリンピック特需によって活気づいていると言っていいかもしれません。
特にオリンピック特需は政府からの受注という事が大きいといえます。

国の発注ですから、これは規模が大きいという事もさることながら予算が大きいという事も大きな魅力という事になっています。

しかも、予算はいくらでもオーバーさせることが出来るという事にもなっているので、ゼネコンの業界としてはこれ以上ない受注を摂る事が出来たという事になるでしょう。

※詳しくは「前田裕幸」も参考

今回のオリンピックはスモールオリンピックとも言われていて、出来るだけコストを削減して開催するという事が目標であるにも関わらずに、何故このような事になるのかというと、あくまでコストを削減するというのは努力目標に過ぎないという事があるからです。

オリンピックにおいて優先されるのは何よりも期日に間に合わすという納期優先がまず考えとしてあります。
何しろ開催日は決まっているわけですから、それに合わせることが最優先という事になります。

つまり、コストを度外視してでも納期は絶対という事が条件としてあるという事が誰にもわかっている状態なのです。

政府は納期最優先でコストなど気にもかけない

業者としてはどれだけのコストアップでも政府に言えば納期最優先の考え方のもとに言う事を聞かすことが出来る最高の受注を取る事が出来たという事になるわけです。

これには大きな意味があって業者としてはこの機会に出来るだけお金をかけさせたいという事もあります。
というのは費用が大きくなればなるほど自分たちの実績として大きく後にアピールをする事も出来るようになります。

一億の施設を建築したというのと二億の施設を建築したというのでは、後のアピールが大きく変わるという事も想像できるでしょう。
業者は当然出来るだけ多くのコストを政府に対して要求することが肝要になるというわけです。

これは政府にとっては別にたいした問題にはなりません。

最初の見積もりが甘かったという非難を受けることはありますが、別にその非難は最初の見積もりの人が受けるべき非難であって、実際に工事を指揮監督している部署がこの非難を受けるわけでは無いので、何も問題はないという事になるわけです。

基本的に政府はお金を所持しているわけではなく、税金から払うという事をするだけの事ですから、別に政府にとってお金が見積もりよりも高くなるという事については特に大きな問題にはならないという不思議な事が起きるのです。

オリンピックを無事に開催することが最大限の目的

政府としてはオリンピックを無事に開催することが出来る事が最大限の目的となり、それがより質の高いものであればさらに良いという事になるだけの事で、コストパフォーマンスを気にしないという不思議な事が起きるのがこうしたビッグイベントでは起きてしまうのです。

理由は簡単でコストパフォーマンスをいくら良くしても人気獲得にはつながらないという事があるからです。

本当はコストパフォーマンスを最大限にする事が最も政治家が人気を獲得することになるのですが、これはアピールの仕方次第で何とでもなるので、別に問題にはならなくなります。

一億の施設で二億の経済効果を出したという事でアピールすることも出来るのですが、二億の施設で一億の経済効果であったとしても、別にこの一億の経済効果しかなかったという事実を報道しなければ、何の問題もないという事になります。

後に様々な検証によってこうした経済効果の実態が明らかになる事がありますが、そのような事は自分の政治家活動が終わっていることであったり、数年前の事ということで、時効のような扱いにして責任をうやむやにするという事も出来てしまいます。

政治家の懐から出るお金ではなく税金から出るお金

政治家にとって必要なのは実績ではなく、その場での人気ということになるわけですから、別にコストがいくらかかろうとも特に問題ではないという事で、業者のいうがままにお金を出させるという事になります。

政治家の懐から出るお金ではなく、税金から出るお金なので、別にいくらかかろうが知ったことでは無いというのが政治家の考え方という事になり、業者と政治家とがwinwinの関係で結ばれることになるので、コストパフォーマンスは絶対的に無視されるという事になるのが、こうした特需というモノの特徴という事になるでしょう。

これがいかにゼネコン業界を活気づかせるのかという事は歴史が証明しています。
ビッグイベントがある旅にゼネコン関係の業者は大きく成長して経済界を牛耳るような存在になってきました。

これは、それだけ大きなお金を動かすことになるので、それだけの力を持つ事になるわけです。
ただ、あまりにも政府が無秩序に受注をしてしまうという事が問題になる事はあるので、これには注意をする事も必要になっています。

特に今はネットという全てを監視するようなシステムが出来上がっていますから、不正な受注などはかなり厳しく監視される事にもなって来ているという傾向はあるといえるのかもしれません。

建物の安全性を高める株式会社キーマン

調査から設計・工事までトータル対応

日本は地震や台風などの災害が多く発生する国ですから、建物の安全性・強度についてはしっかりと確保しておきたいものです。
建ててしまった後の建造物の耐震性を確認したい場合には、株式会社キーマンが要望に応えてくれます。

