ローベッドのメリット

ローベッドとは、フロアベッドとも呼ばれ、脚や台の部分がないことで通常よりも高さの低いベッドのことです。

高さがないことで部屋全体が広く見えて開放的で、おしゃれ感を演出できるうえに、パーツが少ないことで安価な製品も多く、廃棄するときの費用も抑えられますし、通気性もよく組み立ても簡単です。

 

ローベッドの形状について

形状は大きく分けてステージ型と囲み型に分かれますが、マットレスをフレームの上に載せたのがステージ型で、よりデザイン性が高く、高級な製品が多くなっています。

すのこを使用することで木目の美しさがひきたち、北欧スタイルのシンプルなもの、西海岸のインテリアをコンセプトにデザインされたもの、アジアのビーチリゾートホテルのベッドをイメージにデザインされたものなどがそろっています。

囲み型は、高級感あふれる美しいフォルムで大人の空間を演出するとともに機能性にも優れていますし、マットレスとベッドフレームが分離していますので、フレームの寝心地の悪さを感じることがありません。

ベッドと言うと洋室のイメージもありますが、和室にピッタリのデザインも用意されています。

 

ローベッドのデメリットや注意点

デメリットとしては、ベッドの下に衣装ケースを入れるなど収納スペースとして使ってきた人には、その使い方はできません。

床と近いことで湿気が溜まりやすく、換気をしっかりしないとカビが生えやすかったりもします。

特にマンションは気密性が高いので注意が必要です。

安価な商品の中には木に似せたメラニン樹脂やプリント合板を使用したものもあり、天然木のナチュラル感とは違います。

日本人はもともと床に布団を敷いて寝ていましたが、通気性が悪かったり、ホコリを吸い込みやすかったり、床の冷気で体が冷えるなどの健康的な問題もあります。

高齢になって足腰が悪くなると起床時に立ち上がるのも困難です。

 

カーサヒルズのローベッドはおすすめ

ベッドの生活ですと通気性もよく、掃除もしやすいことでハウスダストやホコリからお子さんを守ることにもなりますが、なかでもローベッドですと室内の圧迫感もなく、就寝時の転落などの事故の心配もありません。

カーサヒルズのローベッドは魅力的な種類が豊富に用意されていますので、生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

参考:ダブルサイズのローベッドやダブルベッドの通販はCASA HILS

マットレスの種類も多く、純国産の製品もそろっています。

通気性がよく、ホコリを感じにくく、普通のベッドよりも夏は涼しく、ベッドの段差によるケガをしにくいローベッドは、日本の住宅事情を考えると一番合っているとも言えます。

 

Looopでんきの特徴で選ぶべき理由

Looopでんきの特徴

電力の自由化に伴い、様々な電気会社が新規参入してきています。

当然のことながら、各社とも従来の電気料金よりも安い料金設定をしてきており、これは消費者にとっては嬉しいかぎりです。

一時不安視されていた電力供給の安定性という点でも、特に大きな問題は起こっていないようです。

そのために新電力会社に新規加入する人がどんどん増えている状況となっています。

しかし、あまりにも多くの新電力会社が乱立しているために、いったいどこの会社を選べば良いのか迷ってしまうという方も少なくないようです。

このような状況の中にあって注目されているのがLooopでんきです。

なぜ注目されているのかといえば、Looopでんきには他の新電力会社にはない様々な特徴と利用料金の安さ、そして優れた安定性などがあるからです。

参考:Looopでんきに切り替えてみた!【その4:供給開始編】

 

1,基本料金がゼロ円

まず他にはない特徴についてですが、なんと基本料金がゼロ円なのです。

これが最大の特徴と言っても良いでしょう。

料金は電気を使った分だけ発生します。

普段、仕事などで家を空けることが多い方であればかなりお得になりますし、普通のご家庭でも、十分メリットがあります。

ちなみに、電力使用料金はエリアによって異なります。

最も安いのは北陸電力で、21.3円(税込)/kWhとなっています。

東京電力は26.4円(税込)/kWh、関西電力は22.4円(税込)/kWhです。

公式サイトからシミュレーションを行うことができるので、どれくらいお得になるのか確かめてみると良いでしょう。

Looopでんきが提供するサービスには、一般家庭向けの「おうちプラン」と、事務所や商店向けの「ビジネスプラン」の2つのプランが用意されていますが、たとえば3人家族で月々約15,000円の電気代が発生していたご家庭の場合、「おうちプラン」に加入することで月々約1,300円お得になり、年間16,000円の節約が可能となります。

また、月々約67,000円の電気代が発生していた飲食店の場合、「ビジネスプラン」に加入することで、月々約7,000円お得になり、年間約60,000円の節約となります。

この節約効果は決して小さいとは言えないでしょう。

何もしなければそのまま何も変わりませんが、Looopでんきに切り替えるだけで、これだけ電気代が安くなるのならば真剣に考える人も多いのではないでしょうか。

 

2,安心の実績

Looopでんきの二つ目の特徴は、安心の実績があることです。

新興会社は実績という点で不安があります。

実績が乏しいからといって信用できないというわけではありませんが、やはり電気は生活に欠かせないものですから会社のネームバリューによる安心感が大きいのです。

この点において、2015年の事業開始以降契約数は着実に増え続けており、2018年12月末時点で高圧では全国で約2,800施設と契約を結んでおり、低圧では延べ150,000件超えの契約となっています。

