ゼネコン業界がオリンピック特需で活気づくと前田氏はいう

オリンピック

前田裕幸氏によるゼネコン業界まとめ

今はゼネコン業界がオリンピック特需によって活気づいていると言っていいかもしれません。
特にオリンピック特需は政府からの受注という事が大きいといえます。

国の発注ですから、これは規模が大きいという事もさることながら予算が大きいという事も大きな魅力という事になっています。

しかも、予算はいくらでもオーバーさせることが出来るという事にもなっているので、ゼネコンの業界としてはこれ以上ない受注を摂る事が出来たという事になるでしょう。

※詳しくは「前田裕幸」も参考

今回のオリンピックはスモールオリンピックとも言われていて、出来るだけコストを削減して開催するという事が目標であるにも関わらずに、何故このような事になるのかというと、あくまでコストを削減するというのは努力目標に過ぎないという事があるからです。

オリンピックにおいて優先されるのは何よりも期日に間に合わすという納期優先がまず考えとしてあります。
何しろ開催日は決まっているわけですから、それに合わせることが最優先という事になります。

つまり、コストを度外視してでも納期は絶対という事が条件としてあるという事が誰にもわかっている状態なのです。

政府は納期最優先でコストなど気にもかけない

業者としてはどれだけのコストアップでも政府に言えば納期最優先の考え方のもとに言う事を聞かすことが出来る最高の受注を取る事が出来たという事になるわけです。

これには大きな意味があって業者としてはこの機会に出来るだけお金をかけさせたいという事もあります。
というのは費用が大きくなればなるほど自分たちの実績として大きく後にアピールをする事も出来るようになります。

一億の施設を建築したというのと二億の施設を建築したというのでは、後のアピールが大きく変わるという事も想像できるでしょう。
業者は当然出来るだけ多くのコストを政府に対して要求することが肝要になるというわけです。

これは政府にとっては別にたいした問題にはなりません。

最初の見積もりが甘かったという非難を受けることはありますが、別にその非難は最初の見積もりの人が受けるべき非難であって、実際に工事を指揮監督している部署がこの非難を受けるわけでは無いので、何も問題はないという事になるわけです。

基本的に政府はお金を所持しているわけではなく、税金から払うという事をするだけの事ですから、別に政府にとってお金が見積もりよりも高くなるという事については特に大きな問題にはならないという不思議な事が起きるのです。

オリンピックを無事に開催することが最大限の目的

政府としてはオリンピックを無事に開催することが出来る事が最大限の目的となり、それがより質の高いものであればさらに良いという事になるだけの事で、コストパフォーマンスを気にしないという不思議な事が起きるのがこうしたビッグイベントでは起きてしまうのです。

理由は簡単でコストパフォーマンスをいくら良くしても人気獲得にはつながらないという事があるからです。

本当はコストパフォーマンスを最大限にする事が最も政治家が人気を獲得することになるのですが、これはアピールの仕方次第で何とでもなるので、別に問題にはならなくなります。

一億の施設で二億の経済効果を出したという事でアピールすることも出来るのですが、二億の施設で一億の経済効果であったとしても、別にこの一億の経済効果しかなかったという事実を報道しなければ、何の問題もないという事になります。

後に様々な検証によってこうした経済効果の実態が明らかになる事がありますが、そのような事は自分の政治家活動が終わっていることであったり、数年前の事ということで、時効のような扱いにして責任をうやむやにするという事も出来てしまいます。

政治家の懐から出るお金ではなく税金から出るお金

政治家にとって必要なのは実績ではなく、その場での人気ということになるわけですから、別にコストがいくらかかろうとも特に問題ではないという事で、業者のいうがままにお金を出させるという事になります。

政治家の懐から出るお金ではなく、税金から出るお金なので、別にいくらかかろうが知ったことでは無いというのが政治家の考え方という事になり、業者と政治家とがwinwinの関係で結ばれることになるので、コストパフォーマンスは絶対的に無視されるという事になるのが、こうした特需というモノの特徴という事になるでしょう。

これがいかにゼネコン業界を活気づかせるのかという事は歴史が証明しています。
ビッグイベントがある旅にゼネコン関係の業者は大きく成長して経済界を牛耳るような存在になってきました。

これは、それだけ大きなお金を動かすことになるので、それだけの力を持つ事になるわけです。
ただ、あまりにも政府が無秩序に受注をしてしまうという事が問題になる事はあるので、これには注意をする事も必要になっています。

特に今はネットという全てを監視するようなシステムが出来上がっていますから、不正な受注などはかなり厳しく監視される事にもなって来ているという傾向はあるといえるのかもしれません。

カジノ法案はいつ実現するの?

カジノ

カジノ法案について

カジノ法案は2016年12月に確定しました。
すでに法案ができることが決まっているので、問題はいつ成立するのかということになります。

カジノ法案が成立したら日本でもカジノを営業しても合法になります。
賭博罪や常習賭博罪がなくなるわけではないということに注意です。

賭博罪は金品をかけてゲームをしたら罪になるという法律。
違反すると警察につかまったり、罰金をとられたりします。
カジノ法案ができたからといって安心して金品をかけてゲームをしないようにしておきましょう。

あくまで日本でカジノを営業することが可能になるというだけで、許可を受けていない業者がカジノを営業すると違法です。
また、個人や組織で金品をかけてゲームをすることはあいかわらず違法ですので注意を。

パチンコ・スロットが対象となるかどうかはわかりません。
まだ法案の具体的な内容は公開されていないからです。

6,000円程度の入場料を払わなければ中に入れない

スロットという遊びもカジノの一部ですので、対象になる可能性はあると予想します。
しかし、パチンコ・スロットが対象となることでかえって規制が強くなる可能性もあります。