同社では現場での調査から設計・工事までトータルで引き受けてくれるのが特徴です。
橋梁など複雑で巨大な建造物で実績を上げてきた経験を活かし、地震対策のプロフェッショナルとして支持を集めてきました。
建物の劣化状況から設計応力計算、地盤の強度調査まで行えて、そのまま工事まで請け負ってくれるので、既存建築物の耐震化を考えている方にとっては大きな味方と言えます。


http://www.keyman.co.jp/より引用

まずは耐震性の診断ですが、同社では経験豊かなスタッフとしっかりとした機材を揃えており、目視での確認と機器での測定によって状態を分析するのが手法です。
隅々までチェックしてコンディションを調べて、見えない部分も機器で探っていきます。

目視調査では外装のひび割れや劣化を調査していくのですが、単にひびが入っている場合でも、実は原因は様々です。
水分の過剰蒸発や温暖の差による場合などもあるものの、中には施工不良で耐力が不足している場合や、鉄筋が錆びたせいで強度が落ちている可能性もあります。
ひびの入り方に特徴があるので、プロはそのような部分を観察しながら調査していくわけです。

ひび割れは放置すると致命傷に・・・

建物のひび割れは放置すると致命傷になりかねません。
例えば鉄筋コンクリート造の建物ならば、外装のコンクリートが鉄筋を錆びさせないように保護しているのですが、これにひびが入ってしまってしまうと、空気や水が鉄筋を腐食させる原因になりえます。
株式会社キーマンはそのようなリスクをしっかりと確かめてくれますし、そのまま修復や補強を考えられるので安心です。

劣化や強度を調べるための機器は、同社では複数を組み合わせて調査を行っています。
これによって確実性の高い診断ができるようになってくるので、複雑な建物でも強度計算を任せることが可能です。

コンクリートはアルカリ性を帯びているために、内部の鉄筋をサビから防ぐようにはなっているのですが、年月が経つと中性化してきます。
中性化したコンクリートでは内部の鉄筋を保護しきれませんから、その分は危険性が増してくるのです。
同社ではこの中性化がどの程度まで進んでいるかを専門的な機器を使って測定して、現状のコンディションを確認します。

コア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック

外部から見るだけでは判らないこともありますが、同社ではコア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック可能です。
コア採取はコンクリートの見えない部分を確かめるのに役立つ方法で、一部をくりぬいてしまって状態を調べる方法となります。
普通なら隠れている部分を可視化してしまいますから、その分は確実性の高い検査が可能になるでしょう。

このような多彩な方法を駆使するので、正確に建物の状況を把握しやすくなっており、好結果を出し続けて実績に繋げてきました。
確かな診断力に加えて計算や設計も高品質なレベルを保持しているので、色々な建物を調査・工事することができます。
旧耐震基準の古い建物でも任せられますし、相当に難易度の高い建築物でも引き受けてくれる対応力の高さは魅力です。
一次診断から三次診断まで行えますから、幅広いケースで相談できます。

診断を終えたらどのような補強工事を行うのがベストかを、柔軟にプランニングできるのも特徴です。
高精度の設計はもちろんですが、使用収益をしながら施工を進めていったり、工期を短縮する方法などでも提案できるので、工事を考えやすくなります。
どうしても工事期間中に使用を中止できない場合でも、上手く切り抜ける方法を見つけてくれるでしょう。

耐震工事の実績も豊富なキーマン

工事については大規模建築物や特殊な建造物も任せられると言う、幅広く確かな施工力が長所です。
施工実績をあげると大型ショッピングセンターホテルのような高度な技術が必要な建物をはじめ、学校や庁舎のような公共建築物、集合住宅やテナントビルなどで成果を上げてきました。
土木分野では道路や橋脚、水道管での工事も行っており、土木・建築分野で高いスキルを誇っています。

また、工事に関して心配なのは施行中の騒音や粉塵などですが、株式会社キーマンはこのような部分に配慮しながら作業をすすめるので、依頼主から喜びの声が多数届いています。
工事ですから音やホコリはどうしても出てしまうのですが、それがトラブルに繋がるかつながらないかは、施行者の心配りの影響が小さくはありません。
騒音レベルを気にしながら作業したり、現場で出会った人にきちんと挨拶をする点などで、高評価を得ています。

株式会社キーマンの本社は大阪で東京に支店を展開しており、近畿地方や首都圏での依頼が行いやすいです。
関連する法律にも詳しいので補助金の適用などもサポートしてくれるので、耐震化工事を考えている場合には、確かめてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

株式会社キーマンの企業情報