貸切バスで気兼ねなく旅を楽しむ

1.貸切バスを利用して旅をする

旅行へ行くには旅行会社が提供しているツアーを利用する方が多いですが、その際に大きな課題となるのが移動時の乗り物の車内での過ごし方です。

同じ楽しみを持って目的地に向かうことから同乗したのをきっかけに、初めて出会った方とお友達になることも少なくありませんが、知り合いだけで旅をしたい場合には精神的に負担になってしまうケースもあります。

そんな中でここに来てトレンドとなりつつあるのが、貸切バスを利用して旅をする方法です。

貸切バスと聞くと一定以上の団体であることが必要で料金も高額なものだと考えてしまいがちですが、ここ数年で多くのバス会社では個人向けのサービスの幅を広げ、少人数でも低価格で貸切バスの提供するケースが増えています。

車両も従来からある大型の観光バスだけではなく、マイクロバスよりもさらに小規模な10名前後が乗車可能なミニバスも登場しています。

2.貸切バスの料金

気になる運賃は100km以内で約6時間程度の運行を例にすると大型バスの場合は1台55000円前後で、ミニバスの場合は1台40000円程度と大幅に低価格となるほか、参加人数が多いほど人数で割るためにお得になります。

大型バスの場合は最低参加人数が設定されており、それに満たなければキャンセルとなってしまうこともありますが、ミニバスならば十分に最低参加人数を揃えることも可能です。

また、顧客からのニーズにも応えており、女子会で女性のみのメンバーで旅行をしたいグループのためにドライバーや添乗員も女性のスタッフにしてくれるサービスを提供しているバス会社も登場しています。

旅行会社が提供しているバスツアーではバス停やターミナルでしか乗降できませんが、貸切バスならば乗降場所を指定することも可能です。

3.気心の知れた仲間と気兼ねなく旅を楽しめる

一緒に行く仲間のうち平均的な距離にあるメンバーの家の前を指定すれば移動の負担を軽減することができたり、コンパクトなエリアであれば1軒1軒の家の前まで送迎してもらえる場合もあります。

そんな貸切バスを利用する最も大きなメリットは、何と言っても見ず知らずのお客さんと同乗する必要が無いことから、気心の知れた仲間と気兼ねなく旅を楽しめるところです。

移動中の車内でゆったりと過ごすことができればそこには自由な空間が広がり、知り合いだけなら席を替わったり歌を歌ったりするのも他のお客さんに気を使わなくても構いません。

快適な旅が約束されることでリラックスした状態で目的地にたどり着けば、全力でアクティビティを楽しむことができるのも好評です。

iPhone修理のスマートドクタープロ

1.スマートドクタープロの概要

関西圏を中心に、四国や九州に新校閲地方で店舗を展開するスマートドクタープロは、大阪の企業株式会社クレアが運営しています。
このお店はiPhoneを始めとしたスマホの修理を取り扱い、優れた技術と豊富な経験で、スピーディーかつリーズナブルに修理することができます。

総務大臣登録で信頼できるお店ですから、手元の端末を落としてしまったり、急に動かなくなった場合の相談先に最適です。
スマホで良くある画面の割れ修理は、税別ではあるものの4,800円より提供されているのが魅力です。

勿論、機種によって修理の難易度は異なるので、全てが同一料金というわけではありませんが、それでも高額になりにくいのはメリットです。
技術と経験が豊富なスマートドクタープロであれば、データを残してそのまま修理できますし、早ければ約30分で完了する即日修理に期待可能です。

年間6万件という圧倒的な実績を誇りますから、まさに店名から分かるように、スマートで頼りになるプロのお店だといえるでしょう。

2.修理メニュー

画面の表面の割れ以外にも、ガラスの割れや液晶の割れに、バッテリーの交換と水没からの復旧や、カメラとホームボタンの修理もお手の物です。
ガラス割れは落下による衝撃で発生することが多く、本体を開いてパーツごと交換する必要があります。

液晶の修理は更に難易度が高く、やはり落下が特に原因の多くを占めますが、他にも内部の不具合や不良でも発生します。
基板が故障しているのか、液晶のみの問題なのか切り分けることが重要ですから、スマートドクタープロのような技術を持つお店に任せたいところです。

バッテリーは劣化による使用時間の低下を筆頭に、膨張や異常発熱といった様々な症状が存在します。
いずれもiPhoneの正常な使用を妨げますから、異常に気がついたら早めに交換を済ませることが大切です。

3.交換されるバッテリーはPSE対応

同店で交換されるバッテリーはPSE対応なので、日本国内でも安心して使用できますし、修理後はバッテリーのことを気にせずに済みます。
PSE未対応のバッテリーを交換するお店だと、どのようなパーツを取り扱っているのか分からないことから、修理が完了しても少なからず不安が残ります。

そういった不安を発生させないことも、iPhone修理店にとって必要ですし、ちゃんと対応できているお店の対応には、不安よりも安心感が強く感じられるものです。

水没はプールやトイレなどを問わず、完全に水浸しになっても復旧の可能性があるので、水没発生後直ぐにスマートドクタープロに持ち込めば修理が間に合うと思われます。

4.カメラ修理の費用は税別5,000円からと手頃

自分で復旧しようとはせず、水滴を拭き取ったら速やかに、最寄りの店舗に持ち込むのが賢明です。
カメラは内部にゴミが入ってしまっている、あるいはピントが合わないといった症状に対応する修理メニューです。

画面に全くカメラの映像が映らない場合も故障が疑われるので、パーツの交換という形で修理してもらうことができます。
嬉しいことに費用は税別5,000円からと手頃ですから、即日修理可能なことも相まって、かなり満足感の高いiPhoneの機能復旧となるでしょう。