一般的にカジノでは入場料がかかります。
6,000円程度の入場料を払わなければ中に入れないのです。

パチンコ・スロットが今のように気軽に遊べなくなる可能性もあります。
現時点でもパチンコ店は存在しますが、法律的にはグレーゾーンだそうです。

パチンコ店はあくまで遊技場であり、外にある景品上で玉を金品に交換するので合法であるという主張です。
遊ぶ場所と景品を受け取る場所が分かれていることで法律の規制を逃れているという状態なのでしょう。

カジノ法案が成立したら本人確認が必須になるかもしれません。
マイナンバーカードを提出して本人確認をすませてからカジノへ入場して遊ぶという流れになります。

脱税対策のためにカジノでも本人確認が義務付けられる?

まだ決定事項ではありませんが、カジノでの収入を確認するためにこのような措置がとられる可能性は高いでしょう。
例えばカジノで5百万円の利益を出したとします。

その利益は雑所得もしくは一時所得となり、確定申告の対象です。
FXや株式投資をするときにも本人確認が義務付けられていますので、脱税対策のためにカジノでも本人確認が義務付けられるはずです。

さて、多くの人が気になっているのがカジノが何年何月に、どこに誕生するのかということでしょう。
東京・大阪・北海道・神奈川などが立候補しています。

まずは大都市から始まり、その後に地方でも店舗が展開されるという流れになるようです。
大阪なら人工島「夢洲」が有力候補地となっています。

長崎ならハウステンボス周辺です。
基本的には住宅街から離れた場所に設置予定。

それに適した場所といえば大阪の「夢洲」、神奈川の山下ふ頭、千葉の幕張などとなります。
候補地が決定するのは2022年くらいと予想されていますので、まだまだ先です。

それまではどこにカジノが設置されるのか予想をしてみるのも楽しいでしょう。
もしも東京ではなく大阪などに設置されたら、大阪が日本のシンガポールのような存在になるかもしれません。

今後の流れについて

今後の流れですが、2019年までに法整備がされ、2022年までに基本計画の立案、2023年から建設の開始という予定が立てられています。
建設が開始されてから実際にカジノがオープンするまでも時間がかかるので、早くて2025年といったところ。
2020年の東京オリンピックまでにオープンするという噂がありましたが、東京オリンピックには間に合わないということになります。

このように、まだ法案が成立してすらおらず、実際に運営が開始されるのは2025年以降となりますので、「カジノがオープンする」といった話を利用した詐欺などにはひっかからないように気をつけておきましょう。
カジノ法案などを利用した詐欺によってお金を騙し取られるという被害報告が実際に出ています。

実は現在でも日本に居ながらカジノをプレイすることが可能です。
その方法は、海外にあるオンラインカジノで遊ぶという方法です。

海外にサーバーがある場合には海外の法律が適用されるので、日本の賭博罪の対象にはなりません。
日本に居ながらでも海外のサーバーで遊ぶのならオンラインカジノをプレイしても合法です。

海外旅行へ行ったときにカジノで遊ぶことはもちろん合法です。
シンガポールやアメリカなどの国ではカジノが合法化されています。

ビットコインATMを設置するというプランなども上がっている

カジノ法案と関係して楽しみなのが仮想通貨です。
カジノにビットコインATMを設置するというプランなども上がっているようです。

日本ではエイダコインと呼ばれている仮想通貨Cardano (ADA)にも注目です。
最終的にどの仮想通貨が使われることになるのかはわからないため、リスクもあることを理解して購入しましょう。

仮想通貨には国境がないため、海外からの旅行者にとってはビットコインが便利です。
逆に、日本人が海外旅行へ行く時にビットコインなどの仮想通貨が当たり前に使われる時代がくるかもしれません。

 

参考サイト

1.カジノ法案最新情報

前田日明とはどのような人物か

前田日明は日本を代表するプロレスラーの一人

前田日明は、日本を代表するプロレスラーの一人ですが、現在はすでにプロレスをしていません。

1959年一月生まれで大阪府で生まれています。

韓国系日本人で、血液型はA型になっています。

身長は192センチとありますが、実際に測定した人がいるわけではありませんので明確な身長はわかりません。

プロレスラーの場合は、2センチから3センチ身長を高く見積もることが多いです。

これはどのような意味があるかといえば、日本でプロレスを有名にした力道山が、少しでも背丈を大きく見せるために背丈を大きく見せたとの話しがあります。

つまり力道山は、実際の背丈よりも3センチぐらい大きくパンフレットなどに記載されていました。

するとそれから後にはいってきたレーサーたちは実際の背丈を公表してしまうと力道山と並んだ時に誤差が生じてしまうことになり、力道山の弟子のジャイアント馬場やアントニオ猪木はそれぞれ同じように3センチぐらい背丈を細かしていました。

