スポーツ選手の講演会が楽しいのは実はファンのおかげ

●スポーツ選手はそれほど話が上手というわけではない?

スポーツ選手の講演会が楽しいと感じた人も少なくはないと考えられますが、そうなるのは実はファンのおかげというか、ファンの心理の方が大きな意味を持っていると考えられます。

というのは当たり前の事ですが、スポーツ選手は話のプロではありませんから、それほど話が上手という事ではありません。
むしろ、戸惑いながら講演講師をするような事も少なくは無いでしょう。

ですが、既にファンの心中でそのような事は理解されているのでハードルが下がった状態で話を聞くことが出来る用になっているわけです。

簡単な例をあげると人気者の動物園のパンダを見ているとしましょう。
この時にパンダが寝返りをうつようなことがあれば、それで聴衆は大騒ぎで大満足ということになります。

普段は寝ていてほとんど動かないパンダという事が頭の中にありますから、それが動いただけで大満足して帰る事が出来るという心理になっているわけです。
これは既にファンになっている事で、何をしても楽しむことが出来る心理が働いていると考えて良いでしょう。

●テレビの中で見ていた憧れが近くに来る

同様にスポーツ選手も既にファンの状態で極めて低いハードルの状態で講演を聴くことになりますから、何を喋られても受け入れる準備が出来ているという事になります。
ですから、このような講演会というのは殆どの場合で盛り上がる事が出来るというわけです。

最近はこうした講演会というのが全国の各地で開かれるようになっていて、これが大きなビジネスになっているという事も起きています。
地方の人からすると、スポーツ選手のような有名人が来るというような事はそうあることではありませんから、まず見てみたいという心理が働くと考えられます。

テレビの中で見ていた憧れが近くに来るというわけですから、これは一見の価値があると考えるのも当然でしょう。
人によって価値観は様々なのですが、有名というだけで価値を見出す人が多いというのは人の考え方の根本的なところにあるモノです。

そして、講演に行くと楽しいという経験をするようになりますから、こうした機会はいいなという様に感じて次もあればまた行くという事をするようになるわけです。

基本的に最近のスポーツ選手はこうした事になれていて、話もうまくなっていますから、講演そのものもレベルが上がっていて、予想以上に楽しいという事を感じる事もあるかもしれません。
そうなると、ますます多くの人が講演に行くようになるというわけで、最近はこうしたビジネスが活況になっているという事も考えられます。

ヴィトックスαの特徴と効果を実感するための飲み方

多くのリピーターを獲得するヴィトックスα

年齢とともにペニスの勃起力が弱まってきたと感じ始めたら、おすすめは増大サプリです。
増大サプリは医薬品とは異なり、基本的に副作用はありません。

医薬品の効果は抜群ですが副作用のリスクがあると使いにくく、またプレイ中も頭痛や鼻づまりなどが気になり集中できないでしょう。
しかし増大サプリなら気になる副作用はほぼないので、安心感があり目の前のプレイにも集中できます。

勃起力が弱まってきたと感じたら、まずは増大サプリから始めてみましょう。
増大サプリで最も人気があると言っても過言ではないのが、ヴィトックスαです。

・・・ヴィトックスαの口コミまとめ!増大効果は本当にある?

国内の通販サイトでは36ヶ月間売上1位を記録して、多くのリピーターも獲得しています。
勃起力に悩む多くの男性から支持されている理由は、ゆっくりと効果を実感できる亜Kらです。

飲み始めた直後は、サイズも今までと変わらず勃起力の変化も実感できません。
そのため増大サプリは効果がないと思い、飲むのをやめてしまうかもしれません。

しかし諦めずにそのまま飲み続けていると、飲み始めてから1週間程度で徐々に効果を感じられます。
1週間程度で朝勃ちを実感できるようになり、1ヶ月ほど経てば勃起したときのサイズにも違いを感じるようになります。

2箱目を飲み終わる2ヶ月後にはしっかり効果を実感できるようになり、女性にたいしても自信を取り戻すことができるでしょう。
このように増大サプリであるヴィトックスαは、長い時間をかけてゆっくりと効果が現れてきます。

ヴィトックスαが効果を実感できる理由とは

もちろん増大サプリの効果は人それぞれなので、全ての男性に効果があるわけではありませんし、評判通りの期間で実感できるわけでもありません。
しかし発売以来41万個を売り上げている実績が、多くの男性から支持を集めている理由の裏付けです。

ヴィトックスαがこのように徐々に効果を実感できる理由は、有効成分を効率よくペニスに行き渡らせることができるからです。
そもそも年齢とともにペニスの勃起力が弱まる理由は、血行が悪くなるからとされています。

ペニスは興奮したときに血流が流れ込むことによって勃起するので、血行が悪くなると勃起力に影響するわけです。
男性の活力の源となる男性ホルモンの年齢とともに減少しますから、これらの要因が合わさり中高年になると若い頃の勃起力が失われていきます。

ヴィトックスαにはL-シトルリンが配合されており、毎日飲めばしっかりと必要な栄養を補給できます。
しかも現在のバージョンはL-シトルリンの配合量が2倍に増えていて、効果はこれまでの製品よりも高いです。

こうした有効成分が血管拡張作用をもたらして、ペニスにも栄養を行き渡らせます。
また海綿体細胞も増殖させるので、ペニスのサイズアップに必要な男性ホルモンも活性化させることが可能です。

失われた男性ホルモンのテストテロンも増殖しますから、多くの男性が納得する効果を感じることができます。
このような作用でペニスに関する悩みを解決できるので、飲んでから1時間程度で効いてくる医薬品ならではの即効性はありません。

ヴィトックスαは副作用の心配もなし

しかし長い時間をかけて体に作用することによって、医薬品とは違い副作用のリスクはなくなっています。
今すぐ勃起力をどうにかしたいと思っている男性には効果はありませんが、少しずつでも改善したい、副作用のリスクを排除したいと考えている男性には最適です。