ホームボタンの陥没や反応の悪さも、スマートドクタープロはカメラの交換と同程度の費用で、やはり即日で簡単に治してもらえます。
難易度の都合上、iPhone以外の機種では30分以上の所要時間を要しますが、しかし当日中に復旧が完了するのは間違いないです。

5.iPhoneの使用に支障がある不具合なら殆ど何でも直る

当然ながらお店の混雑具合や依頼する時間にもよりますが、先客がいなければ直ぐに、必要最小限の所要時間で復旧してもらえるはずです。
スピーカーの聞こえがおかしくなったり音がでなくなった、充電コネクタが破損して充電できないなど、iPhoneの使用に支障がある不具合なら殆ど何でも直ります。

イヤホンジャックもバイブレータ機能も、再起動を繰り返したりエラーメッセージが出る重症度の高い問題であっても、納得の金額で修理が受けられます。
原因や被害状況はケースバイケースなので、確実に復旧するという保証はないですが、軽微な不具合であれば高確率で直ると考えられます。

これは多くのスマートドクタープロ利用者が認めるところで、親切丁寧で分かりやすい説明と、素早く綺麗な復旧で端末が直ったとの声が少なくないです。
対応力の高さはピカイチですから、修理を正式に依頼するか迷っているとしても、説明に耳を傾けて見積もりを受けてから任せるかどうか決められます。

6.まとめ

古くても愛着が湧いて手放せない端末、もしくは壊れたまま保管していた端末の復旧など、iPhoneならバージョンを問わず旧型でも復旧できます。
iPadやiPodといったアップル社の端末も修理の対象ですし、Macや他社のスマホも直せる可能性があるので、ダメ元でも相談してみる余地があります。

近くにiPhone修理福岡の店舗がなくても郵送という形で修理が依頼できたり、各種のメディアに取り上げられた実績があるなど、実に痒いところに手が届く信頼性の高い修理店です。

生活の不安を取り除く資産運用で収入をプラス

■現在の日本における経済と生活への不安

戦後の日本では、定年退職した後の生活について金銭的な負担は少ない状況が続いていました。

しかし現在の日本社会は、社会構造の変化により誰もが金銭的に安心できる老後を過ごせるとは限りません。

老後に金銭的な不安を感じるのは、退職金と年金が理由です。

昭和の時代は就職し定年まで勤め上げたら、十分な退職金が受け取れ貯蓄と合わせて老後の不安はありませんでした。

また十分な金額の年金も国から受け取れるので、悠々自適な生活を過ごせるとされていたのです。

ですが現在の日本社会は、超高齢化社会が進み医療費も圧迫しています。

そのため現役世代は社会保障費の負担が増えるばかりで、国の説明通りの金額を年金として受け取れるか不明です。

退職金も勤め先が倒産して受け取れない、もしくは大幅に減額されるなどの恐れを否定できなくなっています。

さらに現在の日本人は、平均寿命が延び昔に比べたら老後の期間が長くなりました。

定年後の生活も長くなっていますから、それだけ必要なお金も増えています。

収入となるお金は減る可能性があるのに支出が増えれば、老後に対して安心できないのも当然です。

また老後だけではなく、現在の生活に対しても金銭的な不安を感じる人は多くいます。

世間は好景気と言われていますが、収入が増えるなど目に見える実感ができていない人は多数いるとされています。

■ローリスクローリターンの投資手段もあり

経済格差も広がり続けていますから、全ての国民が好景気の恩恵を受けているわけではありません。

収入は一向に増えないのに、食品や衣料品など生活に必要な品物は次々と値上げされています。

さらに2019年の秋には消費税も増税される予定なので、現在の生活でも余裕がない人は多いでしょう。

現在の生活や老後の金銭的な不安を多くの人が感じているために、資産運用を始める人は増加しています。

元々日本人は、リスクがある株式投資などには積極的ではないとされていました。

そのため安全な定期預金が多いとされ、諸外国に比べると少ないとされていたのです。

しかし現在の金利は、ほぼゼロで銀行に預けたら逆にお金を取られるのではと噂されるほど低金利の時代です。

昔のように銀行に預けていたら利息でお金が増える時代ではなくなったので、株式やFXなど様々な手段を使い増やそうとしています。

しかし資産運用を始めるときに、気になってしまうのがリスクです。

現在の生活や将来の金銭的な不安を解消するため始めたのに、投資したお金を失えば却って不安が増大します。

一気に稼ぐのも良いですが、リスクを減らして少しずつでも確実に増やしたいと考える人が多いでしょう。

現在では様々な金融商品が販売されているために、ローリスクな投資法はいくつも用意されています。

ローリスクな投資法はリターンも低くなってしまいますが、確実性が高いので安心感はあります。

絶対に資産が増えるわけではありませんが、リスクを極力減らして増やしたいなら一つの選択肢です。

■コツコツと資産を形成できる投資手段

またリスクを軽減できる資産運用の方法として、近年注目されているのは金やプラチナです。

現物資産である金やプラチナは景気の影響を受けにくいとされ、逆に不景気になると安全性が高い現物資産の金やプラチナ市場の人気が高まるため、却って価値が上昇するケースもあります。