当然さらにそのあとにはいってくるレスラーがたちもみな背丈を3センチぐらい大きくしないと計算が合わなくなります。

その結果、現在でも多くのレスラーが身長を3センチぐらいごまかしているといわれています。

もともとまだ選手がプロレスラーを目指したのは、ウルトラマンに熱中していたことがきっかけと言われています。

ウルトラマンのようにつらくなりたいと考えてプロレスラーを目指すようになりました。

さらばウルトラマンの最終回で、的に倒されたウルトラマンを見て絶叫したといます。

そこで、ウルトラマンに代わって自分が敵を倒したいと考えるようになり、それから様々な核とうきを習い始めました。

少林寺拳法を習い始めたのは小学校のころですが、すでにその段階で体は大きく小学生にもかかわらず初段を取得することができました。

高校からは空手を習い始め、2段を取得するほどの結果を出しています。

そのあとから手でアメリカに行き就業したいと考えるようになり、アメリカに行くための資金をためるためのアルバイトを行うようになりました。

その後実際にアメリカに行き、修行することになります。

1977年に佐山にスカウトされ、新日本プロレスに入団することになる

1977年になると当時タイガーマスクとして知られていた佐山にスカウトされるようになり新日本プロレスに入団することになりました。

新日本プロレスに入団してからは、身長の高かったため期待されていたレスラーの一人になります。

当時、練習は非常に厳しく多くの新人が辞めていく中で前田選手は格闘技で鍛えた体と体力をもとに継続してトレーニングを行っていきます。

現在でも同じような感じですが、練習生として入ったプロレスラーにプライベートはほとんどありません。

多くの場合自分の時間をとることが出来ず、先輩の世話やリングの掃除などに明け暮れる毎日が半年ほど続きます。

緊密にいえば、新人が入ってくるまで下積み生活を続けなければない状態です。

新人も、たくさん入ってくるわけですがたいていは三日ぐらいでやめてしまうことが多く、長く続ける人でも3カ月程度でやめてしまいます。

およそ5人入団した場合には一人残るかどうかぐらいのものですので、相当厳しい練習だったことがわかります。

そのような厳しい生活を経ながら、前田選手は翌年にデビューをすることになりました。

プロレスラーになった理由は、プロレスをすることで武者修行に行けるから

もともとプロレスラーになったのは、プロレスをすることで武者修行に行けるからといった理由だったようです。

そのため、実際にそのような話しがあると期待していたようですが、そのような話しはなく半分なましたような形で入団をしたといます。

1982年には海外修業をとしてイギリスに行き、イギリスのプロレスで活躍をすることになりました。

そこで様々な選手と対戦することになり、体力的にも技術的にも伝えられることになります。

新日本プロレスを退団後はUWFの方で活躍する

やがて新日本プロレスを退団してからはUWFの方で活躍することになります。

それからは空手の本質を生かしたキックやパンチなど打撃を中心とするプロレスに変わっていくわけです。

その後このスタイルをしばらく続けており、引退までずっと同じようなスタイルで戦ってきました。

1991年春には、新団体を立ち上げることに成功しました。

その後やがて新団体はケイワンに発展していくことになります。

もちろんプロレスラーを続ける中で様々な規制があったことは今でもありません。

激しいプロレスですので、骨を折ることもありますがじん帯の損傷などが特に響きます。

いくら体が大きなレスラーといえども、それは日本人の中で大きいだけでアメリカ人レスラーと比べると同じぐらいかアメリカ人レスラーの方が大きい場合もあります。

そのような環境で戦っていくと、体に負担がかかってしまい大きなけがをすることが必然とも言えるでしょう。

人物としては、現在のレスラーに対し批判的な態度をとることもありますが、自分のスタイルに合っているレスラーに対してはほめるようなことをしています。

また、胸の大きな女性が好きでグラビアアイドルなどには目がありません。

 

こちらの記事もよく読まれています

前田裕幸おすすめ~豪華客船や日本の遊覧船~

大投手の山本昌が持つ魅力

2015年にプロ野球を引退した山本昌

2015年にプロ野球を引退した山本昌は、チームの枠を越えて大投手で知られます。
現役引退時の年齢は50歳で、人生の節目とも言える切りの良いタイミングを選んでいます。
プロ野球界で50歳まで現役を続けてきたのは驚きですが、肩や肘が消耗品とされる投手で活躍してきたのも驚愕です。

しかも2軍や控え選手ではなく、1軍に拘り活躍してきたのが賞賛に値します。
長く1軍で活躍できた理由は、生まれ持った体つきだけでなく本人の継続的な努力にもあります。

また結果が求められるプロ野球の世界では、故障しない強さや回復力であったり、精神的な強さも求められます。
山本昌も他の投手と比べて例外ではなく、現役中に少なからず故障している一人です。

ただ選手生命を脅かす致命的な怪我はしなかったので、50歳まで続けることができたと考えられます。
現役生活32年間の内に手術回数はゼロですし、本人は仮に60歳まで投げてもメスは不要だと自負しているほどです。

ケアを念入りに行っているのかと思えば、アイシングはしたことがないと述べています。
プロ野球界の常識から外れているので、では生まれつき運動神経がずば抜けているのかといえば、小学生時代は体育の授業で平均点と普通です。

怪我をしないフォームを意識し続けた

大怪我を回避できた理由はいくつか考えられますが、一つは体を大きく使って、怪我をしないフォームを意識し続けたことです。
ピッチングの際もキャッチボールのステップも、大きく体を動かして無理に制限しない、これが山本昌がメスを不要としたヒントです。

一方では体に掛かるストレスを計算して、どう投げれば負担を減らせるか考えていたのもポイントです。
つまり単なる感覚頼りではなく、案外頭脳派で実践しながら自分に合った方法を獲得しています。

山本昌
出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/446145/

常に体の使い方を意識していた人なので、そこが他の投手とは異なる特徴だと結論付けられます。
このような独自の考え方は、通常だと常識外れで説得力がなく、誰にでも当てはまるものではないと思われがちです。