勃起力の減退を感じ始めてから飲み始めておけば、いざという時にも慌てなくて良いでしょう。
しかしサプリメントは誰にでも効果があるわけではなく、個人差もあります。

ヴィトックスαの効果を最大限に発揮させるためには、飲み方が重要です。
飲み方は特に指定されていないので、適当に飲んでしまうかもしれません。

しかし増大サプリを飲むなら、おすすめは就寝前です。
就寝前をおすすめする理由は、睡眠時に成長ホルモンが分泌されるからです。

ベッドに入る少し前に飲んでおくのがおすすめ

人間は眠り始めてから3時間から4時間経った頃に成長ホルモンが活発に分泌され、体の成長を促していきます。
ですから眠る30分から1時間前に増大サプリを飲んでおけば、睡眠時に分泌される成長ホルモンとのタイミングをピッタリ合わせて、効果を最大限にまで引き出すことが可能とされています。

増大サプリでペニスの悩みを解消したいなら、ベッドに入る少し前に飲んでおくのがおすすめです。
もし眠る前に飲むが無理なら、朝一番でも良いでしょう。

効果がある増大サプリなら、一日にたくさん飲みたくなるかもしれません。
飲めば飲むほど有効成分を多く体に取り入れることができるので、効果も早く実感できると思いがちです。

ですがサプリメントは、基本的に決められた以上の量を飲んでも効果がアップすることはありません。
飲み過ぎると過剰摂取になりリスクが増えてしまいますから、ヴィトックスαも1日1錠に留めておくのがおすすめです。

1日1錠でも効果を最大限発揮できる飲み方を続けていれば、ペニスの悩みを解決できる可能性は高まるでしょう。

枯渇しない石油の供給現状

石油はなくならない?長岡石油さんが解説

石油は、昭和40年代初期から30年後には枯渇してしまうと初等教育の現場でも教えられていましたが、50年以上経過した現在も供給量に制限がかけられること無く日本に輸入されています。

先進国では、化石燃料からの脱却を目指しているものの50年前の消費量に比べて間違い無く増加しており、中国やインドなどの発展途上にあった大国が先進国並みに消費している事を考えれば、50年前に比べて消費量は数倍から数十倍に達していると言えます。

また、供給価格も世界の物価上昇に上昇しているだけで販売価格が数倍に跳ね上がっている事は無く、価格変動が少ないと言われる食品と比べても遜色がないと言える現状です。

消費量は、先進国では減少傾向にありますが、南米大陸やアフリカ大陸の国々の近代化が進むと共にロシアが以前とエネルギー政策を外交の切り札に使用している事から今後も世界全体の消費量は増加傾向にあります。

しかし、化石燃料の消費量の増加に起因する温暖化ガスの増加が地球温暖化を招き、地球温暖化により北極海のすべての氷が融解してしまう事が確実視されており、新しい油田が数多く発見される事が期待されているのが現状です。

北極海に油田が発見されれば販売価格の低下が期待されている

その為、供給量は現在よりも間違い無く増加すると共に消費量を凌駕する事から販売価格の低下が考えられます。
日本は、現在東南アジアのマラッカ海峡などを抜けて中近東のサウジアラビアやイランまでタンカーを派遣していますが、北極海に油田が発見されればタンカーによる輸送距離が大幅に短縮されるので販売価格の低下が期待されているのが現状です。

北極海の油田は、輸送距離を短縮するだけで無く輸送経路の変更ももたらす事から海賊の出没するソマリア沖やマラッカ海峡を通過する必要がなくなり、現在より安全かつ確実に輸送が出来ます。

中近東は、第二次世界大戦時のイギリスのイスラム教徒に対する無責任な約束が宗教対立に油を注いだ状態から何も解決されておらず、現在も過激なイスラム原理主義者の行動次第では中東戦争がいつ勃発してもおかしくない状態である事から、エネルギー政策面で依存度を下げる必要があるのが日本の現状です。

地球温暖化は、人類今後より長く地球上で存続し続ける上では死活問題ですが、エネルギー政策面においてはロシアや北欧諸国から輸入する事で中近東への依存度を低下させる長年の宿願が叶い、恒久的な安定と低価格化を実現する事も期待出来ます。

尖閣諸島に世界第4位のイランに匹敵する石油が眠っている

日本は、世間の常識として国内に大規模な油田が無いと認識されると共に現在の所大規模な油田が無いのが現状ですが、南シナ海南部に位置し俗に南沙諸島と呼ばれるスプラトリー諸島と同様に中国と領有をめぐって国際問題になっている尖閣諸島に世界第4位のイランに匹敵する石油が眠っているのが現実です。

>>尖閣沖は原油や天然ガスの「宝庫」 でも、試掘権の申請は40年近く棚上げ

世界第4位の埋蔵量は、消費量が減少傾向にある日本では100年以上の消費量に匹敵すると考えられており、サウジアラビアやカタールなどの産油国の様に税金を全て廃止するだけで無く医療費や教育費及び光熱費などを無料にする事も可能です。

国内だけで無く輸出する事で莫大な利益を生み出す事が可能となり、国民全てに毎月給与の様に給付金を支給する事も可能となります。
日本政府は、尖閣諸島を国有化しただけでプロジェクトを立ち上げる事も無く検討会すら開いていないのが現実であり、国産のガソリンや灯油は夢のまた夢であると共にガソリンや灯油の販売価格の乱高下に苦しめられる様です。

海外では、北極海のすべての氷が融解する事が確実視されている事からロシアと北極海沿岸の国々では大陸棚を基準とした領有権を主張しており、特にロシアは既に何十箇所も試掘を行い海底油田の目星をつけていると言われています。