しかも前年比に対して100%以上の伸び率となっています。

これは、多くの利用者からそれだけ高く評価されるようになってきたということの表れと考えることができるでしょう。

 

3,電力の安定供給を確保

さらに、Looopでんきの特徴として、電力の安定供給を確保していることを挙げることができるでしょう。

新電力に切り替えたとしても、それによって今までよりも停電が増えたり、電力の供給が不安定になったりという心配は一切ありません。

電力の確保に関しては、Looopが契約している発電所及び一般電気事業者/JEPXの2か所から安定的に電力を得ており、それを電力会社の送電網を使って各お客さんのところまで届けています。

そのため電気の品質や信頼性という点については、今まで通り安心して利用することができるのです。

せっかく電力が自由化されているのに、従来からの大手電力会社のままでいる人も大勢います。

しかし、これではせっかくのチャンスをみすみす大無しにしているようなものです。

発電も供給も同じ会社が牛耳っていたために、同エリアで競合する電力会社が存在せず、これが電気代の高さにつながっていました。

そして電気代の値上げについても、電力会社の言われるままが当たりまえでした。

これが電力自由化によって大きく様変わりしようとしているわけです。

 

まとめ

すでに切り替えて、電気代が安くなったことを喜んでいる人や会社もあれば、全く変わらない人もいます。

少しでも早く切り替えれば、それだけお得ですので、真剣に考えてみることをおすすめします。

ところでよくある質問に、もし新電力の事業が何らかの事情で継続困難となってしまったらどうなるのかと不安になる方があるようです。

結論から言えば、それによって停電になる心配はありません。

それは従来の一般送配電事業者(東京電力など)がセーフティネットとして機能することを義務付けられているためです。

万一、新電力会社が倒産するようなことがあった場合は、その新電力に代わって一般送配電事業者が電気を供給するので心配はありません。

 

枕の選び方のポイントを確認しよう

睡眠の質が低下している可能性も・・

目覚めた時に首の調子がいまいちだったり、肩が凝っているように感じたりする人もいるのではないでしょうか。

単に疲れが溜まっていることが原因の場合もありますが、枕の選び方が悪いために、睡眠の質が低下している可能性も考えられます。

自分自身、首の痛みを感じることが多い時期があり、枕に原因があると考えて改めてみたところ、すっきりと目覚められるようになりました。

意外と寝具が良くないケースはありがちなようですので、一度、今使っている物が本当に体に合っているのか考えてみましょう。

参考→おすすめ!自分に合った枕の選び方

 

⒈高さが適切であること

選び方のポイントですが、まずは高さが適切であることが大切です。

好みによるところもありますので一概にベストを導き出すことはできないのですが、一般的に良いとされている高さは、立った時の姿勢と同じカーブを描けるかことです。

人間の立ち姿勢は、横から見るとS字のカーブを描いており、その姿勢のままで眠れた方が体に優しいとされています。

逆に高過ぎて首が前に出たり、低過ぎて頭が沈んでしまったりすると、首への負担が増大してしまいますので注意しましょう。

また、高さが合っていないと、首元にシワができやすくなる、頭に血がのぼり熟睡をしにくくなるなどの欠点もあります。

高さがマッチする物を選ぶには基本的には実際に横になってみることが大切です。

体型や体重などによって合う合わないがあるため、できるだけ店頭で確認をしてみた方が安心と言えます。

ネット通販で買う人も増えていますが、その場合もきちんと高さを確認しながらチョイスした方が失敗をしにくくなるでしょう。

 

⒉枕自体の形状も大切

枕自体の形状も選択をする上での重要ポイントです。

ホテルなどで使われているスタンダードなタイプもあれば、真ん中がへこんでいるタイプや首元をしっかりと支えられるタイプもあります。

首や肩が痛く感じる場合は、中心がへこんでいるデザイン、あるいは首元を支えられるウェーブデザインの物をチョイスするのが良いかもしれません。

首の部分がふっくらと盛り上がっていますので、寝ている時にもサポートを感じやすく、首が浮き上がった状態になることを防止してくれます。

慣れない内は固定されてしまうような感覚で、使いにくく感じられるかもしれませんが、慣れてくるとしっかりとした寝心地を感じられ安眠も得やすくなります。

なお、枕は長期的に使用しているとへたってきますので注意も必要です。

気がついたらぺたんこになっており、知らない内に首への負担が掛かりやすくなっていることも考えられます。

定期的に買い直すなり、中に詰め物をしてふっくらとさせるなりの対処が必要ですので、寝心地が悪くなってきた時などには、そろそろ枕を見直すタイミングと考えてみると良いでしょう。

 

