料金別に適切なゴールド積立を探る

予算や目標に合わせたプランを選ぼう

株式やFXなどと違い比較的値動きが安定している投機先を求めたり、多様な投資を行うことでリスク分散をする目的などから金への投資をする方が増えています。

一般的な金への投資は金地金のインゴットを購入し、投資の基本である相場が安い時に購入して高い時に売ると言うのはもちろんのこと、長期にわたって保有する目的で購入するケースもあります。

しかし、インゴットは500gまたは1kgの単位での購入となり、1kgの場合は相場にもよりますが概ね400万円から500万円台に達するケースもありお手軽に始めるには少々ハードルが高いものとなっています。

そんな中で登場したのがゴールド積立で、月々少額を支払うことで積立を行いやがて一定額が貯まれば金地金を手にすることができる嬉しいサービスです。

目標金額を達成することができれば金地金と交換したり、金貨や宝石などの宝飾品と交換できる場合もあります。

毎月概ね1000円から数万円程度の決められた金額が証券会社などに自動的に振り込まれることで積立が実施されるので、相場に一喜一憂して振り回されたり払い忘れの心配も無く、これが実現できるのも相場が安定している金ならではです。

これまでのゴールド積立は証券会社や株式会社ゴールドリンクやその他、一部の貴金属店で受け付けていましたが、ここ数年でインターネットへの対応が進んだほかネット専業銀行でも取り扱いが始まり選択肢が広がっています。

それだけに多岐にわたるプランが存在していることから、予算や最終目標に合わせて最適なプランを選択したいところです。

投資の仕方によってはコストが必要になっている

まずは年会費の有無と購入手数料との相関関係があり、年会費無料の場合は比較的購入手数料がやや高額となり、年会費が有料の場合は購入手数料が無料または低額である傾向があります。

購入手数料は1回の取引が1000円につき25円程度であるサービスや、購入金額に応じて1.5%から5%程度の代金が設定されています。

ここがポイント
どちらがお得なのかは年間でどれだけの回数の取引を行うかにかかっており、投資のスタイルによって変わってきます。

月に数千円程度の少額で行うのであれば1回あたりの手数料が多少高額でも年会費無料の方が圧倒的にお得で、月に数万円規模、あるいは相場を見定めて何度も取引を行う場合には年会費がかかっても1回あたりの手数料が安いほうがお得になります。

投資を積み重ねて金地金のインゴットを手にするまでに至った場合は、保管方法によって費用も異なります。

特定保管は証券会社の資産と利用者の預けた金を分けて保管する方法で、万が一破綻するようなことがあっても利用者の資産は守られますが、その代わり保管手数料は高額になります。

一方の消費寄託の場合は証券会社の資産と利用者の預けた金が同一に管理されるため保管手数料は低額となりますが、万が一破綻した場合は金が返還されないリスクもあります。

また、インゴットに交換して引き出せる場合には自宅に保管する方法もありますが、別途しっかりとした金庫を用意するのも大きな費用負担となるほか盗難を防止するための備えも自身で用意しなければなりません。

現時点で金を取り扱っている証券会社が破綻するような現象は考えられませんが、ルール上は上記のようになっていることは考慮しておきたいところです。

取引のスピード感と利便性を求めるならITを利用しよう

かつては手続きや問い合わせを行うには証券会社の窓口や貴金属店の店舗に足を運ぶ必要があり、プランの変更などがある場合には紙の書類に署名捺印をして提出するなど煩雑な手間がかかりましたが、現在では特にネット専業の証券会社でなくてもオンラインに対応し申し込みからさまざまな変更手続き、問い合わせに至るまで自宅に居ながらにしてインターネットから行うことができます。

また、一部の証券会社ではスマートフォン用アプリも提供されており、お出かけ先でも手元の端末で気になる相場を眺めたり取引のタイミングと見ればその場で手続きが行えるなどスピード感と利便性が大幅に高まっています。