シェールオイルは1バレルあたり採掘コストが40ドル以上掛かっている

その為、日本政府はアメリカとの属国関係を希薄にすると共にロシアとの外交関係を正常化する必要があり、北方4島一括返還を頑なに主張して来たにもかかわらず2018年11月には2島返還で折り合いをつける様なコメントが飛び出している始末です。

アメリカでは、50年前には採掘出来なかったケツ岩と呼ばれるシェールに含まれるケツ岩油を日本の技術で採掘出来る様になっており、2014年にはIEAが今後増加する消費量をシェールオイルが埋め合せる事が可能とされています。

石油は、一般的に1バレルあたり採掘コストが10ドル〜40ドルとされていますが、シェールオイルは1バレルあたり採掘コストが40ドル以上掛かっている事が大きな問題点です。

シェールオイルは、2014年に1日あたりの産出量が800万バレル超えた事から産出コストは技術革新により低下するとされ、産出コストが低下する事で今後中近東の産油国に大きな影響を与えると考えられています。

石油は、今後数十年で枯渇する可能性は皆無に等しく脱化石燃料はエネルギー政策面では徒労と言えますが、地球環境をこれ以上破壊しない点では核燃料と同様に使用を控える必要があると長岡石油さんは注意しています。

出典元:長岡石油の会社概要・事業内容

OGIさんに聞く!リゾート事業を展開するメリットは?

1.リゾート事業の展開は収益を上げる以外にも観光客からの満足も得られる

リゾート事業を展開することで、観光客が訪れそれなりの収益をあげることができることがメリットの一つです。

観光客は、いつもの日常から離れ、非日常的な空間、リラックスできる場所や風景などによりストレスの緩和、解消をすることやさまざまな思い出を作ることにもなるでしょう。

一人で訪れるケースもありますが、家族や恋人、親しい友人達などさまざまなグループがリゾート地を訪れることになります。

このように収益をあげることのメリットだけでなく、観光客からの満足を得ることもでき人々の楽しいひとときなどを提供する事業としてもリゾート事業は大きなメリットがあるといえるでしょう。

また、リゾート事業を展開する場合には、そこで働く人々が必要になります。

そのため、OGIホールディングスも解説してますが、雇用をうみだすことにも貢献することになるでしょう。

働きたいという方にとっては、リゾート地で働くことによりある程度まとまった収入となるため働く側にもメリットとなります。

また、季節によって繁忙期などがあるのもリゾート地の特徴です。

リゾート
画像元:OGIホールディングス

このような時期になると、観光客が倍増する傾向もあり、働く側も人手不足になるため求人の募集をかけることもあるとOGIホールディングスは言及しています。

特に短期間でのバイトの募集などがでるため、学生などが夏休みや冬休みなどの長期間の休みを利用して働くケースも増えます。

リゾート地のバイトなら時給なども通常のバイトよりも高い傾向もあり働くバイト側としても都合がいいことでもあります。

短期的に集中して稼ぐことにより、長期間の休みのすべてをバイトに費やさずに済むため、ある程度働いて、残りの休みは有意義に過ごすということも不可能ではありません。

ただし、繁忙期という点から仕事的にはそれなりにハードな状況の中働くことになります。

その点から、募集する側もできれば経験者を求めている傾向もありますが、短期間の場合には、ある程度仕事がきつくてもなんとか乗り切れる傾向もあるため、求人で募集がかかると学生などが応募してくる傾向もあります。

2.リゾート事業はリスクもある為、長期的、安定した観光客がみこめる事業展開を

観光客は、国内だけでなく海外からも訪れます。

特に近年では海外からの観光客の呼び込みにもある程度力が入っている傾向もあるため、旅行会社も海外向けのツアープランを組むことも多くなり、リゾート事業を展開する側もそれを見こんだ経営をしていくこともポイントといえるでしょう。

国内からの観光などもある程度あてにするということも大切ですが、海外からさまざまな方が訪れることにより、リゾート地全体でみてもそれなりに収益があがることにもなるでしょう。

収益があがるということは、その地域に関してもある程度メリットがあることになるため、その点なども見越して事業展開をしていくことも大切です。

ただし、リゾート事業もメリットもありますが、デメリットも存在します。

リゾート開発をするということは、それなりに資金が必要になります。

多くの資金を使いリゾート開発を行っても、観光客が少ない、あまり流行らないリゾート地の場合には、赤字となり経営が厳しい状況となる傾向もあるため、リスクもそれなりに高いという点もおさえておきましょう。

特に、一時的に流行るようなケースでは、数年は多くの観光客でにぎわうこともありますが、その後、流行りが終わってしまうことでそれ以降の経営が難しくなり最終的に破たんしてしまうという可能性もあります。

この点を踏まえて、リゾート事業を展開していくならできるだけ長期的、安定した観光客がみこめる事業展開をしていくことが重要です。

3.さまざまな人が訪れたいと思える魅力あるリゾート地を目指す

流行りなどにのっかるというのも一つの方法ですが、それでは、その流行りが終わった後にはなんの魅力もない場所になってしまうことで、観光客が遠のいてしまいます。

このような状況を防ぐためにも、流行りに頼らずに、長期的にみても観光客が訪れたいと思う魅力ある事業展開が望ましいといえるでしょう。

奇抜な発想、一時的に人々の注目を浴びるというようなものは、多くの人の目にとまります。

ですが、一度来たらもう別にくる必要がないという程度のものでは、リピーターはつかめません。

一度訪れたら、またここに来ようというような気持ちにさせるような事業展開が理想的です。

収益をあげることも重要ですが、それ以上に魅力ある事業展開をしていくことを重視することが大切だといえるでしょう。

さまざまな人が訪れることも考慮して、一部の人達にとって魅力ある場所でなく、さまざまな人が訪れたいと思えるリゾート地を目指すことが必要です。

事業展開である以上、収益をあげることも重要なポイントですが、そのためにもさまざまな点において魅力ある事業展開を目指して、多くの方がリピーターとなる、楽しく、いい思い出が作れるリゾート地として開発していきましょう。