⒊素材に気を配って選択をする

素材に気を配って選択をすることも大切です。

綿やパイプ、そばがらなどの種類があり、素材も寝心地に影響する大事な要素です。

各素材によって色々な特徴があるのですが、例えば綿タイプですとふっくらとした寝心地を感じることができ、頭にソフトにフィットさせることができます。

ホテルのような寝心地を自宅でも感じたい人に良いかもしれません。

ただ、しばらく使うとへたってきたり、中にホコリを溜め込みやすかったりしますので気を付けたいところです。

パイプタイプはストローを細かく切ったような詰め物が沢山されているのが特徴的です。

良いところは形状が自在に変形することで、首をしっかりと支える働きがある点と言えます。

また、通気性が良いために清潔な状態を保ちやすいですし、へたってきた時には詰め物をすることでふっくらとさせることが可能です。

一方、しっかりめの寝心地となるため、ソフトな感触を好む人ですと合わなく感じられるかもしれません。

また、パイプが沢山詰め込まれていますので、それが動く時にガサガサとした音を発生させ、人によっては気になってしまうこともあるでしょう。

古くからあるそばがらの魅力は、通気性や放熱性に優れることで、快適に使いやすいという点が挙げられます。

しっかりとした寝心地もあるため、かたい感触を好む人にもおすすめと言えます。

気になる点としては長く使っていると潰れて粉が出てくるほか、湿気により虫が湧いてしまう可能性があることです。

定期的な買い替えや適切な使用をすれば問題はありませんが、こういった短所があることも知っておきましょう。

その他にもいくつかの素材がありますが、こんな風にそれぞれによって良し悪しがあります。

 

まとめ

自分にマッチする物を選択できればいずれも快適に使用でき、首などの痛みも軽減できますが、逆に合わない物を無理に使うと不調の原因となってしまいます。

もしも首や肩の痛みが気になる場合はパイプタイプを選ぶのが良いかもしれません。

しっかりとした寝心地がありながらも、適度な弾力性もありますので首元も支えやすいはずです。

中身の量を調整することも可能なため、各自にとってちょうど良い高さにできるのも魅力と言えます。

前田裕幸氏監修!企業が設けている夏休みと過ごし方

1)業種によっても違う企業の夏休み

夏休みといえば学校を中心に設けられるイメージですが、実は企業でも特定の期間に設定するケースがあります。

法的にはいわゆる特別休暇、非法定休暇に分類されるもので、日本だと8月15日を中心に夏期休暇が設けられることが少なくないといえます。

理由は様々ですが、主な理由としてはお墓参りを行うお盆で、この期間に合わせて休暇が設定されやすい傾向です。

勿論、日にちや期間に絶対的な条件はありませんから、会社によっては早めに休みに入ったり、逆に遅い代わりに期間を長くしたりします。

また理由もお盆だけでなく、社員のリフレッシュという明快な目的で休みにする場合もあります。

交代制や特殊な業務を行う企業だと、まとめて休暇を取るのが難しく、会社としても夏休みの設定が困難だったりすると社長の前田 裕幸は言います。

しかし、そこは上手く調整することで、日にちをずらしつつ何とか全員分の休みを確保する会社も存在しています。

一方では、会社の都合で休暇を設けたり、社員を休ませるケースもあります。

電力需要が高まる夏期は、製造業にとって安定した操業が難しくなる季節なので、生産数を減らすなどしてわざと抑え気味に操業したりします。

これを夏期電力休暇などといい、お盆休みとは別々に設けられることもあるほどです。

 

2)まとまった休暇を有効活用しよう

どのように休みを組むかは、会社側の都合が大きく関わるので、皆一様に休みにするというのは困難です。

ただ、夏の書き入れ時がある業種では、6月頃に早めの休みを取らせたり、反対に落ち着いてから9月以降にまとまった休みがある会社も存在します。

テレビやラジオのような特殊な中でも特に特殊な業種だと、司会者が一定期間の夏休みを取り、代役がその間を務めるといった光景が見られます。

厳密にいうと、アナウンサーは企業に雇用されていますが、フリーの司会者などは別契約なので、正しくは会社による休みではないです。

それでも、普段は毎日のように番組に出演しているので、季節休みの交渉が行いやすく、結果としてまとめて休みが取れると考えられます。

一般的な会社に勤めるサラリーマンは、交渉して会社が用意する以上の休みを取るのは難しく、一定期間を超えれば有給休暇扱いになったりします。

これがアルバイトだと、雇い主と直接的に交渉を行い、夏休みをもらうといった形になります。

ただし、やはり夏が書き入れ時になる業種だと交渉のハードルは高く、認めてもらえないことも少なくないです。

気温が上がる夏は海で遊びたい、そういう人が増える季節ですが、書き入れ時を狙ってアルバイトに励む人達もいます。

つまり、誰もが夏だから休むとは限らず、企業や人の都合によって休まないこともあるわけです。

海外に目を向けてみると、アメリカでは6月にはもう休みが始まり、1ヶ月以上もの間バカンスに出掛ける家庭もあります。

実際のところは州によってかなり違いますし、各家庭の経済的な事情もあるので、全ての人がリゾート地でのんびり過ごすわけではないです。

アメリカは学校の休みが長いので、それに合わせて保護者も休みを取ったり、アウトドアを楽しむなどして過ごすことが多いです。

勤めている企業に夏休みがある場合は、まとまった休みを貴重な期間と考え、有効に活用することをおすすめします。

 