金やプラチナは今後も需要は伸び続けるとされていますから、景気が悪化したときだけでなく普段から強いのも特徴です。

基本的に市場の価格は右肩上がりで上昇しているので、今後も大きく下がるとは考えられていません。

金やプラチナ投資は初期費用が膨大などの問題もありましたが、最近はゴールドリンクなどの積立型の商品も販売されていて始めやすくなりました。

リスクを抑えつつ資産運用を始めたい人には、最適な投資法と言えるかもしれません。

日本で一般的な株式投資についても、近年はローリスクな手法が注目されています。

一気に大きく稼ぐのではなく、コツコツと少額投資で利益を積み上げるスタイルが一般庶民の間でも注目されており、アドバイスをするスクールには多くの人々が通っています。

他にも投資用マンションを購入して賃貸経営を始めたりなどなど、ビジネスパーソンとして働く一方資産運用をして、現在の収入にプラスしたり老後のために備えるのが一般的です。

これまで一切資産運用をしていないと、知識がないと難しいやリスクが高く失敗したら借金を抱えるなど、難しいイメージを持っているかもしれません。

確かに全くの知識がない初心者が挑戦するには、ハードルが高く気軽に始められるものではありません。

リスクがゼロの絶対に儲かる投資法もないので、失敗する可能性はあります。

しかし初心者にも始めやすい方法をいくつもありますし、書籍を読んだり信頼できるアドバイザーのサポートを受けたり、リスクが少ない方法を選んだら安全性を高めることは可能です。

炉現在の生活や老後に対して金銭的な不安があるなら、自分に適した方法で始めてみるのが良いでしょう。

料金別に適切なゴールド積立を探る

予算や目標に合わせたプランを選ぼう

株式やFXなどと違い比較的値動きが安定している投機先を求めたり、多様な投資を行うことでリスク分散をする目的などから金への投資をする方が増えています。

一般的な金への投資は金地金のインゴットを購入し、投資の基本である相場が安い時に購入して高い時に売ると言うのはもちろんのこと、長期にわたって保有する目的で購入するケースもあります。

しかし、インゴットは500gまたは1kgの単位での購入となり、1kgの場合は相場にもよりますが概ね400万円から500万円台に達するケースもありお手軽に始めるには少々ハードルが高いものとなっています。

そんな中で登場したのがゴールド積立で、月々少額を支払うことで積立を行いやがて一定額が貯まれば金地金を手にすることができる嬉しいサービスです。

目標金額を達成することができれば金地金と交換したり、金貨や宝石などの宝飾品と交換できる場合もあります。

毎月概ね1000円から数万円程度の決められた金額が証券会社などに自動的に振り込まれることで積立が実施されるので、相場に一喜一憂して振り回されたり払い忘れの心配も無く、これが実現できるのも相場が安定している金ならではです。

これまでのゴールド積立は証券会社や株式会社ゴールドリンクやその他、一部の貴金属店で受け付けていましたが、ここ数年でインターネットへの対応が進んだほかネット専業銀行でも取り扱いが始まり選択肢が広がっています。

それだけに多岐にわたるプランが存在していることから、予算や最終目標に合わせて最適なプランを選択したいところです。

投資の仕方によってはコストが必要になっている

まずは年会費の有無と購入手数料との相関関係があり、年会費無料の場合は比較的購入手数料がやや高額となり、年会費が有料の場合は購入手数料が無料または低額である傾向があります。

購入手数料は1回の取引が1000円につき25円程度であるサービスや、購入金額に応じて1.5%から5%程度の代金が設定されています。

ここがポイント
どちらがお得なのかは年間でどれだけの回数の取引を行うかにかかっており、投資のスタイルによって変わってきます。

月に数千円程度の少額で行うのであれば1回あたりの手数料が多少高額でも年会費無料の方が圧倒的にお得で、月に数万円規模、あるいは相場を見定めて何度も取引を行う場合には年会費がかかっても1回あたりの手数料が安いほうがお得になります。

投資を積み重ねて金地金のインゴットを手にするまでに至った場合は、保管方法によって費用も異なります。

特定保管は証券会社の資産と利用者の預けた金を分けて保管する方法で、万が一破綻するようなことがあっても利用者の資産は守られますが、その代わり保管手数料は高額になります。

一方の消費寄託の場合は証券会社の資産と利用者の預けた金が同一に管理されるため保管手数料は低額となりますが、万が一破綻した場合は金が返還されないリスクもあります。

また、インゴットに交換して引き出せる場合には自宅に保管する方法もありますが、別途しっかりとした金庫を用意するのも大きな費用負担となるほか盗難を防止するための備えも自身で用意しなければなりません。

現時点で金を取り扱っている証券会社が破綻するような現象は考えられませんが、ルール上は上記のようになっていることは考慮しておきたいところです。

取引のスピード感と利便性を求めるならITを利用しよう

かつては手続きや問い合わせを行うには証券会社の窓口や貴金属店の店舗に足を運ぶ必要があり、プランの変更などがある場合には紙の書類に署名捺印をして提出するなど煩雑な手間がかかりましたが、現在では特にネット専業の証券会社でなくてもオンラインに対応し申し込みからさまざまな変更手続き、問い合わせに至るまで自宅に居ながらにしてインターネットから行うことができます。

また、一部の証券会社ではスマートフォン用アプリも提供されており、お出かけ先でも手元の端末で気になる相場を眺めたり取引のタイミングと見ればその場で手続きが行えるなどスピード感と利便性が大幅に高まっています。

したがって、アプリの利用も視野に入れるならば前述の年会費や手数料と併せて検討する要素となります。

購入価格と売却価格の差を表すスプレッドの設定も重要で、この数値は証券会社やプランによって大きく異なります。

スプレッドの幅が大きいほど損失が出た場合のリスクもおのずと高くなるため、年会費や手数料と併せて検討したいところです。

以前は証券会社と貴金属店の一部でしか行っていなかったゴールドの積立ですが、ここ数年でインターネット対応やネット専業銀行の参入により一気にサービスの幅が広がりました。

初心者の方にとってはどれにしようか迷ってしまうほど多岐にわたりますが、逆に言えばその中から自身に合った最適なサービスを見つけられる環境が整ったことも見逃せません。

他の方法で投資を行ってきた方でも、中長期的な視野に立って比較的安定した金地金に投資できるゴールド積立を利用して堅実に利益を得る方が増えています。

スポーツ選手の講演会が楽しいのは実はファンのおかげ

●スポーツ選手はそれほど話が上手というわけではない?