しかし山本昌は50歳までの現役生活と、現役中の大怪我なしで説得力を証明しています。
今後は指導者の道を進むということですから、野球界に新たな指導法を持ち込んでくれるものと期待できます。
現役中は最多勝を3回、ベストナインが2回に最優秀防御率や最多奪三振なども達成済みです。

32年もの間ほとんど休まずに出場してきた山本昌投手

これら多くの記録を残せたのは、やはり試合の出場回数が多かったのも一つの理由でしょう。
1984年にプロ野球界入りして以来、32年もの間ほとんど休まずに出場してきたので、記録が残せるチャンスが多かったのは当然です。

それでも素晴らしい記録の数々は、本人の継続的な努力があってこそだといえます。
2006年に史上最年長ノーヒットノーランを達成して、2008年には200勝達成と名実共に大投手です。
勝負球はキレのあるストレートで、名バッターが苦戦するスクリューも見どころでした。

カーブもスライダーも使い分けましたが、特にスクリューとカーブはキレの鋭さで定評です。
キレが良かったのは関節の骨格形状にあって、ここに恵まれた体の良さが現れています。

骨格のお陰でボールが上手く抜けたので、バッターからすると脅威の投手となったわけです。
山本昌の理解を深めるポイントは引退時と入団当初の体格差にもあります。

体重は32年の間に20kgアップで、胸板は厚く全体的に体が大きく見えます。
入団時も高身長と一回り大きい体格で注目されましたが、引退時には50歳とは思えない体の大きさになりました。
誰もが気になるトレーニングは、体が硬くなるのを防いで全身をバランス良く鍛える方針です。

お陰で怪我をするリスクを減らせたり、50歳でも若手に負けないピッチングができたと思われます。
記憶に残る大投手となれたのは、怪我をせず治療期間を必要としなかったことが大きいです。

山本昌といえば趣味の人としても有名

ただしその裏には、野球以外にも真剣に打ち込むプライベートの姿も大いに関係しています。
山本昌といえば趣味の人で、ラジコンや車それに甲虫集めでも一目置かれます。

趣味に共通しているのは徹底的に取り組む本気度と、心の底から楽しむという二点です。
その為ラジコンでは全日本大会に出場して入賞したり、高値で取引されるオオクワガタを最盛期に50頭も飼っていたこともあります。

甲虫集めの趣味は、現役時代にシーズン中の成績を理由にやめていますが、ラジコンは継続中で仕事にも繋がっています。
自身の名前を冠するテレビ番組を持っていますから、趣味も極めれば仕事に役立つのだと教えてくれているようです。

このように仕事でもプライベートでも魅力的な人は、プロ野球界のみならず、回りを見渡してもなかなかいないものです。
惹かれる部分は人によるでしょうが、誰が見ても素敵な部分に気が付けたり、羨ましく思える生き方をしている人物です。
引退後も現役時代と変わらずに動向が注目されるので、それだけ魅力が衰えない人だといえるでしょう。

 

【関連記事】
山本昌さんが東邦ガス株式会社 新イメージキャラクターに就任

建物の安全性を高める株式会社キーマン

調査から設計・工事までトータル対応

日本は地震や台風などの災害が多く発生する国ですから、建物の安全性・強度についてはしっかりと確保しておきたいものです。
建ててしまった後の建造物の耐震性を確認したい場合には、株式会社キーマンが要望に応えてくれます。

同社では現場での調査から設計・工事までトータルで引き受けてくれるのが特徴です。
橋梁など複雑で巨大な建造物で実績を上げてきた経験を活かし、地震対策のプロフェッショナルとして支持を集めてきました。
建物の劣化状況から設計応力計算、地盤の強度調査まで行えて、そのまま工事まで請け負ってくれるので、既存建築物の耐震化を考えている方にとっては大きな味方と言えます。


http://www.keyman.co.jp/より引用

まずは耐震性の診断ですが、同社では経験豊かなスタッフとしっかりとした機材を揃えており、目視での確認と機器での測定によって状態を分析するのが手法です。
隅々までチェックしてコンディションを調べて、見えない部分も機器で探っていきます。

目視調査では外装のひび割れや劣化を調査していくのですが、単にひびが入っている場合でも、実は原因は様々です。
水分の過剰蒸発や温暖の差による場合などもあるものの、中には施工不良で耐力が不足している場合や、鉄筋が錆びたせいで強度が落ちている可能性もあります。
ひびの入り方に特徴があるので、プロはそのような部分を観察しながら調査していくわけです。

ひび割れは放置すると致命傷に・・・

建物のひび割れは放置すると致命傷になりかねません。
例えば鉄筋コンクリート造の建物ならば、外装のコンクリートが鉄筋を錆びさせないように保護しているのですが、これにひびが入ってしまってしまうと、空気や水が鉄筋を腐食させる原因になりえます。
株式会社キーマンはそのようなリスクをしっかりと確かめてくれますし、そのまま修復や補強を考えられるので安心です。

劣化や強度を調べるための機器は、同社では複数を組み合わせて調査を行っています。
これによって確実性の高い診断ができるようになってくるので、複雑な建物でも強度計算を任せることが可能です。

コンクリートはアルカリ性を帯びているために、内部の鉄筋をサビから防ぐようにはなっているのですが、年月が経つと中性化してきます。
中性化したコンクリートでは内部の鉄筋を保護しきれませんから、その分は危険性が増してくるのです。
同社ではこの中性化がどの程度まで進んでいるかを専門的な機器を使って測定して、現状のコンディションを確認します。