3)有意義な時間の過ごし方を考える

家でダラダラと過ごすのもありですが、普段行けない場所に出向いたり、何か体験をしてみるのが良いでしょう。

ご当地グルメ巡りも1つの選択肢ですし、アウトドアだけでなく、インドアの体験機会に挑戦するのもありです。

夏休みの目的に決まりはありませんが、日頃の仕事や悩みを一時的に忘れて脇に置いたり、リフレッシュして活力を回復することは大切です。

非日常を楽しんで気持ちを新たに仕事に励む、というように言い換えることもできます。

子供の頃のように、純粋に物事を楽しむのは難しいとしても、普段とは違うことをして過ごす意味や価値は大きいです。

家族がいる人だと家族サービスをすることになりますが、それも働いている企業に縛られない、自由な過ごし方ができるのは確かです。

何をするかは自由なので、この自由が悩みの種になることもあり得ますが、自分のやりたいことを探したり見つける時間が持てるのは幸せです。

疎遠になっている人と会う、お世話になった人の元を訪れて感謝の気持ちを伝えるなど、有意義な時間の使い方はいくつもあります。

1日や2日の休日ならできないことでも、更に長い期間が確保できれば、可能性が広がって選択肢は増えます。

時間を気にせずに散歩したり、普段は歩かない道を進んでみるのも、貴重な体験ができる良い機会です。

結果的にリフレッシュできたり満足感が得られることなら、何をしても構わないといえるでしょう。

積んでいるゲームや映画を消化するのも良いですが、夏に取れる折角の休暇なら、夏らしいことをして過ごすのがおすすめです。

地域のお祭に出掛けてみる手もありますし、日頃の疲れで億劫になっている人も思い切って外出してみると、それだけで夏が楽しめるはずです。

ディアライフがバンコクの家探しをサポートしてくれる

1.ディアライフはバンコクで部屋探しをしたい人に最適な不動産会社

家探しは地域にマッチした方法で進めていく必要があり、バンコクならばバンコクに精通した不動産会社を探すことがポイントになります。

ディアライフはバンコクで部屋探しをしたい人に最適な不動産会社で、エリアや賃料を絞って検索ができます。

どこに住むかは重要なポイントになりますから、ここは十分にこだわってください。

部屋がどんなに便利であっても、周辺アクセスに問題があるだけで不便に感じるはずです。

日々の生活をできるだけ詳しくイメージすることが、快適な住まいを見つけるコツになります。

実際に部屋を見つけたけど、住んでみたら不便に感じたという話は少なくありません。

こうした失敗を防ぐためには、部屋探しのプロに相談するのが一番です。

プロの視点からアドバイスをしてもらえば、自分の間違いに気づけるケースが少なくありません。

 

2.ライフアドバイザーが在籍し日本語のサポートを提供

ディアライフにはライフアドバイザーが在籍しており、日本語のサポートを提供しています。

電話で問い合わせができるのが特徴で、バンコクのお部屋事情について聞くことができます。

どのような生活を希望するのか伝えておけば、それにマッチした物件を紹介してくれるでしょう。

仕事探しで重要なのは、妥協できること・できないことを明確にしておくことです。

条件には優先順位をつけておくのが好ましく、ここが不明瞭になっていると失敗しやすいです。

自分と家族が生活に何を求めているのか、明確にしておく必要があります。

ライフアドバイザーは自分に代わって部屋探しをしてくれるので、希望を詳しく伝えておいてください。

豊富な物件を用意しているので、ちょっと条件が厳しいと思っても意外と見つかることが多いです。

 

3.予算を明確にしておくこと!

物件探しで失敗しないコツは予算を明確にしておくことです。

高額な予算があればよい物件を選択できますが、無理をすると生活が厳しくなります。

快適な住居を手に入れても、お金に困るような生活には満足できないはずです。

予算には上限を設定しておき、それを超えないようにすることが大切です。

お金の問題は生活をする以上はずっと付いてくる問題ですから、ここはよく考えておく必要があります。

バンコクは日本より地価が安いので、同じ予算なら格段によい物件に住むことができます。

これが最大のメリットですが、やはり予算の上限を設定しておかないと物件選びで失敗するでしょう。

物件選びで困ったときは、ライフアドバイザーに相談するのが一番です。

 

4.ディアライフは礼金・仲介手数料が発生しない

礼金・仲介手数料が発生しないディアライフバンコク社長は、初期費用を抑えた家探しができます。

引越しには何かとお金がかかるものですから、貯金を切り崩したりローンを組んだりする人が少なくありません。

こうした費用を少しでも抑えるためにも、ディアライフは重宝するでしょう。

生活にはゆとりを持ちたいですから、特に初期費用は節約するのが得策です。

ライフアドバイザーは予算に合った物件探しをしてくれますので、自分で探すのが難しいときは迷わず相談しましょう。

プロの視点から客観的にアドバイスをしてくれるので、失敗するリスクは大幅に低くなるはずです。

海外では言語の問題がハードルになることが多いので、日本語に対応しているライフアドバイザーのサポートは重宝します。

 

5.すべての物件に保険が付いている

ディアライフの物件はサービスが充実しており、例えばすべての物件に保険が付いています。

住宅保険は生活におけるさまざまなリスクを補償してくれるのです。

水漏れは非常によくあるトラブルですし、盗難のリスクも無視できません。

ほかにも爆発事故や原状回復なども保険でカバーできるので、安心して住むことができるでしょう。

引越し費用を負担してくれるサービスも人気があり、気軽に引越しできると評判です。

現在の環境に飽きてしまったり、不便に感じたりしたときは引越ししたいと考える人が多いはずです。

こうした場合も全力でサポートし、引越し代金を負担してくれます。

 