スポーツ選手の講演会が楽しいと感じた人も少なくはないと考えられますが、そうなるのは実はファンのおかげというか、ファンの心理の方が大きな意味を持っていると考えられます。

というのは当たり前の事ですが、スポーツ選手は話のプロではありませんから、それほど話が上手という事ではありません。
むしろ、戸惑いながら講演講師をするような事も少なくは無いでしょう。

ですが、既にファンの心中でそのような事は理解されているのでハードルが下がった状態で話を聞くことが出来る用になっているわけです。

簡単な例をあげると人気者の動物園のパンダを見ているとしましょう。
この時にパンダが寝返りをうつようなことがあれば、それで聴衆は大騒ぎで大満足ということになります。

普段は寝ていてほとんど動かないパンダという事が頭の中にありますから、それが動いただけで大満足して帰る事が出来るという心理になっているわけです。
これは既にファンになっている事で、何をしても楽しむことが出来る心理が働いていると考えて良いでしょう。

●テレビの中で見ていた憧れが近くに来る

同様にスポーツ選手も既にファンの状態で極めて低いハードルの状態で講演を聴くことになりますから、何を喋られても受け入れる準備が出来ているという事になります。
ですから、このような講演会というのは殆どの場合で盛り上がる事が出来るというわけです。

最近はこうした講演会というのが全国の各地で開かれるようになっていて、これが大きなビジネスになっているという事も起きています。
地方の人からすると、スポーツ選手のような有名人が来るというような事はそうあることではありませんから、まず見てみたいという心理が働くと考えられます。

テレビの中で見ていた憧れが近くに来るというわけですから、これは一見の価値があると考えるのも当然でしょう。
人によって価値観は様々なのですが、有名というだけで価値を見出す人が多いというのは人の考え方の根本的なところにあるモノです。

そして、講演に行くと楽しいという経験をするようになりますから、こうした機会はいいなという様に感じて次もあればまた行くという事をするようになるわけです。

基本的に最近のスポーツ選手はこうした事になれていて、話もうまくなっていますから、講演そのものもレベルが上がっていて、予想以上に楽しいという事を感じる事もあるかもしれません。
そうなると、ますます多くの人が講演に行くようになるというわけで、最近はこうしたビジネスが活況になっているという事も考えられます。

ヴィトックスαの特徴と効果を実感するための飲み方

多くのリピーターを獲得するヴィトックスα

年齢とともにペニスの勃起力が弱まってきたと感じ始めたら、おすすめは増大サプリです。
増大サプリは医薬品とは異なり、基本的に副作用はありません。

医薬品の効果は抜群ですが副作用のリスクがあると使いにくく、またプレイ中も頭痛や鼻づまりなどが気になり集中できないでしょう。
しかし増大サプリなら気になる副作用はほぼないので、安心感があり目の前のプレイにも集中できます。

勃起力が弱まってきたと感じたら、まずは増大サプリから始めてみましょう。
増大サプリで最も人気があると言っても過言ではないのが、ヴィトックスαです。

・・・ヴィトックスαの口コミまとめ!増大効果は本当にある?

国内の通販サイトでは36ヶ月間売上1位を記録して、多くのリピーターも獲得しています。
勃起力に悩む多くの男性から支持されている理由は、ゆっくりと効果を実感できる亜Kらです。

飲み始めた直後は、サイズも今までと変わらず勃起力の変化も実感できません。
そのため増大サプリは効果がないと思い、飲むのをやめてしまうかもしれません。

しかし諦めずにそのまま飲み続けていると、飲み始めてから1週間程度で徐々に効果を感じられます。
1週間程度で朝勃ちを実感できるようになり、1ヶ月ほど経てば勃起したときのサイズにも違いを感じるようになります。

2箱目を飲み終わる2ヶ月後にはしっかり効果を実感できるようになり、女性にたいしても自信を取り戻すことができるでしょう。
このように増大サプリであるヴィトックスαは、長い時間をかけてゆっくりと効果が現れてきます。

ヴィトックスαが効果を実感できる理由とは

もちろん増大サプリの効果は人それぞれなので、全ての男性に効果があるわけではありませんし、評判通りの期間で実感できるわけでもありません。
しかし発売以来41万個を売り上げている実績が、多くの男性から支持を集めている理由の裏付けです。

ヴィトックスαがこのように徐々に効果を実感できる理由は、有効成分を効率よくペニスに行き渡らせることができるからです。
そもそも年齢とともにペニスの勃起力が弱まる理由は、血行が悪くなるからとされています。

ペニスは興奮したときに血流が流れ込むことによって勃起するので、血行が悪くなると勃起力に影響するわけです。
男性の活力の源となる男性ホルモンの年齢とともに減少しますから、これらの要因が合わさり中高年になると若い頃の勃起力が失われていきます。

