電気料金上昇の理由と節約の知恵

日本の電気料金の特徴

日本の電気料金は外からの影響を受けて、右肩上がりに徐々に上昇しているのが特徴です。

上昇の理由はいくつかありますが、一番影響力の強いものには発電に必要な燃料費の高騰が挙げられます。

燃料費が発生するのは石炭や石油など、化石燃料を燃やす火力発電に分類される発電方法が該当します。

また天然ガス発電の割合も決して小さくありませんから、これらの燃料費が上がれば当然ながら電気代の単価に反映されます。

日本では原子力や太陽光に風力といった、比較的クリーンな発電方法も採り入れられています。

原子力は安全面の確保などにコストは掛かりますが、燃料費自体は殆ど掛からないので電気料金の安定化に役立ちます。

勿論使用済み燃料の処理や老朽化した発電施設の解体など、別の部分でコストが発生するのは当然です。

継続的に発生する燃料費という点においては、他の発電方法と比べて遜色がないか、それ以上のコストパフォーマンスが実現します。

クリーンエネルギーについて

太陽光や風力発電は燃料を必要とせず、燃焼ガスが発生しないことからクリーンエネルギーと呼ばれています。

発電をする為に燃やす物自体が不要ですから、燃料費が掛からずランニングコストが低いのは当たり前です。

ただ発電方法の割合的には少数派なので、電気料金を維持したり押し下げる効果は限定的だといえます。

日本は化石燃料で発電する発電所の割合が多めということもあって、燃料費の高騰がもろに直撃します。

逆に燃料費が下がる場合は負担が減りますが、燃料費に影響を与える世界情勢に振り回されやすいのは難点です。

電力会社も防衛策は考えていて、燃料費の変動によって損益が悪化しないように備えています。

所が一企業が行える防衛にも限界はあり、高騰した燃料費の上昇分が企業内で吸収できなければ、いよいよ消費者が負担する電気代に影響し始めます。

日本において電気はほぼ全ての人が使っているので、仮に電気代が上がるとしても一人あたりの負担増は僅かです。

ただしこれが頻繁に起これば話は別で、少しずつ侵食するように家計に影響を与えるものと思われます。

クリーンエネルギーは環境負荷が小さく、燃料を消費しないので経済面でも期待されています。

反対に発電設備一基あたりの発電量が限られますから、発電効率が高まらない限り、既存の発電施設の代替にはならないでしょう。

原子力発電は最も発電効率が優れている上に、燃料を継続的に買う必要がないので理想的な発電方法です。

しかし安全上のリスクが潜んでいるので、原子力だけに頼り切ったり全てをこの方式に置き換えるのは困難です。

少しずつ増やすにしても、将来的な安全の保証や地元住民の理解など、複数の超えなければいけないハードルがあります。

電力会社の努力には引き続き期待したい所ですが、一方的な相手任せで電気料金の据え置きを期待するのは無理筋です。

例えば引き上げの予定がニュースで報じられた場合は、家計の防衛策として節約を心掛けることをおすすめします。

電気は使った分だけ費用が発生しますから、使用量を減らして電気代を抑えるのが現実的です。

冷暖房の性質を理解して省エネへ

冷暖房は消費電力が大きいだけでなく、設定温度で使用量が上下する性質があります。

つまり温度設定を緩めに設定することで、冷暖房器具の負担が減って消費電力が減少します。

照明は一つあたりの消費電力こそ小さいですが、家中の照明ともなれば馬鹿にできません。

蛍光灯や電球の色温度を下げると暖色系になるものの、目に優しく消費電力も下がるのでおすすめです。

白熱灯をLEDに変更するのも効果的ですが、時間帯に応じて明るさを一段下げるのもありです。

案外冷蔵庫の開け閉めも電力消費量を増やすので、長時間開けっ放しにしない、あるいは開ける頻度を減らすといった工夫が大切です。

庫内の温度設定を見直すのも、電気料金の節約を実現する為には必要となります。

テレビは年齢を問わずに使える情報源で、家庭の娯楽の中心ともいえる家電です。

液晶の普及と技術の進歩で消費電力は抑えられていますが、それでも大画面化によって削減分が相殺されています。

一度見始めると長時間連続して見てしまうのがテレビの特徴ですから、ダラダラと見続けないように気を付けるのが節約のコツです。

具体的には時間を決めて視聴を始めたり、休憩を挟んでメリハリを付けるのも効果的です。

テレビの電源はオン状態の時間が電気代に響くので、そう考えると節約しようというモチベーションが高まるはずです。

見る番組は録画したものだけと決めておいて、視聴時間を管理するのも一つのアイディアです。

未使用時にコンセントを抜いたり、スイッチ付きのタップをオフにして待機電力を減らす方法もありますが、これは効果が限定的なので優先順位は低めです。

それでも節約の後押しとなってくれるので、家電の使い方を見直してから採り入れる方法としてはありでしょう。

また、ネオコーポレーションでおなじみの電子ブレーカーを導入するという選択肢もあります。

電気料金の上昇は避けるのが難しく、一つの工夫で解決できるほど簡単ではありません。

電力会社の企業努力にも限界がありますから、家庭の側と家族の一人一人が努力して節約することが求められます。

 