6.ペットと一緒に住める物件もあり

高品質のサービスが用意されているので、初めてバンコクで部屋探しをする人も安心です。

ペットと一緒に住める物件もありますので、ペットと暮らしたい人におすすめです。

理想の住環境は人により異なるので、ここはよく相談しておきましょう。

ディアライフは普通の住居のほかにも、オフィスやレンタルオフィスなども用意しています。

さまざまな物件を取り扱いしていますので、独立開業をしたい人も活用してください。

 

7.まとめ

公式ホームページは検索機能が充実しており、簡単に探せるのがメリットです。

簡単に条件検索や比較ができますので、最適な物件を見つけやすいです。

らくらく検索機能は利便性が高く、地図から探すことができます。

どこに住みたいのか明確に決めておき、そのエリア内で物件を探していくと便利です。

生活スタイルによって理想の物件は異なりますから、ここはよく考えてみる必要があります。

実際に住んでいる状態をシミュレーションすることが家探しで失敗しないポイントです。

家族がいる場合は家族会議をしながら、少しでも理想に近づけていきましょう。

貸切バスで気兼ねなく旅を楽しむ

1.貸切バスを利用して旅をする

旅行へ行くには旅行会社が提供しているツアーを利用する方が多いですが、その際に大きな課題となるのが移動時の乗り物の車内での過ごし方です。

同じ楽しみを持って目的地に向かうことから同乗したのをきっかけに、初めて出会った方とお友達になることも少なくありませんが、知り合いだけで旅をしたい場合には精神的に負担になってしまうケースもあります。

そんな中でここに来てトレンドとなりつつあるのが、貸切バスを利用して旅をする方法です。

貸切バスと聞くと一定以上の団体であることが必要で料金も高額なものだと考えてしまいがちですが、ここ数年で多くのバス会社では個人向けのサービスの幅を広げ、少人数でも低価格で貸切バスの提供するケースが増えています。

車両も従来からある大型の観光バスだけではなく、マイクロバスよりもさらに小規模な10名前後が乗車可能なミニバスも登場しています。

2.貸切バスの料金

気になる運賃は100km以内で約6時間程度の運行を例にすると大型バスの場合は1台55000円前後で、ミニバスの場合は1台40000円程度と大幅に低価格となるほか、参加人数が多いほど人数で割るためにお得になります。

大型バスの場合は最低参加人数が設定されており、それに満たなければキャンセルとなってしまうこともありますが、ミニバスならば十分に最低参加人数を揃えることも可能です。

また、顧客からのニーズにも応えており、女子会で女性のみのメンバーで旅行をしたいグループのためにドライバーや添乗員も女性のスタッフにしてくれるサービスを提供しているバス会社も登場しています。

旅行会社が提供しているバスツアーではバス停やターミナルでしか乗降できませんが、貸切バスならば乗降場所を指定することも可能です。

3.気心の知れた仲間と気兼ねなく旅を楽しめる

一緒に行く仲間のうち平均的な距離にあるメンバーの家の前を指定すれば移動の負担を軽減することができたり、コンパクトなエリアであれば1軒1軒の家の前まで送迎してもらえる場合もあります。

そんな貸切バスを利用する最も大きなメリットは、何と言っても見ず知らずのお客さんと同乗する必要が無いことから、気心の知れた仲間と気兼ねなく旅を楽しめるところです。

移動中の車内でゆったりと過ごすことができればそこには自由な空間が広がり、知り合いだけなら席を替わったり歌を歌ったりするのも他のお客さんに気を使わなくても構いません。

快適な旅が約束されることでリラックスした状態で目的地にたどり着けば、全力でアクティビティを楽しむことができるのも好評です。

iPhone修理のスマートドクタープロ

1.スマートドクタープロの概要

関西圏を中心に、四国や九州に新校閲地方で店舗を展開するスマートドクタープロは、大阪の企業株式会社クレアが運営しています。
このお店はiPhoneを始めとしたスマホの修理を取り扱い、優れた技術と豊富な経験で、スピーディーかつリーズナブルに修理することができます。

総務大臣登録で信頼できるお店ですから、手元の端末を落としてしまったり、急に動かなくなった場合の相談先に最適です。
スマホで良くある画面の割れ修理は、税別ではあるものの4,800円より提供されているのが魅力です。

勿論、機種によって修理の難易度は異なるので、全てが同一料金というわけではありませんが、それでも高額になりにくいのはメリットです。
技術と経験が豊富なスマートドクタープロであれば、データを残してそのまま修理できますし、早ければ約30分で完了する即日修理に期待可能です。

年間6万件という圧倒的な実績を誇りますから、まさに店名から分かるように、スマートで頼りになるプロのお店だといえるでしょう。

2.修理メニュー

画面の表面の割れ以外にも、ガラスの割れや液晶の割れに、バッテリーの交換と水没からの復旧や、カメラとホームボタンの修理もお手の物です。
ガラス割れは落下による衝撃で発生することが多く、本体を開いてパーツごと交換する必要があります。