費用的な面においては、それなりにリスクもありますが、順調に収益があがる状態ならば、事業として成り立ち黒字を維持することも不可能ではありません。

ストレスに上手く対処する方法

◇ストレスに上手に対処する効果的な方法

ストレスを抱えた状態が長引いたり、その強度が大きくなってくると、血圧や心拍数の異常、また睡眠不足や不眠症など体にも有害な影響が及ぶことがあります。

そのため、上手に対処する方法を心得ておくのは大切なことです。

もちろん、人によって効果的な対処方法には違いがありますから、自分に合った方法で対処することができるでしょう。

ストレスに対処するのに効果的な一つの方法は、自分一人で抱え込まないということです。

身近にいる信頼できる人や専門家に相談することは助けになります。

ストレスの原因となっている原因が何かに応じて、誰に相談したらよいかを見極めるようにします。

例えば、仕事上の問題であれば信頼できる上司や同僚に相談することができますし、心身の異常を感じるような場合であれば医療の専門家に相談できます。

場合によっては、極度の不安や心配を抱えたままの状態が続いているという状況が見られるかもしれません。

そのような場合は、カウンセラーに相談するのもよいでしょう。

いずれにしても自分一人で何とかしようとするのではなく、専門家の助けを得て上手に対処していくようにしたいものです。

職場の環境によって日々強いストレスを感じているような場合であれば、どのような具体的な処置を講じることができるのでしょうか。

仮に、受動喫煙といった問題にさらされているのであれば、上司や衛生管理者といった方々に現状を話し、職場環境の改善に取り組んでもらうことができるかもしれません。

不快な環境をじっと我慢しているだけでは、恐らく改善は見込めないでしょう。具体的な行動を取ることによって、対処するよう心がけたいものです。

◇上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力

上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力です。

自分の現在の状態を正しく理解してもらうために、通院先のクリニックや病院に家族の同行を求めることができます。

そうするなら、主治医やカウンセラーが家族に正しく説明して呉れることでしょう。

さらに、多くの病院や保健所では家族会などを開催して、同じような悩みを持つ方同士が集い合う場を設けていることがあります。

そのような場に、家族の人にも同行してもらうようにするなら、家族としての接し方が分かり、家族の負担を軽減できるかもしれません。

家族と接する際に大切なのは、自分が思っていることや感じていることを話すと同時に、家族への道理にかなった要望もはっきりと話しておくということです。

例えば、今は治療に専念したいので温かく見守っていて欲しい、辛くなるだけなので仕事の話はしないで欲しいといった事柄です。

一緒に暮らす家族と言えども、心の中まで本当に理解できるわけではありません。

それで、要望があればはっきりと伝えておくなら、余計な不安や心配を抱えなくて済むでしょう。

◇ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがある

これらに加えて、ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがあります。

実際、有酸素運動をするなら脳波適度な刺激を受けることになり、気持ちも和らぎます。

一人で行なえる水泳やランニング、または数人で一生に楽しむテニスやサッカーといったスポーツ、さらにはダンスなどをするのもよいかもしれません。

いずれにしても自分に合った方法で体を動かすよう心がけることができます。

あと、カルナーキュアなどのアロママッサージなども“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ぱれる
オキシトシンおよびセロトニンの分泌を促すことによってストレスや痛みを和らげてくれます。

別の効果的な対処方法は、感動して泣けるドラマや映画を見ることです。

泣くのを我慢してはいけないと言われるように、実際涙を流すことには良い効果があるものです。

ドラマや映画などを見て涙を流すなら、副交感神経が優位になるため気持ちをリラックスさせることができます。

もちろん、問題にぶつかって辛くて泣きたい時に思い切り泣くようにすることも大切です。

◇自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイント

自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイントです。

さらに、何かもやもやしたものが心の中に湧き上がってきたなら、ノートに書き出してみることも良い解消法になります。

上手く言葉にできないとしても、とにかく感じていることを書き出すことは、言わば愚痴を誰かに聞いてもらっているようなものです。

心に引っかかっている事柄を全部書き出して吐き出せたなら、気持ちはすっきりするものです。

ストレスを解消したいと思うなら、気の置けない友人と過ごすというのも良い方法です。

そのような場合、何か特別なことをしなくても、一緒にいるだけで大きな効果に繋がることがあります。

気分が乗っている時であれば、一緒にショッピングに行ったり、美味しい物を食べに行ったりするのもよいでしょう。

気の置けない大好きな友人と一緒にいることによって、自分は決して独りではないという安心感が生まれ、気持ちをリラックスさせることができるのです。

他にも適温の湯船に浸かるのもリラックスできる良い方法です。

湯船に浸かるなら、体の血行は良くなり、体の緊張はほぐれ、心の緊張も同時にほぐれるでしょう。

実際、リラックスできるお湯の温度は39度前後であると言われているため、適温のお湯に浸かるようにしたいものです。

ゼネコン業界がオリンピック特需で活気づくと前田氏はいう

オリンピック

前田裕幸氏によるゼネコン業界まとめ

今はゼネコン業界がオリンピック特需によって活気づいていると言っていいかもしれません。
特にオリンピック特需は政府からの受注という事が大きいといえます。

国の発注ですから、これは規模が大きいという事もさることながら予算が大きいという事も大きな魅力という事になっています。

しかも、予算はいくらでもオーバーさせることが出来るという事にもなっているので、ゼネコンの業界としてはこれ以上ない受注を摂る事が出来たという事になるでしょう。

※詳しくは「前田裕幸」も参考

今回のオリンピックはスモールオリンピックとも言われていて、出来るだけコストを削減して開催するという事が目標であるにも関わらずに、何故このような事になるのかというと、あくまでコストを削減するというのは努力目標に過ぎないという事があるからです。