ヴィトックスαにはL-シトルリンが配合されており、毎日飲めばしっかりと必要な栄養を補給できます。
しかも現在のバージョンはL-シトルリンの配合量が2倍に増えていて、効果はこれまでの製品よりも高いです。

こうした有効成分が血管拡張作用をもたらして、ペニスにも栄養を行き渡らせます。
また海綿体細胞も増殖させるので、ペニスのサイズアップに必要な男性ホルモンも活性化させることが可能です。

失われた男性ホルモンのテストテロンも増殖しますから、多くの男性が納得する効果を感じることができます。
このような作用でペニスに関する悩みを解決できるので、飲んでから1時間程度で効いてくる医薬品ならではの即効性はありません。

ヴィトックスαは副作用の心配もなし

しかし長い時間をかけて体に作用することによって、医薬品とは違い副作用のリスクはなくなっています。
今すぐ勃起力をどうにかしたいと思っている男性には効果はありませんが、少しずつでも改善したい、副作用のリスクを排除したいと考えている男性には最適です。

勃起力の減退を感じ始めてから飲み始めておけば、いざという時にも慌てなくて良いでしょう。
しかしサプリメントは誰にでも効果があるわけではなく、個人差もあります。

ヴィトックスαの効果を最大限に発揮させるためには、飲み方が重要です。
飲み方は特に指定されていないので、適当に飲んでしまうかもしれません。

しかし増大サプリを飲むなら、おすすめは就寝前です。
就寝前をおすすめする理由は、睡眠時に成長ホルモンが分泌されるからです。

ベッドに入る少し前に飲んでおくのがおすすめ

人間は眠り始めてから3時間から4時間経った頃に成長ホルモンが活発に分泌され、体の成長を促していきます。
ですから眠る30分から1時間前に増大サプリを飲んでおけば、睡眠時に分泌される成長ホルモンとのタイミングをピッタリ合わせて、効果を最大限にまで引き出すことが可能とされています。

増大サプリでペニスの悩みを解消したいなら、ベッドに入る少し前に飲んでおくのがおすすめです。
もし眠る前に飲むが無理なら、朝一番でも良いでしょう。

効果がある増大サプリなら、一日にたくさん飲みたくなるかもしれません。
飲めば飲むほど有効成分を多く体に取り入れることができるので、効果も早く実感できると思いがちです。

ですがサプリメントは、基本的に決められた以上の量を飲んでも効果がアップすることはありません。
飲み過ぎると過剰摂取になりリスクが増えてしまいますから、ヴィトックスαも1日1錠に留めておくのがおすすめです。

1日1錠でも効果を最大限発揮できる飲み方を続けていれば、ペニスの悩みを解決できる可能性は高まるでしょう。

枯渇しない石油の供給現状

石油はなくならない?長岡石油さんが解説

石油は、昭和40年代初期から30年後には枯渇してしまうと初等教育の現場でも教えられていましたが、50年以上経過した現在も供給量に制限がかけられること無く日本に輸入されています。

先進国では、化石燃料からの脱却を目指しているものの50年前の消費量に比べて間違い無く増加しており、中国やインドなどの発展途上にあった大国が先進国並みに消費している事を考えれば、50年前に比べて消費量は数倍から数十倍に達していると言えます。

また、供給価格も世界の物価上昇に上昇しているだけで販売価格が数倍に跳ね上がっている事は無く、価格変動が少ないと言われる食品と比べても遜色がないと言える現状です。

消費量は、先進国では減少傾向にありますが、南米大陸やアフリカ大陸の国々の近代化が進むと共にロシアが以前とエネルギー政策を外交の切り札に使用している事から今後も世界全体の消費量は増加傾向にあります。

しかし、化石燃料の消費量の増加に起因する温暖化ガスの増加が地球温暖化を招き、地球温暖化により北極海のすべての氷が融解してしまう事が確実視されており、新しい油田が数多く発見される事が期待されているのが現状です。

北極海に油田が発見されれば販売価格の低下が期待されている

その為、供給量は現在よりも間違い無く増加すると共に消費量を凌駕する事から販売価格の低下が考えられます。
日本は、現在東南アジアのマラッカ海峡などを抜けて中近東のサウジアラビアやイランまでタンカーを派遣していますが、北極海に油田が発見されればタンカーによる輸送距離が大幅に短縮されるので販売価格の低下が期待されているのが現状です。

北極海の油田は、輸送距離を短縮するだけで無く輸送経路の変更ももたらす事から海賊の出没するソマリア沖やマラッカ海峡を通過する必要がなくなり、現在より安全かつ確実に輸送が出来ます。

中近東は、第二次世界大戦時のイギリスのイスラム教徒に対する無責任な約束が宗教対立に油を注いだ状態から何も解決されておらず、現在も過激なイスラム原理主義者の行動次第では中東戦争がいつ勃発してもおかしくない状態である事から、エネルギー政策面で依存度を下げる必要があるのが日本の現状です。

地球温暖化は、人類今後より長く地球上で存続し続ける上では死活問題ですが、エネルギー政策面においてはロシアや北欧諸国から輸入する事で中近東への依存度を低下させる長年の宿願が叶い、恒久的な安定と低価格化を実現する事も期待出来ます。

尖閣諸島に世界第4位のイランに匹敵する石油が眠っている

日本は、世間の常識として国内に大規模な油田が無いと認識されると共に現在の所大規模な油田が無いのが現状ですが、南シナ海南部に位置し俗に南沙諸島と呼ばれるスプラトリー諸島と同様に中国と領有をめぐって国際問題になっている尖閣諸島に世界第4位のイランに匹敵する石油が眠っているのが現実です。