コア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック

外部から見るだけでは判らないこともありますが、同社ではコア採取という方法も利用して深層部分の劣化もチェック可能です。
コア採取はコンクリートの見えない部分を確かめるのに役立つ方法で、一部をくりぬいてしまって状態を調べる方法となります。
普通なら隠れている部分を可視化してしまいますから、その分は確実性の高い検査が可能になるでしょう。

このような多彩な方法を駆使するので、正確に建物の状況を把握しやすくなっており、好結果を出し続けて実績に繋げてきました。
確かな診断力に加えて計算や設計も高品質なレベルを保持しているので、色々な建物を調査・工事することができます。
旧耐震基準の古い建物でも任せられますし、相当に難易度の高い建築物でも引き受けてくれる対応力の高さは魅力です。
一次診断から三次診断まで行えますから、幅広いケースで相談できます。

診断を終えたらどのような補強工事を行うのがベストかを、柔軟にプランニングできるのも特徴です。
高精度の設計はもちろんですが、使用収益をしながら施工を進めていったり、工期を短縮する方法などでも提案できるので、工事を考えやすくなります。
どうしても工事期間中に使用を中止できない場合でも、上手く切り抜ける方法を見つけてくれるでしょう。

耐震工事の実績も豊富なキーマン

工事については大規模建築物や特殊な建造物も任せられると言う、幅広く確かな施工力が長所です。
施工実績をあげると大型ショッピングセンターホテルのような高度な技術が必要な建物をはじめ、学校や庁舎のような公共建築物、集合住宅やテナントビルなどで成果を上げてきました。
土木分野では道路や橋脚、水道管での工事も行っており、土木・建築分野で高いスキルを誇っています。

また、工事に関して心配なのは施行中の騒音や粉塵などですが、株式会社キーマンはこのような部分に配慮しながら作業をすすめるので、依頼主から喜びの声が多数届いています。
工事ですから音やホコリはどうしても出てしまうのですが、それがトラブルに繋がるかつながらないかは、施行者の心配りの影響が小さくはありません。
騒音レベルを気にしながら作業したり、現場で出会った人にきちんと挨拶をする点などで、高評価を得ています。

株式会社キーマンの本社は大阪で東京に支店を展開しており、近畿地方や首都圏での依頼が行いやすいです。
関連する法律にも詳しいので補助金の適用などもサポートしてくれるので、耐震化工事を考えている場合には、確かめてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