オリンピックにおいて優先されるのは何よりも期日に間に合わすという納期優先がまず考えとしてあります。
何しろ開催日は決まっているわけですから、それに合わせることが最優先という事になります。

つまり、コストを度外視してでも納期は絶対という事が条件としてあるという事が誰にもわかっている状態なのです。

政府は納期最優先でコストなど気にもかけない

業者としてはどれだけのコストアップでも政府に言えば納期最優先の考え方のもとに言う事を聞かすことが出来る最高の受注を取る事が出来たという事になるわけです。

これには大きな意味があって業者としてはこの機会に出来るだけお金をかけさせたいという事もあります。
というのは費用が大きくなればなるほど自分たちの実績として大きく後にアピールをする事も出来るようになります。

一億の施設を建築したというのと二億の施設を建築したというのでは、後のアピールが大きく変わるという事も想像できるでしょう。
業者は当然出来るだけ多くのコストを政府に対して要求することが肝要になるというわけです。

これは政府にとっては別にたいした問題にはなりません。

最初の見積もりが甘かったという非難を受けることはありますが、別にその非難は最初の見積もりの人が受けるべき非難であって、実際に工事を指揮監督している部署がこの非難を受けるわけでは無いので、何も問題はないという事になるわけです。

基本的に政府はお金を所持しているわけではなく、税金から払うという事をするだけの事ですから、別に政府にとってお金が見積もりよりも高くなるという事については特に大きな問題にはならないという不思議な事が起きるのです。

オリンピックを無事に開催することが最大限の目的

政府としてはオリンピックを無事に開催することが出来る事が最大限の目的となり、それがより質の高いものであればさらに良いという事になるだけの事で、コストパフォーマンスを気にしないという不思議な事が起きるのがこうしたビッグイベントでは起きてしまうのです。

理由は簡単でコストパフォーマンスをいくら良くしても人気獲得にはつながらないという事があるからです。

本当はコストパフォーマンスを最大限にする事が最も政治家が人気を獲得することになるのですが、これはアピールの仕方次第で何とでもなるので、別に問題にはならなくなります。

一億の施設で二億の経済効果を出したという事でアピールすることも出来るのですが、二億の施設で一億の経済効果であったとしても、別にこの一億の経済効果しかなかったという事実を報道しなければ、何の問題もないという事になります。

後に様々な検証によってこうした経済効果の実態が明らかになる事がありますが、そのような事は自分の政治家活動が終わっていることであったり、数年前の事ということで、時効のような扱いにして責任をうやむやにするという事も出来てしまいます。

政治家の懐から出るお金ではなく税金から出るお金

政治家にとって必要なのは実績ではなく、その場での人気ということになるわけですから、別にコストがいくらかかろうとも特に問題ではないという事で、業者のいうがままにお金を出させるという事になります。

政治家の懐から出るお金ではなく、税金から出るお金なので、別にいくらかかろうが知ったことでは無いというのが政治家の考え方という事になり、業者と政治家とがwinwinの関係で結ばれることになるので、コストパフォーマンスは絶対的に無視されるという事になるのが、こうした特需というモノの特徴という事になるでしょう。

これがいかにゼネコン業界を活気づかせるのかという事は歴史が証明しています。
ビッグイベントがある旅にゼネコン関係の業者は大きく成長して経済界を牛耳るような存在になってきました。

これは、それだけ大きなお金を動かすことになるので、それだけの力を持つ事になるわけです。
ただ、あまりにも政府が無秩序に受注をしてしまうという事が問題になる事はあるので、これには注意をする事も必要になっています。

特に今はネットという全てを監視するようなシステムが出来上がっていますから、不正な受注などはかなり厳しく監視される事にもなって来ているという傾向はあるといえるのかもしれません。

カジノ法案はいつ実現するの?

カジノ

カジノ法案について

カジノ法案は2016年12月に確定しました。
すでに法案ができることが決まっているので、問題はいつ成立するのかということになります。

カジノ法案が成立したら日本でもカジノを営業しても合法になります。
賭博罪や常習賭博罪がなくなるわけではないということに注意です。

賭博罪は金品をかけてゲームをしたら罪になるという法律。
違反すると警察につかまったり、罰金をとられたりします。
カジノ法案ができたからといって安心して金品をかけてゲームをしないようにしておきましょう。

あくまで日本でカジノを営業することが可能になるというだけで、許可を受けていない業者がカジノを営業すると違法です。
また、個人や組織で金品をかけてゲームをすることはあいかわらず違法ですので注意を。

パチンコ・スロットが対象となるかどうかはわかりません。
まだ法案の具体的な内容は公開されていないからです。

6,000円程度の入場料を払わなければ中に入れない

スロットという遊びもカジノの一部ですので、対象になる可能性はあると予想します。
しかし、パチンコ・スロットが対象となることでかえって規制が強くなる可能性もあります。

一般的にカジノでは入場料がかかります。
6,000円程度の入場料を払わなければ中に入れないのです。

パチンコ・スロットが今のように気軽に遊べなくなる可能性もあります。
現時点でもパチンコ店は存在しますが、法律的にはグレーゾーンだそうです。

パチンコ店はあくまで遊技場であり、外にある景品上で玉を金品に交換するので合法であるという主張です。
遊ぶ場所と景品を受け取る場所が分かれていることで法律の規制を逃れているという状態なのでしょう。

カジノ法案が成立したら本人確認が必須になるかもしれません。
マイナンバーカードを提出して本人確認をすませてからカジノへ入場して遊ぶという流れになります。

脱税対策のためにカジノでも本人確認が義務付けられる?

