ブランド腕時計の上手な選び方

ブランド腕時計を選ぶ際は、好みや用途にあうモデルを選ぶ上手な選び方があります。

これから購入しようと考えている方や、どのモデルにするか迷っている方は、選び方を覚えておいて参考にすると良いでしょう。

まず、ブランド腕時計を選ぶ際にポイントとなるのが機能の違いです。

モデルによって現在時刻を表示する事に専念したシンプルな機能だったり、複数の地域の時間帯を表示できる便利な機能がついていたりと、様々な種類があります。

例えば、ファッションとしてブランド腕時計を購入したいと考えているのなら、シンプルな機能のモデルがお勧めです。

見た目が洗練されており、様々なファッションスタイルに合わせやすくなります。

ビジネスシーンからプライベートまで幅広く使えますし、応用範囲が広いメリットがあるものです。

スケジュール管理に活用したい方なら、カレンダー機能がついたモデルもお勧めです。

日付表示や曜日表示があるモデルなら、時計を見るだけで必要な情報をチェックできます。

見栄えの良いフラッグシップモデルとして販売されているモデルも多く、ビジネスシーンで使用できるクオリティの高さがあります。

国内外を頻繁に行き来する方であれば、GMT針のついたモデルがお勧めです。

日本の時刻と海外の現地時刻を同時にチェックできます。

使い方によってはもう1つの地域の時刻もチェックできますので、時間の管理がやりやすくなります。

モータースポーツ等のレースを楽しんでいる方であれば、クロノグラフのモデルがお勧めになりなます。

タイムを計測する機能が充実しており、レースの本番から練習まで通して役に立ってくれるでしょう。

ビジネスでも意外な用途があり、時間あたりの効率をはかる事もできます。

マリンアクティビティを楽しんでいる方であれば、ダイバーズウォッチがお勧めです。

水に強くて波を被るくらいなら全く故障しません。

本格的なダイビングを楽しむにも頼りになる耐水性能があり、深い海に潜っても問題無く稼働し続ける力を持っています。

スキューバダイビングを楽しんでいる方にとっては、必要な機能がまとまっていて信頼性も高い、頼りがいのある道具となってくれるでしょう。

これらのように、ブランド腕時計にはそれぞれに優れた特徴があります。

どの腕時計を選べば良いのか迷っている方は、こうしたモデル毎の特徴を把握した上で、用途にあうモデルを選ぶ方法もあるものです。

どのモデルの機能も便利で個性的なものですから、時計店で実際に操作をしてみて面白いと思ったモデルを選ぶのも良いでしょう。

機械式のブランド腕時計を取り扱う際の注意点

ブランド腕時計には機械式を採用しているモデルが多くあります。

クオーツモデルとは取り扱いが異なりますので、事前に取り扱い方法を把握しておくと利用しやすく故障もしにくくなるでしょう。

機械式のブランド腕時計を取り扱う際は、故障を避ける操作方法を覚えると良いでしょう。

例えば、竜頭の使い方です。機械式時計はゼンマイを巻き上げるにも、時刻合わせをするにも竜頭を回して操作をします。

竜頭の操作はゆっくり丁寧にするのが基本です。

早く回転し過ぎるとゼンマイに必要以上の負荷をかけてしまう事があり、故障の原因となるので気を付けましょう。

特に、ビンテージ品のブランド腕時計には、ゼンマイを巻き上げ過ぎるのを防止する機構がついていない場合もあります。

ゼンマイを巻く際は、少しだけ逆回ししてからゆっくり巻き上げるのを繰り返しましょう。

こうすると、丁寧に竜頭を回転させつつ、ゼンマイの巻上げ過ぎを予防できます。

時刻合わせをする際も、竜頭を早く巻き過ぎるとパーツを傷めてしまいます。

酷い場合は焼き付けを起こしてしまいますので、パーツの交換をしなければいけないので気を付けましょう。

カレンダー機能のあるモデルの時刻合わせをする際は、もう1つ注意が必要です。

午後8時から午前4時頃は、カレンダーを動かす歯車が動いている時間帯です。

この時間帯に時計合わせをしてしまうと、パーツに過大な負荷をかけてしまい、故障の原因になるので注意しましょう。

竜頭は操作に使わない時も、こまめに状態をチェックしておくと良いでしょう。

例えば、ダイバーズウォッチ等を使う際には、ねじ込み式竜頭が確実に締まっているか確認が必要です。

ダイバーズウォッチはその名の通り、スキューバダイビング中に使えるほど耐水性が高いモデルです。

ただし、竜頭をねじ込み忘れて水が時計内に進入してしまうケースがあるものです。

水が侵入してしまうと時計は故障してしまいますので、十分に注意するようにしましょう。

また、竜頭は操作した後に必ず押し込んでおくようにしましょう。

冒険家や探検家向けに作られたモデル等には、リューズガードがあるモデルもあります。

竜頭を保護する構造になっていても、竜頭を引き出した状態では十分に保護する事ができません。

竜頭を操作した後は、押し込んであるかチェックする癖をつけておくと良いでしょう。

これらのように、機械式のブランド腕時計を取り扱う際には注意すべき事がいくつかあるものです。

正しい扱い方をすれば、ブランド腕時計は長く精度を保ち、綺麗なまま使い続けられるパートナーになってくれるでしょう。

ダニエルウェリントンとか一押しですね。ダニエルウェリントンをはじめとした正規品専門店のセレクトワン