株式会社キーマンの企業情報

疲れたときはマッサージ

疲れている現代人

仕事で忙しい日々が続いていると、どうしても疲れが溜まりやすくなるものです。

若いうちは、疲れていても無理することができますが、年齢が上がるにつれて無理することができなくなります。

そのようなときは、疲れを上手に取る方法を知っておくことが大切です。

疲れが溜まったまま仕事に励もうとしても、なかなか良い結果を出すことはできません。

それどころか、ミスを連発してしまったり、信頼を失ってしまったりする可能性もあります。

少しでも早い段階で疲れを取ることができれば、また新しい気持ちで仕事に打ち込めるようになり、良い方向に進んでいくのです。

好きなことをして疲れを取り除く

疲れを取り去る方法は、1つに限られているわけではありません。

人によって、疲れの取り方は異なっています。

歌を歌うことが好きな人なら、休みの日にカラオケで思い切り歌うことが効果的です。

お酒にはまっている人なら、さまざまな種類のお酒を堪能することで快適な気持ちになることができます。

ただ、カラオケやお酒というのは、疲れを取り去る効果が期待できる反面、逆に疲れが溜まる原因になってしまうこともあるため、やりすぎには注意する必要があるのです。

本当の意味で疲れを取りたいのであれば、もっとリラックスできる方法を考えなければなりません。

マッサージは内面にもたらす効果もある

カラオケ、お酒といった趣味の世界は、どうしても人を選びます。

好きではないのに歌ったりお酒を飲んだりすれば、疲れが取れないどころか、ストレスが溜まる一方になり、ますます嫌な気持ちになってしまいます。

多くの人にとってリラックスできる方法として挙げられるのは、やはりマッサージです。

マッサージというと、身体的な疲れに効果があるイメージが強いですが、実は精神的な面にも作用します。

しっかりと身体的な疲れを取り去ることができれば、精神的な安定にもつながるのです。

身体的な面と精神的な面の双方に気を配るようにすることが、毎日の生活を安定させることに結びつきます。

力任せに揉んでもダメ

マッサージは、やみくもに身体を揉んだりするだけの方法ではありません。

慣れていないと、とにかく揉むようにすればよいと思われがちですが、適切な力加減で揉むように気をつけていないと、逆に身体を傷めてしまう可能性もあるのです。

初めての場合、自分でやろうとするのではなく、専門の店舗に足を運び、技術のあるスタッフにやってもらうことが大切だといえます。

何度も取り組むうちに、力の入れ方などが分かるようになります。

マッサージ店選びがとても大切

マッサージをやってもらいたいと考える人が増えてきたことで、店舗数も激増しています。

店舗数が多い業界といえばコンビニエンスストアが挙げられますが、コンビニエンスストアを上回る店舗数を誇っているのです。

店舗数が多ければ多いほど、いつでも通うことができるメリットにつながるわけですが、それだけ自分に合っている店舗を選ぶのが難しくなっているともいえます。

どの店舗に通っても同じ効果が得られるのかというと、そのようなことは決してありません。

店舗によって、得られる効果には大きな違いがあるのです。

したがって、最初の店舗選びを間違えないようにすることが、疲れを効果的に取ることにつながるのだといえます。

店舗によって施術内容はまったく違う

また、一口にマッサージといっても、全ての店舗が同じような施術をしているわけではありません。

実は、さまざまな種類の店舗があるのです。

それぞれの店舗の違い・共通点などを知っておかないと、店舗選びをすることが難しくなってしまいます。

たとえば、腰痛や肩こりなどの具体的な症状を緩和させるようなサービスを提供している店舗があります。

このような店舗では、電気を用いた施術などを行っているのが特徴です。

じっくりと通うことで、腰痛や肩こりなどの悩みを軽減させる効果が期待できます。

ただし、医療機関で治療を受けるのとは異なるものなので、病気を治すものではありません。

痛みが強くて辛いときは、医療機関を受診することが不可欠です。

疲れを取り去るという観点からは、リラクゼーションサロンのような店舗が適しています。

リラクゼーションサロンでは、アロマを活用した施術を行っていて、リラックスできるサービスを提供しているのが特徴です。

リラックスできるという点がポイントなので、痛みや苦痛から解放されることを求めている人には向いていません。

あくまでも、アロマなどで快適な気持ちになりたい人が通う場だといえます。

出典元:新宿 マッサージ

料金体系が明確になっているかどうか

通う店舗を決める際は、料金体系が明確になっているかどうかにも気を配らなければなりません。

店舗によっては、最終的な総額がいくらになるのかが分かりにくく、施術を受けてから驚かされるケースもあるのです。

せっかくマッサージを受けて気持ちよくなったのに、料金面で納得できず、嫌な気持ちで終わるというのでは本末転倒になってしまいます。

事前にウェブサイトを見たり、店舗に問い合わせたりして、金額を確実に把握しておくことが大切です。

料金体系が明白な店舗は、サービス内容も良質なことが多いものです。

電気料金上昇の理由と節約の知恵

日本の電気料金の特徴

日本の電気料金は外からの影響を受けて、右肩上がりに徐々に上昇しているのが特徴です。

上昇の理由はいくつかありますが、一番影響力の強いものには発電に必要な燃料費の高騰が挙げられます。

燃料費が発生するのは石炭や石油など、化石燃料を燃やす火力発電に分類される発電方法が該当します。

また天然ガス発電の割合も決して小さくありませんから、これらの燃料費が上がれば当然ながら電気代の単価に反映されます。

日本では原子力や太陽光に風力といった、比較的クリーンな発電方法も採り入れられています。

原子力は安全面の確保などにコストは掛かりますが、燃料費自体は殆ど掛からないので電気料金の安定化に役立ちます。

勿論使用済み燃料の処理や老朽化した発電施設の解体など、別の部分でコストが発生するのは当然です。

継続的に発生する燃料費という点においては、他の発電方法と比べて遜色がないか、それ以上のコストパフォーマンスが実現します。

クリーンエネルギーについて

太陽光や風力発電は燃料を必要とせず、燃焼ガスが発生しないことからクリーンエネルギーと呼ばれています。

発電をする為に燃やす物自体が不要ですから、燃料費が掛からずランニングコストが低いのは当たり前です。

ただ発電方法の割合的には少数派なので、電気料金を維持したり押し下げる効果は限定的だといえます。

日本は化石燃料で発電する発電所の割合が多めということもあって、燃料費の高騰がもろに直撃します。

逆に燃料費が下がる場合は負担が減りますが、燃料費に影響を与える世界情勢に振り回されやすいのは難点です。

電力会社も防衛策は考えていて、燃料費の変動によって損益が悪化しないように備えています。

所が一企業が行える防衛にも限界はあり、高騰した燃料費の上昇分が企業内で吸収できなければ、いよいよ消費者が負担する電気代に影響し始めます。

日本において電気はほぼ全ての人が使っているので、仮に電気代が上がるとしても一人あたりの負担増は僅かです。

ただしこれが頻繁に起これば話は別で、少しずつ侵食するように家計に影響を与えるものと思われます。

クリーンエネルギーは環境負荷が小さく、燃料を消費しないので経済面でも期待されています。