まだ決定事項ではありませんが、カジノでの収入を確認するためにこのような措置がとられる可能性は高いでしょう。
例えばカジノで5百万円の利益を出したとします。

その利益は雑所得もしくは一時所得となり、確定申告の対象です。
FXや株式投資をするときにも本人確認が義務付けられていますので、脱税対策のためにカジノでも本人確認が義務付けられるはずです。

さて、多くの人が気になっているのがカジノが何年何月に、どこに誕生するのかということでしょう。
東京・大阪・北海道・神奈川などが立候補しています。

まずは大都市から始まり、その後に地方でも店舗が展開されるという流れになるようです。
大阪なら人工島「夢洲」が有力候補地となっています。

長崎ならハウステンボス周辺です。
基本的には住宅街から離れた場所に設置予定。

それに適した場所といえば大阪の「夢洲」、神奈川の山下ふ頭、千葉の幕張などとなります。
候補地が決定するのは2022年くらいと予想されていますので、まだまだ先です。

それまではどこにカジノが設置されるのか予想をしてみるのも楽しいでしょう。
もしも東京ではなく大阪などに設置されたら、大阪が日本のシンガポールのような存在になるかもしれません。

今後の流れについて

今後の流れですが、2019年までに法整備がされ、2022年までに基本計画の立案、2023年から建設の開始という予定が立てられています。
建設が開始されてから実際にカジノがオープンするまでも時間がかかるので、早くて2025年といったところ。
2020年の東京オリンピックまでにオープンするという噂がありましたが、東京オリンピックには間に合わないということになります。

このように、まだ法案が成立してすらおらず、実際に運営が開始されるのは2025年以降となりますので、「カジノがオープンする」といった話を利用した詐欺などにはひっかからないように気をつけておきましょう。
カジノ法案などを利用した詐欺によってお金を騙し取られるという被害報告が実際に出ています。

実は現在でも日本に居ながらカジノをプレイすることが可能です。
その方法は、海外にあるオンラインカジノで遊ぶという方法です。

海外にサーバーがある場合には海外の法律が適用されるので、日本の賭博罪の対象にはなりません。
日本に居ながらでも海外のサーバーで遊ぶのならオンラインカジノをプレイしても合法です。

海外旅行へ行ったときにカジノで遊ぶことはもちろん合法です。
シンガポールやアメリカなどの国ではカジノが合法化されています。

ビットコインATMを設置するというプランなども上がっている

カジノ法案と関係して楽しみなのが仮想通貨です。
カジノにビットコインATMを設置するというプランなども上がっているようです。

日本ではエイダコインと呼ばれている仮想通貨Cardano (ADA)にも注目です。
最終的にどの仮想通貨が使われることになるのかはわからないため、リスクもあることを理解して購入しましょう。

仮想通貨には国境がないため、海外からの旅行者にとってはビットコインが便利です。
逆に、日本人が海外旅行へ行く時にビットコインなどの仮想通貨が当たり前に使われる時代がくるかもしれません。

 

参考サイト

1.カジノ法案最新情報

前田日明とはどのような人物か

前田日明は日本を代表するプロレスラーの一人

前田日明は、日本を代表するプロレスラーの一人ですが、現在はすでにプロレスをしていません。

1959年一月生まれで大阪府で生まれています。

韓国系日本人で、血液型はA型になっています。

身長は192センチとありますが、実際に測定した人がいるわけではありませんので明確な身長はわかりません。

プロレスラーの場合は、2センチから3センチ身長を高く見積もることが多いです。

これはどのような意味があるかといえば、日本でプロレスを有名にした力道山が、少しでも背丈を大きく見せるために背丈を大きく見せたとの話しがあります。

つまり力道山は、実際の背丈よりも3センチぐらい大きくパンフレットなどに記載されていました。

するとそれから後にはいってきたレーサーたちは実際の背丈を公表してしまうと力道山と並んだ時に誤差が生じてしまうことになり、力道山の弟子のジャイアント馬場やアントニオ猪木はそれぞれ同じように3センチぐらい背丈を細かしていました。