液晶の修理は更に難易度が高く、やはり落下が特に原因の多くを占めますが、他にも内部の不具合や不良でも発生します。
基板が故障しているのか、液晶のみの問題なのか切り分けることが重要ですから、スマートドクタープロのような技術を持つお店に任せたいところです。

バッテリーは劣化による使用時間の低下を筆頭に、膨張や異常発熱といった様々な症状が存在します。
いずれもiPhoneの正常な使用を妨げますから、異常に気がついたら早めに交換を済ませることが大切です。

3.交換されるバッテリーはPSE対応

同店で交換されるバッテリーはPSE対応なので、日本国内でも安心して使用できますし、修理後はバッテリーのことを気にせずに済みます。
PSE未対応のバッテリーを交換するお店だと、どのようなパーツを取り扱っているのか分からないことから、修理が完了しても少なからず不安が残ります。

そういった不安を発生させないことも、iPhone修理店にとって必要ですし、ちゃんと対応できているお店の対応には、不安よりも安心感が強く感じられるものです。

水没はプールやトイレなどを問わず、完全に水浸しになっても復旧の可能性があるので、水没発生後直ぐにスマートドクタープロに持ち込めば修理が間に合うと思われます。

4.カメラ修理の費用は税別5,000円からと手頃

自分で復旧しようとはせず、水滴を拭き取ったら速やかに、最寄りの店舗に持ち込むのが賢明です。
カメラは内部にゴミが入ってしまっている、あるいはピントが合わないといった症状に対応する修理メニューです。

画面に全くカメラの映像が映らない場合も故障が疑われるので、パーツの交換という形で修理してもらうことができます。
嬉しいことに費用は税別5,000円からと手頃ですから、即日修理可能なことも相まって、かなり満足感の高いiPhoneの機能復旧となるでしょう。

ホームボタンの陥没や反応の悪さも、スマートドクタープロはカメラの交換と同程度の費用で、やはり即日で簡単に治してもらえます。
難易度の都合上、iPhone以外の機種では30分以上の所要時間を要しますが、しかし当日中に復旧が完了するのは間違いないです。

5.iPhoneの使用に支障がある不具合なら殆ど何でも直る

当然ながらお店の混雑具合や依頼する時間にもよりますが、先客がいなければ直ぐに、必要最小限の所要時間で復旧してもらえるはずです。
スピーカーの聞こえがおかしくなったり音がでなくなった、充電コネクタが破損して充電できないなど、iPhoneの使用に支障がある不具合なら殆ど何でも直ります。

イヤホンジャックもバイブレータ機能も、再起動を繰り返したりエラーメッセージが出る重症度の高い問題であっても、納得の金額で修理が受けられます。
原因や被害状況はケースバイケースなので、確実に復旧するという保証はないですが、軽微な不具合であれば高確率で直ると考えられます。

これは多くのスマートドクタープロ利用者が認めるところで、親切丁寧で分かりやすい説明と、素早く綺麗な復旧で端末が直ったとの声が少なくないです。
対応力の高さはピカイチですから、修理を正式に依頼するか迷っているとしても、説明に耳を傾けて見積もりを受けてから任せるかどうか決められます。

6.まとめ

古くても愛着が湧いて手放せない端末、もしくは壊れたまま保管していた端末の復旧など、iPhoneならバージョンを問わず旧型でも復旧できます。
iPadやiPodといったアップル社の端末も修理の対象ですし、Macや他社のスマホも直せる可能性があるので、ダメ元でも相談してみる余地があります。

近くにiPhone修理福岡の店舗がなくても郵送という形で修理が依頼できたり、各種のメディアに取り上げられた実績があるなど、実に痒いところに手が届く信頼性の高い修理店です。