>>尖閣沖は原油や天然ガスの「宝庫」 でも、試掘権の申請は40年近く棚上げ

世界第4位の埋蔵量は、消費量が減少傾向にある日本では100年以上の消費量に匹敵すると考えられており、サウジアラビアやカタールなどの産油国の様に税金を全て廃止するだけで無く医療費や教育費及び光熱費などを無料にする事も可能です。

国内だけで無く輸出する事で莫大な利益を生み出す事が可能となり、国民全てに毎月給与の様に給付金を支給する事も可能となります。
日本政府は、尖閣諸島を国有化しただけでプロジェクトを立ち上げる事も無く検討会すら開いていないのが現実であり、国産のガソリンや灯油は夢のまた夢であると共にガソリンや灯油の販売価格の乱高下に苦しめられる様です。

海外では、北極海のすべての氷が融解する事が確実視されている事からロシアと北極海沿岸の国々では大陸棚を基準とした領有権を主張しており、特にロシアは既に何十箇所も試掘を行い海底油田の目星をつけていると言われています。

シェールオイルは1バレルあたり採掘コストが40ドル以上掛かっている

その為、日本政府はアメリカとの属国関係を希薄にすると共にロシアとの外交関係を正常化する必要があり、北方4島一括返還を頑なに主張して来たにもかかわらず2018年11月には2島返還で折り合いをつける様なコメントが飛び出している始末です。

アメリカでは、50年前には採掘出来なかったケツ岩と呼ばれるシェールに含まれるケツ岩油を日本の技術で採掘出来る様になっており、2014年にはIEAが今後増加する消費量をシェールオイルが埋め合せる事が可能とされています。

石油は、一般的に1バレルあたり採掘コストが10ドル〜40ドルとされていますが、シェールオイルは1バレルあたり採掘コストが40ドル以上掛かっている事が大きな問題点です。

シェールオイルは、2014年に1日あたりの産出量が800万バレル超えた事から産出コストは技術革新により低下するとされ、産出コストが低下する事で今後中近東の産油国に大きな影響を与えると考えられています。

石油は、今後数十年で枯渇する可能性は皆無に等しく脱化石燃料はエネルギー政策面では徒労と言えますが、地球環境をこれ以上破壊しない点では核燃料と同様に使用を控える必要があると長岡石油さんは注意しています。

出典元:長岡石油の会社概要・事業内容

OGIさんに聞く!リゾート事業を展開するメリットは?

1.リゾート事業の展開は収益を上げる以外にも観光客からの満足も得られる

リゾート事業を展開することで、観光客が訪れそれなりの収益をあげることができることがメリットの一つです。

観光客は、いつもの日常から離れ、非日常的な空間、リラックスできる場所や風景などによりストレスの緩和、解消をすることやさまざまな思い出を作ることにもなるでしょう。

一人で訪れるケースもありますが、家族や恋人、親しい友人達などさまざまなグループがリゾート地を訪れることになります。

このように収益をあげることのメリットだけでなく、観光客からの満足を得ることもでき人々の楽しいひとときなどを提供する事業としてもリゾート事業は大きなメリットがあるといえるでしょう。

また、リゾート事業を展開する場合には、そこで働く人々が必要になります。

そのため、OGIホールディングスも解説してますが、雇用をうみだすことにも貢献することになるでしょう。

働きたいという方にとっては、リゾート地で働くことによりある程度まとまった収入となるため働く側にもメリットとなります。

また、季節によって繁忙期などがあるのもリゾート地の特徴です。

リゾート
画像元:OGIホールディングス

このような時期になると、観光客が倍増する傾向もあり、働く側も人手不足になるため求人の募集をかけることもあるとOGIホールディングスは言及しています。

特に短期間でのバイトの募集などがでるため、学生などが夏休みや冬休みなどの長期間の休みを利用して働くケースも増えます。

リゾート地のバイトなら時給なども通常のバイトよりも高い傾向もあり働くバイト側としても都合がいいことでもあります。

短期的に集中して稼ぐことにより、長期間の休みのすべてをバイトに費やさずに済むため、ある程度働いて、残りの休みは有意義に過ごすということも不可能ではありません。

ただし、繁忙期という点から仕事的にはそれなりにハードな状況の中働くことになります。

その点から、募集する側もできれば経験者を求めている傾向もありますが、短期間の場合には、ある程度仕事がきつくてもなんとか乗り切れる傾向もあるため、求人で募集がかかると学生などが応募してくる傾向もあります。

2.リゾート事業はリスクもある為、長期的、安定した観光客がみこめる事業展開を

観光客は、国内だけでなく海外からも訪れます。

特に近年では海外からの観光客の呼び込みにもある程度力が入っている傾向もあるため、旅行会社も海外向けのツアープランを組むことも多くなり、リゾート事業を展開する側もそれを見こんだ経営をしていくこともポイントといえるでしょう。

国内からの観光などもある程度あてにするということも大切ですが、海外からさまざまな方が訪れることにより、リゾート地全体でみてもそれなりに収益があがることにもなるでしょう。

収益があがるということは、その地域に関してもある程度メリットがあることになるため、その点なども見越して事業展開をしていくことも大切です。

ただし、リゾート事業もメリットもありますが、デメリットも存在します。

リゾート開発をするということは、それなりに資金が必要になります。

多くの資金を使いリゾート開発を行っても、観光客が少ない、あまり流行らないリゾート地の場合には、赤字となり経営が厳しい状況となる傾向もあるため、リスクもそれなりに高いという点もおさえておきましょう。