当然さらにそのあとにはいってくるレスラーがたちもみな背丈を3センチぐらい大きくしないと計算が合わなくなります。

その結果、現在でも多くのレスラーが身長を3センチぐらいごまかしているといわれています。

もともとまだ選手がプロレスラーを目指したのは、ウルトラマンに熱中していたことがきっかけと言われています。

ウルトラマンのようにつらくなりたいと考えてプロレスラーを目指すようになりました。

さらばウルトラマンの最終回で、的に倒されたウルトラマンを見て絶叫したといます。

そこで、ウルトラマンに代わって自分が敵を倒したいと考えるようになり、それから様々な核とうきを習い始めました。

少林寺拳法を習い始めたのは小学校のころですが、すでにその段階で体は大きく小学生にもかかわらず初段を取得することができました。

高校からは空手を習い始め、2段を取得するほどの結果を出しています。

そのあとから手でアメリカに行き就業したいと考えるようになり、アメリカに行くための資金をためるためのアルバイトを行うようになりました。

その後実際にアメリカに行き、修行することになります。

1977年に佐山にスカウトされ、新日本プロレスに入団することになる

1977年になると当時タイガーマスクとして知られていた佐山にスカウトされるようになり新日本プロレスに入団することになりました。

新日本プロレスに入団してからは、身長の高かったため期待されていたレスラーの一人になります。

当時、練習は非常に厳しく多くの新人が辞めていく中で前田選手は格闘技で鍛えた体と体力をもとに継続してトレーニングを行っていきます。

現在でも同じような感じですが、練習生として入ったプロレスラーにプライベートはほとんどありません。

多くの場合自分の時間をとることが出来ず、先輩の世話やリングの掃除などに明け暮れる毎日が半年ほど続きます。

緊密にいえば、新人が入ってくるまで下積み生活を続けなければない状態です。

新人も、たくさん入ってくるわけですがたいていは三日ぐらいでやめてしまうことが多く、長く続ける人でも3カ月程度でやめてしまいます。

およそ5人入団した場合には一人残るかどうかぐらいのものですので、相当厳しい練習だったことがわかります。

そのような厳しい生活を経ながら、前田選手は翌年にデビューをすることになりました。

プロレスラーになった理由は、プロレスをすることで武者修行に行けるから

もともとプロレスラーになったのは、プロレスをすることで武者修行に行けるからといった理由だったようです。

そのため、実際にそのような話しがあると期待していたようですが、そのような話しはなく半分なましたような形で入団をしたといます。

1982年には海外修業をとしてイギリスに行き、イギリスのプロレスで活躍をすることになりました。

そこで様々な選手と対戦することになり、体力的にも技術的にも伝えられることになります。

新日本プロレスを退団後はUWFの方で活躍する

やがて新日本プロレスを退団してからはUWFの方で活躍することになります。

それからは空手の本質を生かしたキックやパンチなど打撃を中心とするプロレスに変わっていくわけです。

その後このスタイルをしばらく続けており、引退までずっと同じようなスタイルで戦ってきました。

1991年春には、新団体を立ち上げることに成功しました。

その後やがて新団体はケイワンに発展していくことになります。

もちろんプロレスラーを続ける中で様々な規制があったことは今でもありません。

激しいプロレスですので、骨を折ることもありますがじん帯の損傷などが特に響きます。

いくら体が大きなレスラーといえども、それは日本人の中で大きいだけでアメリカ人レスラーと比べると同じぐらいかアメリカ人レスラーの方が大きい場合もあります。

そのような環境で戦っていくと、体に負担がかかってしまい大きなけがをすることが必然とも言えるでしょう。

人物としては、現在のレスラーに対し批判的な態度をとることもありますが、自分のスタイルに合っているレスラーに対してはほめるようなことをしています。

また、胸の大きな女性が好きでグラビアアイドルなどには目がありません。

 

こちらの記事もよく読まれています

前田裕幸おすすめ~豪華客船や日本の遊覧船~

大投手の山本昌が持つ魅力

2015年にプロ野球を引退した山本昌

2015年にプロ野球を引退した山本昌は、チームの枠を越えて大投手で知られます。
現役引退時の年齢は50歳で、人生の節目とも言える切りの良いタイミングを選んでいます。
プロ野球界で50歳まで現役を続けてきたのは驚きですが、肩や肘が消耗品とされる投手で活躍してきたのも驚愕です。

しかも2軍や控え選手ではなく、1軍に拘り活躍してきたのが賞賛に値します。
長く1軍で活躍できた理由は、生まれ持った体つきだけでなく本人の継続的な努力にもあります。

また結果が求められるプロ野球の世界では、故障しない強さや回復力であったり、精神的な強さも求められます。
山本昌も他の投手と比べて例外ではなく、現役中に少なからず故障している一人です。

ただ選手生命を脅かす致命的な怪我はしなかったので、50歳まで続けることができたと考えられます。
現役生活32年間の内に手術回数はゼロですし、本人は仮に60歳まで投げてもメスは不要だと自負しているほどです。

ケアを念入りに行っているのかと思えば、アイシングはしたことがないと述べています。
プロ野球界の常識から外れているので、では生まれつき運動神経がずば抜けているのかといえば、小学生時代は体育の授業で平均点と普通です。

怪我をしないフォームを意識し続けた

大怪我を回避できた理由はいくつか考えられますが、一つは体を大きく使って、怪我をしないフォームを意識し続けたことです。
ピッチングの際もキャッチボールのステップも、大きく体を動かして無理に制限しない、これが山本昌がメスを不要としたヒントです。

一方では体に掛かるストレスを計算して、どう投げれば負担を減らせるか考えていたのもポイントです。
つまり単なる感覚頼りではなく、案外頭脳派で実践しながら自分に合った方法を獲得しています。

山本昌
出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/446145/

常に体の使い方を意識していた人なので、そこが他の投手とは異なる特徴だと結論付けられます。
このような独自の考え方は、通常だと常識外れで説得力がなく、誰にでも当てはまるものではないと思われがちです。

しかし山本昌は50歳までの現役生活と、現役中の大怪我なしで説得力を証明しています。
今後は指導者の道を進むということですから、野球界に新たな指導法を持ち込んでくれるものと期待できます。
現役中は最多勝を3回、ベストナインが2回に最優秀防御率や最多奪三振なども達成済みです。

32年もの間ほとんど休まずに出場してきた山本昌投手

これら多くの記録を残せたのは、やはり試合の出場回数が多かったのも一つの理由でしょう。
1984年にプロ野球界入りして以来、32年もの間ほとんど休まずに出場してきたので、記録が残せるチャンスが多かったのは当然です。

それでも素晴らしい記録の数々は、本人の継続的な努力があってこそだといえます。
2006年に史上最年長ノーヒットノーランを達成して、2008年には200勝達成と名実共に大投手です。
勝負球はキレのあるストレートで、名バッターが苦戦するスクリューも見どころでした。

カーブもスライダーも使い分けましたが、特にスクリューとカーブはキレの鋭さで定評です。
キレが良かったのは関節の骨格形状にあって、ここに恵まれた体の良さが現れています。

骨格のお陰でボールが上手く抜けたので、バッターからすると脅威の投手となったわけです。
山本昌の理解を深めるポイントは引退時と入団当初の体格差にもあります。

体重は32年の間に20kgアップで、胸板は厚く全体的に体が大きく見えます。
入団時も高身長と一回り大きい体格で注目されましたが、引退時には50歳とは思えない体の大きさになりました。
誰もが気になるトレーニングは、体が硬くなるのを防いで全身をバランス良く鍛える方針です。

お陰で怪我をするリスクを減らせたり、50歳でも若手に負けないピッチングができたと思われます。
記憶に残る大投手となれたのは、怪我をせず治療期間を必要としなかったことが大きいです。