反対に発電設備一基あたりの発電量が限られますから、発電効率が高まらない限り、既存の発電施設の代替にはならないでしょう。

原子力発電は最も発電効率が優れている上に、燃料を継続的に買う必要がないので理想的な発電方法です。

しかし安全上のリスクが潜んでいるので、原子力だけに頼り切ったり全てをこの方式に置き換えるのは困難です。

少しずつ増やすにしても、将来的な安全の保証や地元住民の理解など、複数の超えなければいけないハードルがあります。

電力会社の努力には引き続き期待したい所ですが、一方的な相手任せで電気料金の据え置きを期待するのは無理筋です。

例えば引き上げの予定がニュースで報じられた場合は、家計の防衛策として節約を心掛けることをおすすめします。

電気は使った分だけ費用が発生しますから、使用量を減らして電気代を抑えるのが現実的です。

冷暖房の性質を理解して省エネへ

冷暖房は消費電力が大きいだけでなく、設定温度で使用量が上下する性質があります。

つまり温度設定を緩めに設定することで、冷暖房器具の負担が減って消費電力が減少します。

照明は一つあたりの消費電力こそ小さいですが、家中の照明ともなれば馬鹿にできません。

蛍光灯や電球の色温度を下げると暖色系になるものの、目に優しく消費電力も下がるのでおすすめです。

白熱灯をLEDに変更するのも効果的ですが、時間帯に応じて明るさを一段下げるのもありです。

案外冷蔵庫の開け閉めも電力消費量を増やすので、長時間開けっ放しにしない、あるいは開ける頻度を減らすといった工夫が大切です。

庫内の温度設定を見直すのも、電気料金の節約を実現する為には必要となります。

テレビは年齢を問わずに使える情報源で、家庭の娯楽の中心ともいえる家電です。

液晶の普及と技術の進歩で消費電力は抑えられていますが、それでも大画面化によって削減分が相殺されています。

一度見始めると長時間連続して見てしまうのがテレビの特徴ですから、ダラダラと見続けないように気を付けるのが節約のコツです。

具体的には時間を決めて視聴を始めたり、休憩を挟んでメリハリを付けるのも効果的です。

テレビの電源はオン状態の時間が電気代に響くので、そう考えると節約しようというモチベーションが高まるはずです。

見る番組は録画したものだけと決めておいて、視聴時間を管理するのも一つのアイディアです。

未使用時にコンセントを抜いたり、スイッチ付きのタップをオフにして待機電力を減らす方法もありますが、これは効果が限定的なので優先順位は低めです。

それでも節約の後押しとなってくれるので、家電の使い方を見直してから採り入れる方法としてはありでしょう。

また、ネオコーポレーションでおなじみの電子ブレーカーを導入するという選択肢もあります。

電気料金の上昇は避けるのが難しく、一つの工夫で解決できるほど簡単ではありません。

電力会社の企業努力にも限界がありますから、家庭の側と家族の一人一人が努力して節約することが求められます。

 

ネオコーポレーション電子ブレーカー

訪問医療マッサージを行なう目的とメリット

高齢化が進む中、厚労省が在宅医療、在宅介護を推進していることもあって、看護・介護が必要な人の面倒を家族が見るということが増えてきています。
そこで問題になるのは、面倒を見る家族の手に余るようになり、リハビリなどをする余裕がなく、寝たきりになり起き上がることが出来なくなってしまうことです。

本来であれば、病院などで行なうリハビリや、散歩に連れていかなければいけないのですが、食事や排泄介助、入浴などをやっていると、疲れて切ってそういことをする体力など残るはずがありません。

そこで訪問医療マッサージの出番です。
訪問医療マッサージは医師の同意を受けて、国家資格を持つ按摩マッサージ指圧師や鍼灸師などが自宅まで趣、リハビリをしなければいけない箇所に医療マッサージを施して、症状の改善などを目指すものです。

こちら→http://leafmassage-sano.com/

これならば、家の外に看護や介護を受ける人を連れて行く必要はないので、家族の負担は格段に減らせます。
それに医療マッサージをしていくことで、介護や看護を受ける人が、出来ることが増えてきます。

寝たきりで、何もかも家族に任せきりという状態になってしまうと、何を楽しみに一日を過ごすのかということになりますが、少しでも作業をすることが出来る、歩くことが出来るということになれば、本人の生きがいをつくりだすことになります。

病は気からというという言葉がありますが、なんでもよいので生きがいを見つけることが出来れば、体の調子は良くなっていくことは珍しいことではありません。
訪問医療マッサージを受ける事ができるというのは、そのきっかけになりえるのです。

ただ、体が動くようになるということは素晴らしいことですが、介護・看護の現場では経済的な問題で悩む人は少なくありません。
訪問医療マッサージの場合には、その負担はどうなるのかというと、医療保険の適用対象となるので、自己負担率は1割から3割ということになります。

すでに介護保険の限度額まで使ってしまい、家計に余裕がないという世帯でも、1回あたり数百円の範囲で収まりますから、気軽に頼むことが出来ます。

それに、障害の程度が重い方の医療マッサージであれば、住んでいるところの自治体で助成を受けられることもあります。
助成が適用されれば、自己負担なしで頼める、というところもありますから、さらに経済的な負担が軽減されます。

興味を持ったならば、担当のケアマネージャーに相談をしてみれば、説明や対応してくれる業者の紹介をしてくれます。

村上豊彦さんのような個性的俳優は舞台出身者が多い

村上豊彦さんのような舞台出身の俳優について

ドラマや映画には、主役の他に、ストーリーで重要な役割を与えられているポジションがあります。

そのポジションを勤めるのは、村上豊彦さんのような個性的俳優の人が多く、実は彼らは舞台出身者が多いことが注目されています。

一般的に俳優や女優として活動をしたいと考えたときは、芸能事務所に所属することになりますが、芸能事務所では定期的なものとスカウトなどの不定期なものでオーディションを行っています。

オーディションや面接を行い、芸能事務所のスタッフが光るものがあると感じたら、芸能事務所に所属することになります。

もちろん芸能事務所に所属したからといってすぐに仕事があるわけではなく、事務所がとってきた仕事以外に、ドラマや映画のオーディションが行われるという情報を芸能事務所から知ったら、自分で出かけていって仕事を勝ち取らなければなりません。

自分一人で努力をするのではなく、芸能事務所のサポートがあるので心強いというメリットがあります。

一方で、個性的俳優と呼ばれる人たちは、芸能界で活躍したいというよりも、芝居をしたいと感じて、結果的に芸能界で活躍することが多くなっています。

村上豊彦さんが語る大変な舞台俳優の仕事

すぐに芸能事務所に所属するのではなく、大学や地元の劇団などに所属して、そこで芽が出れば少しずつ大きくて有名な劇団に引っ張られるようになります。

テレビ局の関係者や芸能事務所のスタッフが、劇団から新しいスターが出ないだろうかと頻繁にチェックしていますから、劇団に入って目立つ存在になれば、スカウトされることになります。

すぐに芸能事務所に所属しなくても、フリーという形でテレビや映画に出演することがありますが、その時にも活動拠点としてドラマや映画よりも、舞台を優先させることが多くなっています。