特に、一時的に流行るようなケースでは、数年は多くの観光客でにぎわうこともありますが、その後、流行りが終わってしまうことでそれ以降の経営が難しくなり最終的に破たんしてしまうという可能性もあります。

この点を踏まえて、リゾート事業を展開していくならできるだけ長期的、安定した観光客がみこめる事業展開をしていくことが重要です。

3.さまざまな人が訪れたいと思える魅力あるリゾート地を目指す

流行りなどにのっかるというのも一つの方法ですが、それでは、その流行りが終わった後にはなんの魅力もない場所になってしまうことで、観光客が遠のいてしまいます。

このような状況を防ぐためにも、流行りに頼らずに、長期的にみても観光客が訪れたいと思う魅力ある事業展開が望ましいといえるでしょう。

奇抜な発想、一時的に人々の注目を浴びるというようなものは、多くの人の目にとまります。

ですが、一度来たらもう別にくる必要がないという程度のものでは、リピーターはつかめません。

一度訪れたら、またここに来ようというような気持ちにさせるような事業展開が理想的です。

収益をあげることも重要ですが、それ以上に魅力ある事業展開をしていくことを重視することが大切だといえるでしょう。

さまざまな人が訪れることも考慮して、一部の人達にとって魅力ある場所でなく、さまざまな人が訪れたいと思えるリゾート地を目指すことが必要です。

事業展開である以上、収益をあげることも重要なポイントですが、そのためにもさまざまな点において魅力ある事業展開を目指して、多くの方がリピーターとなる、楽しく、いい思い出が作れるリゾート地として開発していきましょう。

費用的な面においては、それなりにリスクもありますが、順調に収益があがる状態ならば、事業として成り立ち黒字を維持することも不可能ではありません。

ストレスに上手く対処する方法

◇ストレスに上手に対処する効果的な方法

ストレスを抱えた状態が長引いたり、その強度が大きくなってくると、血圧や心拍数の異常、また睡眠不足や不眠症など体にも有害な影響が及ぶことがあります。

そのため、上手に対処する方法を心得ておくのは大切なことです。

もちろん、人によって効果的な対処方法には違いがありますから、自分に合った方法で対処することができるでしょう。

ストレスに対処するのに効果的な一つの方法は、自分一人で抱え込まないということです。

身近にいる信頼できる人や専門家に相談することは助けになります。

ストレスの原因となっている原因が何かに応じて、誰に相談したらよいかを見極めるようにします。

例えば、仕事上の問題であれば信頼できる上司や同僚に相談することができますし、心身の異常を感じるような場合であれば医療の専門家に相談できます。

場合によっては、極度の不安や心配を抱えたままの状態が続いているという状況が見られるかもしれません。

そのような場合は、カウンセラーに相談するのもよいでしょう。

いずれにしても自分一人で何とかしようとするのではなく、専門家の助けを得て上手に対処していくようにしたいものです。

職場の環境によって日々強いストレスを感じているような場合であれば、どのような具体的な処置を講じることができるのでしょうか。

仮に、受動喫煙といった問題にさらされているのであれば、上司や衛生管理者といった方々に現状を話し、職場環境の改善に取り組んでもらうことができるかもしれません。

不快な環境をじっと我慢しているだけでは、恐らく改善は見込めないでしょう。具体的な行動を取ることによって、対処するよう心がけたいものです。

◇上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力

上手に対処するために欠かせないのは、何と言っても家族の理解と協力です。

自分の現在の状態を正しく理解してもらうために、通院先のクリニックや病院に家族の同行を求めることができます。

そうするなら、主治医やカウンセラーが家族に正しく説明して呉れることでしょう。

さらに、多くの病院や保健所では家族会などを開催して、同じような悩みを持つ方同士が集い合う場を設けていることがあります。

そのような場に、家族の人にも同行してもらうようにするなら、家族としての接し方が分かり、家族の負担を軽減できるかもしれません。

家族と接する際に大切なのは、自分が思っていることや感じていることを話すと同時に、家族への道理にかなった要望もはっきりと話しておくということです。

例えば、今は治療に専念したいので温かく見守っていて欲しい、辛くなるだけなので仕事の話はしないで欲しいといった事柄です。

一緒に暮らす家族と言えども、心の中まで本当に理解できるわけではありません。

それで、要望があればはっきりと伝えておくなら、余計な不安や心配を抱えなくて済むでしょう。

◇ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがある

これらに加えて、ストレスに対処する効果的な方法としては、体を動かすということがあります。

実際、有酸素運動をするなら脳波適度な刺激を受けることになり、気持ちも和らぎます。

一人で行なえる水泳やランニング、または数人で一生に楽しむテニスやサッカーといったスポーツ、さらにはダンスなどをするのもよいかもしれません。

いずれにしても自分に合った方法で体を動かすよう心がけることができます。

あと、カルナーキュアなどのアロママッサージなども“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ぱれる
オキシトシンおよびセロトニンの分泌を促すことによってストレスや痛みを和らげてくれます。