したがって、アプリの利用も視野に入れるならば前述の年会費や手数料と併せて検討する要素となります。

購入価格と売却価格の差を表すスプレッドの設定も重要で、この数値は証券会社やプランによって大きく異なります。

スプレッドの幅が大きいほど損失が出た場合のリスクもおのずと高くなるため、年会費や手数料と併せて検討したいところです。

以前は証券会社と貴金属店の一部でしか行っていなかったゴールドの積立ですが、ここ数年でインターネット対応やネット専業銀行の参入により一気にサービスの幅が広がりました。

初心者の方にとってはどれにしようか迷ってしまうほど多岐にわたりますが、逆に言えばその中から自身に合った最適なサービスを見つけられる環境が整ったことも見逃せません。

他の方法で投資を行ってきた方でも、中長期的な視野に立って比較的安定した金地金に投資できるゴールド積立を利用して堅実に利益を得る方が増えています。

スポーツ選手の講演会が楽しいのは実はファンのおかげ

●スポーツ選手はそれほど話が上手というわけではない?

スポーツ選手の講演会が楽しいと感じた人も少なくはないと考えられますが、そうなるのは実はファンのおかげというか、ファンの心理の方が大きな意味を持っていると考えられます。

というのは当たり前の事ですが、スポーツ選手は話のプロではありませんから、それほど話が上手という事ではありません。
むしろ、戸惑いながら講演講師をするような事も少なくは無いでしょう。

ですが、既にファンの心中でそのような事は理解されているのでハードルが下がった状態で話を聞くことが出来る用になっているわけです。

簡単な例をあげると人気者の動物園のパンダを見ているとしましょう。
この時にパンダが寝返りをうつようなことがあれば、それで聴衆は大騒ぎで大満足ということになります。

普段は寝ていてほとんど動かないパンダという事が頭の中にありますから、それが動いただけで大満足して帰る事が出来るという心理になっているわけです。
これは既にファンになっている事で、何をしても楽しむことが出来る心理が働いていると考えて良いでしょう。

●テレビの中で見ていた憧れが近くに来る

同様にスポーツ選手も既にファンの状態で極めて低いハードルの状態で講演を聴くことになりますから、何を喋られても受け入れる準備が出来ているという事になります。
ですから、このような講演会というのは殆どの場合で盛り上がる事が出来るというわけです。

最近はこうした講演会というのが全国の各地で開かれるようになっていて、これが大きなビジネスになっているという事も起きています。
地方の人からすると、スポーツ選手のような有名人が来るというような事はそうあることではありませんから、まず見てみたいという心理が働くと考えられます。

テレビの中で見ていた憧れが近くに来るというわけですから、これは一見の価値があると考えるのも当然でしょう。
人によって価値観は様々なのですが、有名というだけで価値を見出す人が多いというのは人の考え方の根本的なところにあるモノです。

そして、講演に行くと楽しいという経験をするようになりますから、こうした機会はいいなという様に感じて次もあればまた行くという事をするようになるわけです。

基本的に最近のスポーツ選手はこうした事になれていて、話もうまくなっていますから、講演そのものもレベルが上がっていて、予想以上に楽しいという事を感じる事もあるかもしれません。
そうなると、ますます多くの人が講演に行くようになるというわけで、最近はこうしたビジネスが活況になっているという事も考えられます。

OGIさんに聞く!リゾート事業を展開するメリットは?

1.リゾート事業の展開は収益を上げる以外にも観光客からの満足も得られる

リゾート事業を展開することで、観光客が訪れそれなりの収益をあげることができることがメリットの一つです。

観光客は、いつもの日常から離れ、非日常的な空間、リラックスできる場所や風景などによりストレスの緩和、解消をすることやさまざまな思い出を作ることにもなるでしょう。

一人で訪れるケースもありますが、家族や恋人、親しい友人達などさまざまなグループがリゾート地を訪れることになります。

このように収益をあげることのメリットだけでなく、観光客からの満足を得ることもでき人々の楽しいひとときなどを提供する事業としてもリゾート事業は大きなメリットがあるといえるでしょう。