山本昌といえば趣味の人としても有名

ただしその裏には、野球以外にも真剣に打ち込むプライベートの姿も大いに関係しています。
山本昌といえば趣味の人で、ラジコンや車それに甲虫集めでも一目置かれます。

趣味に共通しているのは徹底的に取り組む本気度と、心の底から楽しむという二点です。
その為ラジコンでは全日本大会に出場して入賞したり、高値で取引されるオオクワガタを最盛期に50頭も飼っていたこともあります。

甲虫集めの趣味は、現役時代にシーズン中の成績を理由にやめていますが、ラジコンは継続中で仕事にも繋がっています。
自身の名前を冠するテレビ番組を持っていますから、趣味も極めれば仕事に役立つのだと教えてくれているようです。

このように仕事でもプライベートでも魅力的な人は、プロ野球界のみならず、回りを見渡してもなかなかいないものです。
惹かれる部分は人によるでしょうが、誰が見ても素敵な部分に気が付けたり、羨ましく思える生き方をしている人物です。
引退後も現役時代と変わらずに動向が注目されるので、それだけ魅力が衰えない人だといえるでしょう。

 

【関連記事】
山本昌さんが東邦ガス株式会社 新イメージキャラクターに就任

建物の安全性を高める株式会社キーマン

調査から設計・工事までトータル対応

日本は地震や台風などの災害が多く発生する国ですから、建物の安全性・強度についてはしっかりと確保しておきたいものです。
建ててしまった後の建造物の耐震性を確認したい場合には、株式会社キーマンが要望に応えてくれます。

同社では現場での調査から設計・工事までトータルで引き受けてくれるのが特徴です。
橋梁など複雑で巨大な建造物で実績を上げてきた経験を活かし、地震対策のプロフェッショナルとして支持を集めてきました。
建物の劣化状況から設計応力計算、地盤の強度調査まで行えて、そのまま工事まで請け負ってくれるので、既存建築物の耐震化を考えている方にとっては大きな味方と言えます。


http://www.keyman.co.jp/より引用

まずは耐震性の診断ですが、同社では経験豊かなスタッフとしっかりとした機材を揃えており、目視での確認と機器での測定によって状態を分析するのが手法です。
隅々までチェックしてコンディションを調べて、見えない部分も機器で探っていきます。

目視調査では外装のひび割れや劣化を調査していくのですが、単にひびが入っている場合でも、実は原因は様々です。
水分の過剰蒸発や温暖の差による場合などもあるものの、中には施工不良で耐力が不足している場合や、鉄筋が錆びたせいで強度が落ちている可能性もあります。
ひびの入り方に特徴があるので、プロはそのような部分を観察しながら調査していくわけです。

ひび割れは放置すると致命傷に・・・

建物のひび割れは放置すると致命傷になりかねません。
例えば鉄筋コンクリート造の建物ならば、外装のコンクリートが鉄筋を錆びさせないように保護しているのですが、これにひびが入ってしまってしまうと、空気や水が鉄筋を腐食させる原因になりえます。
株式会社キーマンはそのようなリスクをしっかりと確かめてくれますし、そのまま修復や補強を考えられるので安心です。

劣化や強度を調べるための機器は、同社では複数を組み合わせて調査を行っています。
これによって確実性の高い診断ができるようになってくるので、複雑な建物でも強度計算を任せることが可能です。

コンクリートはアルカリ性を帯びているために、内部の鉄筋をサビから防ぐようにはなっているのですが、年月が経つと中性化してきます。
中性化したコンクリートでは内部の鉄筋を保護しきれませんから、その分は危険性が増してくるのです。
同社ではこの中性化がどの程度まで進んでいるかを専門的な機器を使って測定して、現状のコンディションを確認します。

コア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック

外部から見るだけでは判らないこともありますが、同社ではコア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック可能です。
コア採取はコンクリートの見えない部分を確かめるのに役立つ方法で、一部をくりぬいてしまって状態を調べる方法となります。
普通なら隠れている部分を可視化してしまいますから、その分は確実性の高い検査が可能になるでしょう。

このような多彩な方法を駆使するので、正確に建物の状況を把握しやすくなっており、好結果を出し続けて実績に繋げてきました。
確かな診断力に加えて計算や設計も高品質なレベルを保持しているので、色々な建物を調査・工事することができます。
旧耐震基準の古い建物でも任せられますし、相当に難易度の高い建築物でも引き受けてくれる対応力の高さは魅力です。
一次診断から三次診断まで行えますから、幅広いケースで相談できます。

診断を終えたらどのような補強工事を行うのがベストかを、柔軟にプランニングできるのも特徴です。
高精度の設計はもちろんですが、使用収益をしながら施工を進めていったり、工期を短縮する方法などでも提案できるので、工事を考えやすくなります。
どうしても工事期間中に使用を中止できない場合でも、上手く切り抜ける方法を見つけてくれるでしょう。

耐震工事の実績も豊富なキーマン

工事については大規模建築物や特殊な建造物も任せられると言う、幅広く確かな施工力が長所です。
施工実績をあげると大型ショッピングセンターホテルのような高度な技術が必要な建物をはじめ、学校や庁舎のような公共建築物、集合住宅やテナントビルなどで成果を上げてきました。
土木分野では道路や橋脚、水道管での工事も行っており、土木・建築分野で高いスキルを誇っています。

また、工事に関して心配なのは施行中の騒音や粉塵などですが、株式会社キーマンはこのような部分に配慮しながら作業をすすめるので、依頼主から喜びの声が多数届いています。
工事ですから音やホコリはどうしても出てしまうのですが、それがトラブルに繋がるかつながらないかは、施行者の心配りの影響が小さくはありません。
騒音レベルを気にしながら作業したり、現場で出会った人にきちんと挨拶をする点などで、高評価を得ています。

株式会社キーマンの本社は大阪で東京に支店を展開しており、近畿地方や首都圏での依頼が行いやすいです。
関連する法律にも詳しいので補助金の適用などもサポートしてくれるので、耐震化工事を考えている場合には、確かめてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

株式会社キーマンの企業情報