別の効果的な対処方法は、感動して泣けるドラマや映画を見ることです。

泣くのを我慢してはいけないと言われるように、実際涙を流すことには良い効果があるものです。

ドラマや映画などを見て涙を流すなら、副交感神経が優位になるため気持ちをリラックスさせることができます。

もちろん、問題にぶつかって辛くて泣きたい時に思い切り泣くようにすることも大切です。

◇自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイント

自分の感情を抑えるのではなく、解放してあげるのがポイントです。

さらに、何かもやもやしたものが心の中に湧き上がってきたなら、ノートに書き出してみることも良い解消法になります。

上手く言葉にできないとしても、とにかく感じていることを書き出すことは、言わば愚痴を誰かに聞いてもらっているようなものです。

心に引っかかっている事柄を全部書き出して吐き出せたなら、気持ちはすっきりするものです。

ストレスを解消したいと思うなら、気の置けない友人と過ごすというのも良い方法です。

そのような場合、何か特別なことをしなくても、一緒にいるだけで大きな効果に繋がることがあります。

気分が乗っている時であれば、一緒にショッピングに行ったり、美味しい物を食べに行ったりするのもよいでしょう。

気の置けない大好きな友人と一緒にいることによって、自分は決して独りではないという安心感が生まれ、気持ちをリラックスさせることができるのです。

他にも適温の湯船に浸かるのもリラックスできる良い方法です。

湯船に浸かるなら、体の血行は良くなり、体の緊張はほぐれ、心の緊張も同時にほぐれるでしょう。

実際、リラックスできるお湯の温度は39度前後であると言われているため、適温のお湯に浸かるようにしたいものです。

ゼネコン業界がオリンピック特需で活気づくと前田氏はいう

オリンピック

前田裕幸氏によるゼネコン業界まとめ

今はゼネコン業界がオリンピック特需によって活気づいていると言っていいかもしれません。
特にオリンピック特需は政府からの受注という事が大きいといえます。

国の発注ですから、これは規模が大きいという事もさることながら予算が大きいという事も大きな魅力という事になっています。

しかも、予算はいくらでもオーバーさせることが出来るという事にもなっているので、ゼネコンの業界としてはこれ以上ない受注を摂る事が出来たという事になるでしょう。

※詳しくは「前田裕幸」も参考

今回のオリンピックはスモールオリンピックとも言われていて、出来るだけコストを削減して開催するという事が目標であるにも関わらずに、何故このような事になるのかというと、あくまでコストを削減するというのは努力目標に過ぎないという事があるからです。

オリンピックにおいて優先されるのは何よりも期日に間に合わすという納期優先がまず考えとしてあります。
何しろ開催日は決まっているわけですから、それに合わせることが最優先という事になります。

つまり、コストを度外視してでも納期は絶対という事が条件としてあるという事が誰にもわかっている状態なのです。

政府は納期最優先でコストなど気にもかけない

業者としてはどれだけのコストアップでも政府に言えば納期最優先の考え方のもとに言う事を聞かすことが出来る最高の受注を取る事が出来たという事になるわけです。

これには大きな意味があって業者としてはこの機会に出来るだけお金をかけさせたいという事もあります。
というのは費用が大きくなればなるほど自分たちの実績として大きく後にアピールをする事も出来るようになります。

一億の施設を建築したというのと二億の施設を建築したというのでは、後のアピールが大きく変わるという事も想像できるでしょう。
業者は当然出来るだけ多くのコストを政府に対して要求することが肝要になるというわけです。

これは政府にとっては別にたいした問題にはなりません。

最初の見積もりが甘かったという非難を受けることはありますが、別にその非難は最初の見積もりの人が受けるべき非難であって、実際に工事を指揮監督している部署がこの非難を受けるわけでは無いので、何も問題はないという事になるわけです。

基本的に政府はお金を所持しているわけではなく、税金から払うという事をするだけの事ですから、別に政府にとってお金が見積もりよりも高くなるという事については特に大きな問題にはならないという不思議な事が起きるのです。

オリンピックを無事に開催することが最大限の目的

政府としてはオリンピックを無事に開催することが出来る事が最大限の目的となり、それがより質の高いものであればさらに良いという事になるだけの事で、コストパフォーマンスを気にしないという不思議な事が起きるのがこうしたビッグイベントでは起きてしまうのです。

理由は簡単でコストパフォーマンスをいくら良くしても人気獲得にはつながらないという事があるからです。

本当はコストパフォーマンスを最大限にする事が最も政治家が人気を獲得することになるのですが、これはアピールの仕方次第で何とでもなるので、別に問題にはならなくなります。

一億の施設で二億の経済効果を出したという事でアピールすることも出来るのですが、二億の施設で一億の経済効果であったとしても、別にこの一億の経済効果しかなかったという事実を報道しなければ、何の問題もないという事になります。

後に様々な検証によってこうした経済効果の実態が明らかになる事がありますが、そのような事は自分の政治家活動が終わっていることであったり、数年前の事ということで、時効のような扱いにして責任をうやむやにするという事も出来てしまいます。

政治家の懐から出るお金ではなく税金から出るお金

政治家にとって必要なのは実績ではなく、その場での人気ということになるわけですから、別にコストがいくらかかろうとも特に問題ではないという事で、業者のいうがままにお金を出させるという事になります。

政治家の懐から出るお金ではなく、税金から出るお金なので、別にいくらかかろうが知ったことでは無いというのが政治家の考え方という事になり、業者と政治家とがwinwinの関係で結ばれることになるので、コストパフォーマンスは絶対的に無視されるという事になるのが、こうした特需というモノの特徴という事になるでしょう。

これがいかにゼネコン業界を活気づかせるのかという事は歴史が証明しています。
ビッグイベントがある旅にゼネコン関係の業者は大きく成長して経済界を牛耳るような存在になってきました。

これは、それだけ大きなお金を動かすことになるので、それだけの力を持つ事になるわけです。
ただ、あまりにも政府が無秩序に受注をしてしまうという事が問題になる事はあるので、これには注意をする事も必要になっています。

特に今はネットという全てを監視するようなシステムが出来上がっていますから、不正な受注などはかなり厳しく監視される事にもなって来ているという傾向はあるといえるのかもしれません。