また、リゾート事業を展開する場合には、そこで働く人々が必要になります。

そのため、OGIホールディングスも解説してますが、雇用をうみだすことにも貢献することになるでしょう。

働きたいという方にとっては、リゾート地で働くことによりある程度まとまった収入となるため働く側にもメリットとなります。

また、季節によって繁忙期などがあるのもリゾート地の特徴です。

リゾート
画像元:OGIホールディングス

このような時期になると、観光客が倍増する傾向もあり、働く側も人手不足になるため求人の募集をかけることもあるとOGIホールディングスは言及しています。

特に短期間でのバイトの募集などがでるため、学生などが夏休みや冬休みなどの長期間の休みを利用して働くケースも増えます。

リゾート地のバイトなら時給なども通常のバイトよりも高い傾向もあり働くバイト側としても都合がいいことでもあります。

短期的に集中して稼ぐことにより、長期間の休みのすべてをバイトに費やさずに済むため、ある程度働いて、残りの休みは有意義に過ごすということも不可能ではありません。

ただし、繁忙期という点から仕事的にはそれなりにハードな状況の中働くことになります。

その点から、募集する側もできれば経験者を求めている傾向もありますが、短期間の場合には、ある程度仕事がきつくてもなんとか乗り切れる傾向もあるため、求人で募集がかかると学生などが応募してくる傾向もあります。

2.リゾート事業はリスクもある為、長期的、安定した観光客がみこめる事業展開を

観光客は、国内だけでなく海外からも訪れます。

特に近年では海外からの観光客の呼び込みにもある程度力が入っている傾向もあるため、旅行会社も海外向けのツアープランを組むことも多くなり、リゾート事業を展開する側もそれを見こんだ経営をしていくこともポイントといえるでしょう。

国内からの観光などもある程度あてにするということも大切ですが、海外からさまざまな方が訪れることにより、リゾート地全体でみてもそれなりに収益があがることにもなるでしょう。

収益があがるということは、その地域に関してもある程度メリットがあることになるため、その点なども見越して事業展開をしていくことも大切です。

ただし、リゾート事業もメリットもありますが、デメリットも存在します。

リゾート開発をするということは、それなりに資金が必要になります。

多くの資金を使いリゾート開発を行っても、観光客が少ない、あまり流行らないリゾート地の場合には、赤字となり経営が厳しい状況となる傾向もあるため、リスクもそれなりに高いという点もおさえておきましょう。

特に、一時的に流行るようなケースでは、数年は多くの観光客でにぎわうこともありますが、その後、流行りが終わってしまうことでそれ以降の経営が難しくなり最終的に破たんしてしまうという可能性もあります。

この点を踏まえて、リゾート事業を展開していくならできるだけ長期的、安定した観光客がみこめる事業展開をしていくことが重要です。

3.さまざまな人が訪れたいと思える魅力あるリゾート地を目指す

流行りなどにのっかるというのも一つの方法ですが、それでは、その流行りが終わった後にはなんの魅力もない場所になってしまうことで、観光客が遠のいてしまいます。

このような状況を防ぐためにも、流行りに頼らずに、長期的にみても観光客が訪れたいと思う魅力ある事業展開が望ましいといえるでしょう。

奇抜な発想、一時的に人々の注目を浴びるというようなものは、多くの人の目にとまります。

ですが、一度来たらもう別にくる必要がないという程度のものでは、リピーターはつかめません。

一度訪れたら、またここに来ようというような気持ちにさせるような事業展開が理想的です。

収益をあげることも重要ですが、それ以上に魅力ある事業展開をしていくことを重視することが大切だといえるでしょう。

さまざまな人が訪れることも考慮して、一部の人達にとって魅力ある場所でなく、さまざまな人が訪れたいと思えるリゾート地を目指すことが必要です。

事業展開である以上、収益をあげることも重要なポイントですが、そのためにもさまざまな点において魅力ある事業展開を目指して、多くの方がリピーターとなる、楽しく、いい思い出が作れるリゾート地として開発していきましょう。

費用的な面においては、それなりにリスクもありますが、順調に収益があがる状態ならば、事業として成り立ち黒字を維持することも不可能ではありません。