生活の不安を取り除く資産運用で収入をプラス

■現在の日本における経済と生活への不安

戦後の日本では、定年退職した後の生活について金銭的な負担は少ない状況が続いていました。

しかし現在の日本社会は、社会構造の変化により誰もが金銭的に安心できる老後を過ごせるとは限りません。

老後に金銭的な不安を感じるのは、退職金と年金が理由です。

昭和の時代は就職し定年まで勤め上げたら、十分な退職金が受け取れ貯蓄と合わせて老後の不安はありませんでした。

また十分な金額の年金も国から受け取れるので、悠々自適な生活を過ごせるとされていたのです。

ですが現在の日本社会は、超高齢化社会が進み医療費も圧迫しています。

そのため現役世代は社会保障費の負担が増えるばかりで、国の説明通りの金額を年金として受け取れるか不明です。

退職金も勤め先が倒産して受け取れない、もしくは大幅に減額されるなどの恐れを否定できなくなっています。

さらに現在の日本人は、平均寿命が延び昔に比べたら老後の期間が長くなりました。

定年後の生活も長くなっていますから、それだけ必要なお金も増えています。

収入となるお金は減る可能性があるのに支出が増えれば、老後に対して安心できないのも当然です。

また老後だけではなく、現在の生活に対しても金銭的な不安を感じる人は多くいます。

世間は好景気と言われていますが、収入が増えるなど目に見える実感ができていない人は多数いるとされています。

■ローリスクローリターンの投資手段もあり

経済格差も広がり続けていますから、全ての国民が好景気の恩恵を受けているわけではありません。

収入は一向に増えないのに、食品や衣料品など生活に必要な品物は次々と値上げされています。

さらに2019年の秋には消費税も増税される予定なので、現在の生活でも余裕がない人は多いでしょう。

現在の生活や老後の金銭的な不安を多くの人が感じているために、資産運用を始める人は増加しています。

元々日本人は、リスクがある株式投資などには積極的ではないとされていました。

そのため安全な定期預金が多いとされ、諸外国に比べると少ないとされていたのです。

しかし現在の金利は、ほぼゼロで銀行に預けたら逆にお金を取られるのではと噂されるほど低金利の時代です。

昔のように銀行に預けていたら利息でお金が増える時代ではなくなったので、株式やFXなど様々な手段を使い増やそうとしています。

しかし資産運用を始めるときに、気になってしまうのがリスクです。

現在の生活や将来の金銭的な不安を解消するため始めたのに、投資したお金を失えば却って不安が増大します。

一気に稼ぐのも良いですが、リスクを減らして少しずつでも確実に増やしたいと考える人が多いでしょう。

現在では様々な金融商品が販売されているために、ローリスクな投資法はいくつも用意されています。

ローリスクな投資法はリターンも低くなってしまいますが、確実性が高いので安心感はあります。

絶対に資産が増えるわけではありませんが、リスクを極力減らして増やしたいなら一つの選択肢です。

■コツコツと資産を形成できる投資手段

またリスクを軽減できる資産運用の方法として、近年注目されているのは金やプラチナです。

現物資産である金やプラチナは景気の影響を受けにくいとされ、逆に不景気になると安全性が高い現物資産の金やプラチナ市場の人気が高まるため、却って価値が上昇するケースもあります。

金やプラチナは今後も需要は伸び続けるとされていますから、景気が悪化したときだけでなく普段から強いのも特徴です。

基本的に市場の価格は右肩上がりで上昇しているので、今後も大きく下がるとは考えられていません。

金やプラチナ投資は初期費用が膨大などの問題もありましたが、最近はゴールドリンクなどの積立型の商品も販売されていて始めやすくなりました。

リスクを抑えつつ資産運用を始めたい人には、最適な投資法と言えるかもしれません。

日本で一般的な株式投資についても、近年はローリスクな手法が注目されています。

一気に大きく稼ぐのではなく、コツコツと少額投資で利益を積み上げるスタイルが一般庶民の間でも注目されており、アドバイスをするスクールには多くの人々が通っています。

他にも投資用マンションを購入して賃貸経営を始めたりなどなど、ビジネスパーソンとして働く一方資産運用をして、現在の収入にプラスしたり老後のために備えるのが一般的です。

これまで一切資産運用をしていないと、知識がないと難しいやリスクが高く失敗したら借金を抱えるなど、難しいイメージを持っているかもしれません。

確かに全くの知識がない初心者が挑戦するには、ハードルが高く気軽に始められるものではありません。

リスクがゼロの絶対に儲かる投資法もないので、失敗する可能性はあります。

しかし初心者にも始めやすい方法をいくつもありますし、書籍を読んだり信頼できるアドバイザーのサポートを受けたり、リスクが少ない方法を選んだら安全性を高めることは可能です。

炉現在の生活や老後に対して金銭的な不安があるなら、自分に適した方法で始めてみるのが良いでしょう。

料金別に適切なゴールド積立を探る

予算や目標に合わせたプランを選ぼう

株式やFXなどと違い比較的値動きが安定している投機先を求めたり、多様な投資を行うことでリスク分散をする目的などから金への投資をする方が増えています。

一般的な金への投資は金地金のインゴットを購入し、投資の基本である相場が安い時に購入して高い時に売ると言うのはもちろんのこと、長期にわたって保有する目的で購入するケースもあります。

しかし、インゴットは500gまたは1kgの単位での購入となり、1kgの場合は相場にもよりますが概ね400万円から500万円台に達するケースもありお手軽に始めるには少々ハードルが高いものとなっています。

そんな中で登場したのがゴールド積立で、月々少額を支払うことで積立を行いやがて一定額が貯まれば金地金を手にすることができる嬉しいサービスです。

目標金額を達成することができれば金地金と交換したり、金貨や宝石などの宝飾品と交換できる場合もあります。

毎月概ね1000円から数万円程度の決められた金額が証券会社などに自動的に振り込まれることで積立が実施されるので、相場に一喜一憂して振り回されたり払い忘れの心配も無く、これが実現できるのも相場が安定している金ならではです。

これまでのゴールド積立は証券会社や株式会社ゴールドリンクやその他、一部の貴金属店で受け付けていましたが、ここ数年でインターネットへの対応が進んだほかネット専業銀行でも取り扱いが始まり選択肢が広がっています。

それだけに多岐にわたるプランが存在していることから、予算や最終目標に合わせて最適なプランを選択したいところです。

投資の仕方によってはコストが必要になっている

まずは年会費の有無と購入手数料との相関関係があり、年会費無料の場合は比較的購入手数料がやや高額となり、年会費が有料の場合は購入手数料が無料または低額である傾向があります。