舞台で大きなファンを得た俳優の場合、テレビに出演して、それほど目立つ役柄を与えられたわけでもないのに、自然と視聴者の目がとまる傾向があります。

その理由として、ドラマや映画では撮り直しをすることができますし、大げさな縁起をする必要がありません。


※舞台俳優の村上豊彦さんの写真

一方で舞台で演じる場合は、手前だけでなく後ろの席に座っている観客にまで、声だけでなく表情を伝えるために、かなり大きな声を出してオーバーとも感じられるような演技をすることが求められています。

そして何といっても舞台で演じるときには、やり直しというものが出来ず、常に本番ですから失敗することが許されません。

かなり緊張感がある中で、全てを演じ終えなければなりませんから、それだけ演技に集中することができるので、高い演技力を身に付けることができます。

そして舞台というのは、1日講演ではなく、数日間から数ヶ月にわたって続くものですから、体調管理を欠かすことができないのでプロ意識を持つということにつながります。

舞台スタッフに必要な素質を村上豊彦さんに聞く

劇団の中には、それほど経済的に余裕のない場合もありますから、裏方スタッフと協力して作品を作り上げていくことになります。

その場合は、人間関係を円滑に進ませるために協調性が必要になりますし、先輩や後輩との上手な接し方が必要になります。

舞台に出演している間、社会で上手に生きていくために必要なことを沢山学べる機会があり、それを身に付けて、芸能界にデビューすることによって、芸能界でもスタッフとすぐに仲良くなれたり、同じ俳優や女優とも交流が深くなります。

そのため個性的俳優と呼ばれる人たちは、芸能界でも友達が多く、スタッフに愛されている人が多いといえます。

仕事は仕事として割り切るところも必要ですが、人間は生き物ですから情に流されることもあるため、多くのスタッフから愛される俳優は、それだけ仕事も多くなります。

それに、以前は主役というのはイケメンでなければ俳優になれず、美人でなければ女優になれないという傾向がありましたが、さいきんは作品の内容に多様化が生まれたことも、個性的俳優が人気を出るきっかけになったといえます。

同じようなストーリーでは視聴者が飽きてしまうと感じるのは当然ですが、いつも同じようなストーリーでもわきを固める個性的な俳優がいれば、それだけで話の幅が広がることになります。

舞台で鍛えられた演技力は本物ですから、様々な役柄を振り当てられても自分のものとして消化できることから、重宝される存在だといえます。

また、今ではイケメンだから好き、美人だから好きというのではなく、個性や中身を大事にしたいと考える人が増えて、多様性が生まれてきたことも個性的俳優が人気を高めることになったといえます。

特に個性的俳優のファンは、舞台に出演していた時からの根強いファンで、何があっても応援してくれるという心強いファンが多いです。

そのため一時的にテレビや映画に出演しなくなっても、舞台に出演しているのを応援してくれるという心が広いところがあります。

それが結果的に、息が長く、多くの人に愛される俳優や女優になっていくのだといえます。

そして本物の演技力があるという自信があるからこそ、ゆるぎなく俳優としての活動を続けていくことができます。

スマモバは様々なニーズに応じたプランを用意している

格安SIMのサービスを提供するスマモバ

スマモバは格安SIMのサービスを提供する業界で初めて、特定の時間帯に限りLTEによる高速通信が通信容量無制限で使うことができるプランを提供しています。

参考→https://simchange.jp/tag/smamoba/

そのため、常にLTEの高速通信が使える状態にするより安い費用で高速通信ができるというメリットがあります。

そして、格安SIMとスマートフォンのセットだけでなくルーターや、タブレットと格安SIMのセット割引を提供しているという特徴もあります。

スマモバで提供しているプランはLTEの高速通信が利用できる通信容量が1ギガバイトのプランや、5ギガバイトのプラン、LTEの高速通信の通信容量が無制限のプランだけでなく、シンプルバリュープランや、プレミアムプラン、ナイトプランという特徴的なプランも提供しています。

ただし、シンプルバリュープランは、格安SIMに格安のスマートフォンをセットで購入した場合にだけ適用されるプランになっているため注意する必要があります。

中でもプレミアムプランや、ナイトプランはあまりインターネットを利用しない時間帯の通信スピードを抑えることによって安く抑えた通信費用で高速通信を使い放題で使うことが可能な、スマモバのオリジナリティが色濃く出た、とても魅力的なプランであるということができます。

スマモバのスマートリッチ25

そして、スマモバは、タブレット端末を利用していた人向けに用意していたLTEの高速通信が7ギガバイトまで利用できるプランの新規申し込みを締め切った代わりに新たにスマートリッチ25というプランが用意されています。

スマートリッチ25プランは、LTEを使い放題にできるプランではないのですが、1ヶ月間に25ギガバイトも高速通信を利用できるという魅力的なプラン内容になっています。

シンプルバリュープランは、格安のスマートフォンと、音声通話に対応している格安SIMがセットになっているプランとなっています。

シンプルバリュープランは、通信にかかる費用をとにかく安く抑えたい方に適しているプラン内容となっていてLTE
による高速通信を利用することはできませんが、音声による通話だけでなくSMSなどといった一般的な機能については全て使うことができるため、LINEや、電話を頻繁に使う人に適しているプランとなっています。

ちなみにシンプルバリュープランの月額料金は1,480円の通信料金と、500円のスマートフォン本体の分割料金を合計した1,980円となっていて非常に安いです。

しかも、スマートフォン本体の分割料金を支払い終えれば月額1,480円でスマートフォンを使うことができます。