ネオコーポレーション電子ブレーカー

高い保障内容が魅力の住まいる共済

住まいる共済の概要

住まいる共済は全労済が提供している共済商品の一つであり、住まいの保障を行うためのものとして位置付けられています。

通常の保険会社が提供している火災保険に相当するものとして広く利用できるのが特徴です。

基本的な仕組みとして充実させているのが自然災害への保障であり、台風や大雪などの様々な災害リスクに対応できるようになっています。

対象としているのが放火や落雷、ガス爆発や破裂などによる火災と風水害に対する少しの保障なのが新火災共済です。

新自然災害共済を選ぶと暴風や突風、高波や洪水などの風水害、豪雪や雪崩による雪害に対する保障が手厚くなります。

それに加えて通常は地震保険や火災保険の付帯オプションとして選択することになる地震に対する保障も標準になっているのが特徴であり、地震国とも呼ばれる日本の事情に合ったプランになっています。

地震だけでなく噴火や津波による建物や家財の損壊や、それに伴って生じた火災などによる影響についてもカバーするのが基本です。

ここまでが標準的になっていますが、これに加えて追加の掛け金を支払うと特約を追加できるようになっています。

火災が発生したときに近隣の家にも火が移ってしまうということはよくありますが、そのときに類縁損害保障特約を利用することが可能です。

 

盗難保障特約も選べる

一方、家財が盗まれてしまったときに保証を受けられる盗難補償特約も選ぶことができます。

個人賠償責任共済への加入もでき、借家人賠償責任特約もプラスすることができます。

これらを全て合わせれば充実した火災保険と同等のカバー内容にすることが可能です。

火災保険の見直しが唱えられているのはこのような内容が必ずしも必要のないケースも多いからであり、自分の家庭にとって必要なものだけを選んで加入できるのは住まいる共済のメリットでしょう。

また、保障の対象についても自分で選ぶことができ、賃貸住宅のように家財のみの保障で良いときにはそれを選択可能です。

また、住宅と家財を対象にする基本的な契約だけでなく、住宅のみというオプションもあるので家財保険に別に加入しているときにも利用できるでしょう。

貸家を持っているときにも役立つプランと言えます。

このようなカバー範囲があることに加えて、保障の支払いが充実しているのが住まいる共済の優れている点です。

比較的掛け金が少ないにもかかわらず、保障内容が充実しているのは共済の理念にかなっているものと言えるでしょう。

全労済という協同組合が提供している商品だからこそのメリットと言えます。

また、個々のケースに応じて支払限度額がわかりやすく記載されているのも組合員の便宜を図っていると言える点です。

新火災共済では火災などのときに600口加入していると最高保障額が6000万円、風水害のときには300万円とされています。

 

自然災害共済について

どちらのケースであっても住宅や家財に支障が生じたことによって生活をするのが難しくなり、一時的に他に住まいを探したり、応急処置を行うために大きな出費が発生したりするでしょう。

このときに臨時費用共済金も手に入れられるのが新火災共済の優れているところであり、15%分の費用を別枠で拠出してもらうことができます。

自然災害共済のときには大型タイプと標準タイプの二種類から選ぶことができるようになっていて、風水害の際の保障も数千万円単位を最高保障額とすることができ、地震の際にも一千万円以上の保障を受けられるでしょう。

細かく見ていくとカバーしてくれる内容ははば広くなっているのがわかります。

家財保証を付けている場合には持ち出し剤共済金を受け取れることもあるでしょう。

家から持ち出した家財が別の建物の中で火災にあってしまったというときに100万円または家財の契約共済金額の20%を手に入れられます。

火災についてはバルコニーもカバーしてくれるようになっていて、条件を満たせば最大で30万円の保障があります。

近年よく見られるようになった水道管の凍結による損壊も10万円までカバーし、不注意で起こしてしまいがちな風呂の空焚きについても最大で5万円の保障が受けられるといった形で、様々なケースに対応してくれるのが住まいる共済の魅力です。

住生活をしている上でよくある想定可能な事故に対応してくれるのは優れている点でしょう。

全労済がバックグラウンドにあるので、共済の理念が保障内容によく組み込まれているのです。

ただし、一般的な火災保険と同様に細かな規定もあるので注意が必要です。

保障を受けられるかどうかはよく条件を見て判断しなければなりません。

カバー範囲が広い分、一つ一つの内容について細かく決まりがあるので、自分が想像するような事故のときに保障が得られるかどうかは予め確認した上で加入するのが賢明です。

意図的に起こした事故でない限りは保障される場合が多いので暮らしの安心を獲得するために住まいる共済を検討してみると良いでしょう。

参考:住まいる共済に関連するCMリスト