購入手数料は1回の取引が1000円につき25円程度であるサービスや、購入金額に応じて1.5%から5%程度の代金が設定されています。

ここがポイント
どちらがお得なのかは年間でどれだけの回数の取引を行うかにかかっており、投資のスタイルによって変わってきます。

月に数千円程度の少額で行うのであれば1回あたりの手数料が多少高額でも年会費無料の方が圧倒的にお得で、月に数万円規模、あるいは相場を見定めて何度も取引を行う場合には年会費がかかっても1回あたりの手数料が安いほうがお得になります。

投資を積み重ねて金地金のインゴットを手にするまでに至った場合は、保管方法によって費用も異なります。

特定保管は証券会社の資産と利用者の預けた金を分けて保管する方法で、万が一破綻するようなことがあっても利用者の資産は守られますが、その代わり保管手数料は高額になります。

一方の消費寄託の場合は証券会社の資産と利用者の預けた金が同一に管理されるため保管手数料は低額となりますが、万が一破綻した場合は金が返還されないリスクもあります。

また、インゴットに交換して引き出せる場合には自宅に保管する方法もありますが、別途しっかりとした金庫を用意するのも大きな費用負担となるほか盗難を防止するための備えも自身で用意しなければなりません。

現時点で金を取り扱っている証券会社が破綻するような現象は考えられませんが、ルール上は上記のようになっていることは考慮しておきたいところです。

取引のスピード感と利便性を求めるならITを利用しよう

かつては手続きや問い合わせを行うには証券会社の窓口や貴金属店の店舗に足を運ぶ必要があり、プランの変更などがある場合には紙の書類に署名捺印をして提出するなど煩雑な手間がかかりましたが、現在では特にネット専業の証券会社でなくてもオンラインに対応し申し込みからさまざまな変更手続き、問い合わせに至るまで自宅に居ながらにしてインターネットから行うことができます。

また、一部の証券会社ではスマートフォン用アプリも提供されており、お出かけ先でも手元の端末で気になる相場を眺めたり取引のタイミングと見ればその場で手続きが行えるなどスピード感と利便性が大幅に高まっています。

したがって、アプリの利用も視野に入れるならば前述の年会費や手数料と併せて検討する要素となります。

購入価格と売却価格の差を表すスプレッドの設定も重要で、この数値は証券会社やプランによって大きく異なります。

スプレッドの幅が大きいほど損失が出た場合のリスクもおのずと高くなるため、年会費や手数料と併せて検討したいところです。

以前は証券会社と貴金属店の一部でしか行っていなかったゴールドの積立ですが、ここ数年でインターネット対応やネット専業銀行の参入により一気にサービスの幅が広がりました。

初心者の方にとってはどれにしようか迷ってしまうほど多岐にわたりますが、逆に言えばその中から自身に合った最適なサービスを見つけられる環境が整ったことも見逃せません。

他の方法で投資を行ってきた方でも、中長期的な視野に立って比較的安定した金地金に投資できるゴールド積立を利用して堅実に利益を得る方が増えています。

スポーツ選手の講演会が楽しいのは実はファンのおかげ

●スポーツ選手はそれほど話が上手というわけではない?

スポーツ選手の講演会が楽しいと感じた人も少なくはないと考えられますが、そうなるのは実はファンのおかげというか、ファンの心理の方が大きな意味を持っていると考えられます。

というのは当たり前の事ですが、スポーツ選手は話のプロではありませんから、それほど話が上手という事ではありません。
むしろ、戸惑いながら講演講師をするような事も少なくは無いでしょう。

ですが、既にファンの心中でそのような事は理解されているのでハードルが下がった状態で話を聞くことが出来る用になっているわけです。

簡単な例をあげると人気者の動物園のパンダを見ているとしましょう。
この時にパンダが寝返りをうつようなことがあれば、それで聴衆は大騒ぎで大満足ということになります。

普段は寝ていてほとんど動かないパンダという事が頭の中にありますから、それが動いただけで大満足して帰る事が出来るという心理になっているわけです。
これは既にファンになっている事で、何をしても楽しむことが出来る心理が働いていると考えて良いでしょう。

●テレビの中で見ていた憧れが近くに来る

同様にスポーツ選手も既にファンの状態で極めて低いハードルの状態で講演を聴くことになりますから、何を喋られても受け入れる準備が出来ているという事になります。
ですから、このような講演会というのは殆どの場合で盛り上がる事が出来るというわけです。

最近はこうした講演会というのが全国の各地で開かれるようになっていて、これが大きなビジネスになっているという事も起きています。
地方の人からすると、スポーツ選手のような有名人が来るというような事はそうあることではありませんから、まず見てみたいという心理が働くと考えられます。

テレビの中で見ていた憧れが近くに来るというわけですから、これは一見の価値があると考えるのも当然でしょう。
人によって価値観は様々なのですが、有名というだけで価値を見出す人が多いというのは人の考え方の根本的なところにあるモノです。

そして、講演に行くと楽しいという経験をするようになりますから、こうした機会はいいなという様に感じて次もあればまた行くという事をするようになるわけです。

基本的に最近のスポーツ選手はこうした事になれていて、話もうまくなっていますから、講演そのものもレベルが上がっていて、予想以上に楽しいという事を感じる事もあるかもしれません。
そうなると、ますます多くの人が講演に行くようになるというわけで、最近はこうしたビジネスが活況になっているという事も考えられます。